カテゴリー: 知道中国

樋泉克夫先生が、JR東海(株式会社ウェッジ)発行「WEDGE」に連載されていた記事の続きで宮崎正弘氏メルマガにてWEB公開、連載中の記事をお借りし掲載させていただくコーナーです。

――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(2)東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)

【知道中国 1861回】                       一九・二・廿 ――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(2) 東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , ,

――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(1)東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)

【知道中国 1860回】                       一九・二・仲八 ――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(1) 東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , , ,

――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(5)大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1859回】                       一九・二・仲六 ――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(5) 大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年) 満洲の名勝古跡を歩いて異なことに

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(4)大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1858回】                       一九・二・仲四 ――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(4) 大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)  吉林で孔子廟を訪れた。孔子像を

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , ,

――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(3)大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1857回】                       一九・二・仲二 ――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(3) 大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)  「されば大なる我が足、といいて

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , , , , , ,

――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(2)大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1856回】                       一九・二・十 ――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(2) 大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)  ハルピン訪問の目的は、「伊藤公の

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(1)大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1855回】                       一九・二・初八 ――「社稷既に亡んで、帝陵空しく存す」――大町(1) 大町桂月『遊支雜筆』(大阪屋號書店 大正8年)  高知生まれの大町桂月(明治2=

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , , , ,

――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(12)河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1854回】                       一九・二・初六 ――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(12) 河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年) 芥川は「君がそう云う度に、一

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , ,

――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(11)河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1853回】                       一九・二・初四 ――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(11) 河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)  詩人の直感というのだろうか

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , ,

――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(10)河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1852回】                       一九・二・初二 ――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(10) 河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)  河東は長江を望む甘露寺の眺

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , ,