李登輝総統が軽い脳梗塞で入院、徐々に回復中

李登輝総統が軽い脳梗塞で入院、徐々に回復中
李登輝総統が軽い脳梗塞で入院、徐々に回復中

【日本李登輝友の会ホームページ「お知らせ」:2015年11月29日】

 李登輝総統弁公室の王燕軍主任は、29日午後3時すぎより台北市内の病院で会見を開き、李登輝
総統が軽い脳梗塞により27日から入院して治療を受けていると明かした。

 王主任によると、李総統は27日の未明、右手に力が入らず自由がきかない不調を夫人に訴えたた
め、病院で緊急検査を受けたところ、右手に麻痺が認められ、軽微な脳梗塞と診断された。医療顧
問団による精密検査の結果、左大脳外側の血管の詰まりが麻痺の原因と見られている。

 現在、まだ箸は持てないものの、右手の感覚も徐々に回復し、顔の表情も正常で、ベッドでの起
き上がりやトイレも自力で行え、手術の必要もないという。ただ、寒暖の差が激しい時期というこ
ともあって継続して、現段階では一週間程度の入院治療を行うとしている。

[RelationPost]
タグ: , ,