台湾のスタートアップ支援、英国のロケットシップアワードが台湾で初開催へ

台湾のスタートアップ支援、英国のロケットシップアワードが台湾で初開催へ
2月6日付「Taiwan
Today」によると、駐台イギリス大使に相当するキャサリン・ネットルトン英国在台弁事処代表が2月5日、台湾でイギリスのロケットシップアワードを初開催すると発表した。

同アワードは、優秀な台湾のスタートアップを支援するため、人工知能・データ、高齢化社会のためのテクノロジー、スマート交通の3部門で募集する。5月11日に最優秀賞に輝いた6社は助成を受けて2020年6月のロンドンテックウィークに参加、自社の実力アピールのチャンスが与えられる。

同プロジェクトはオーストラリア、インド、日本、ニュージーランド、韓国などの1700を超える企業が参加したが、台湾のスタートアップ募集は初めてで、ネットルトン代表は「このチャンスの扉が台湾に開かれるということは、研究分野における台英間のパートナーシップの発展のみならず、英国でテクノロジーによる新しく素晴らしい友好関係を築くことができると話した。


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://www.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=pYeGDPO0RUWPiscVReTya2+UbWaFMvGchWBDmcIdrO3RhX6i/pPSNI5qjVXnRVCv

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

[RelationPost]
タグ: