月別: 2013年8月

【日台関係基本法の制定を急げ(上)】台湾の法治・自由・民主主義を守る責任

【日台関係基本法の制定を急げ(上)】台湾の法治・自由・民主主義を守る責任  【日本時事評論:平成25年8月2日(第1781号)「天録時評」】  わが国にとって台湾は、経済や安全保障面はもちろん、歴史的にも、また価値観を共

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】なぜ戦争は起きるのか・家村和幸(著)

【良書紹介】なぜ戦争は起きるのか・ 家村 和幸 (著) この一冊で本当の「戦争」が解かる (宝島社新書) [新書] 家村 和幸 (著) 価格: ¥ 800 内容紹介 元自衛隊戦術教官の家村和幸氏が、なぜ戦争が起こるのか、

日本にある台湾料理レストランを紹介『台湾美食 DELICIOUS TAIWAN』

【台湾週報:2013年8月26日】  これまでありそうでなかった日本にある台湾料理レストランを紹介した本。台湾に精通 したライターが東京・横浜だけでなく、名古屋・大阪・福岡など日本各地の台湾料理人気 店から隠れた名店まで

タグ: , , , , , , , ,

明日、嶋田敦子理事と梅原克彦常務理事のW講師で「第10回台湾セミナー」

本会関係者が台湾と関わるようになったきっかけはさまざまだ。今年から本会理事に就 任した嶋田敦子さんは普通の主婦だったが、あることをきっかけに本会に入会した。そこ で、誰もが遭遇する「台湾とのめぐりあい」をテーマに、本会入

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【報告会】いまなお続く中国「臓器狩り」

【報告会】いまなお続く中国「臓器狩り」  ナチス政権下のアウシュビッツ収容所のユダヤ人殺害より残忍と言われる中国の臓器収奪事件を初めて世に明らかにした調査書『Bloody Harvest(戦慄の臓器狩り)』の著者の一人、

タグ: , , , , , , , , , , , ,

【産経正論】日本に対する国際偏見の壁憂ふ

【産経正論】日本に対する国際偏見の壁憂ふ 2013.8.27 産経新聞                 帝塚山大学名誉教授・伊原吉之助    人を騙(だま)すな、正直であれといふのは人倫の基本であり、家庭や近隣社会で必須

タグ: , , , , , , , , , ,

監察院が調査報告書から「李登輝元総統の父は日本人」記述を削除

今年の4月上旬、日台漁業協定が締結される直前、監察院が1月に発表した歴史資料の分 散状況の調査報告書に、世新大学の戚嘉林教授による「台湾独立派の人はいずれにせよ、 日本に対する感情はそれほどなく、『台湾としての主体意識』

タグ: , , , , , , , , , ,

白色テロ時代再来

白色テロ時代再来 苗栗県長の疑惑が証明されれば政権は崩壊する? 〔台湾の声ニュース 2013.8.28 多田恵〕 苗栗県大埔の土地強制収用の問題で、県長・劉政鴻(中国 国民党)の権力の濫用が指摘されている。 この問題は、

タグ: , , , , , ,

【ブログ紹介】台湾海峡危機で露呈した米国の本音

【ブログ紹介】台湾海峡危機で露呈した米国の本音   http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38508 上記のブログより抜粋 特に、台湾の帰趨は、我が国に死活的影響を及ぼすことから、日本

タグ: , , , , , , , ,

8月31日、 BSフジが『わが心の“蓬莱の島”〜ある漆芸家 100年目の真実〜』

台湾の人々から「漆工芸の父」尊敬されている日本人がいる。それが1916(大正5)年に 台湾初の漆の工芸学校を開いた山中公(やまなか・ただす)だ。  去る7月6日から8月11日まで、台湾・台中文化創意園区(旧台中酒工場)に

タグ: , , , , , , , , , , ,
Top