【NEWS】第9回大阪アジアン映画祭オープニング作品は『KANO』に決定!

【NEWS】第9回大阪アジアン映画祭オープニング作品は『KANO』に決定!
「台湾の声」【NEWS】第9回大阪アジアン映画祭オープニング作品は『KANO』に決定!

2014.2.10

[大阪アジアン映画祭 運営事務局ホームページより]

2014年3月7日(金)〜16日(日)、梅田ブルク7、ABCホール、シネ・ヌーヴォなど
大阪市内の映画館・ホールを会場に開催される第9回大阪アジアン映画祭。
そのオープニング作品に、台湾映画『KANO』が決定しました。

2014年2月27日(木)に予定されている地元・台湾でのロードショー公開に向けて現在ポストプロダクション中のアジア映画界最大級の話題作が、3月7日(金)、大阪・梅田ブルク7でいち早くインターナショナルプレミア上映(海外初上映)されます。

本作は、『海角七号/君想う、国境の南』『セデック・バレ』(第7回大阪アジアン映画祭観客賞受賞作品)を監督し台湾映画の歴史を変えた魏徳聖氏待望の最新作。 自身の手で長年にわたって温めてきた企画を、自らは製作総指揮にまわり、『セデック・バレ』でタイモ・ワリス役を演じた馬志翔にメガホンを託して映画化するものです。 馬志翔は、俳優としての多彩な活躍の傍ら、テレビドラマの監督としても近年多数の賞を受賞し、次代の台湾映画界を率いる“来るべき映画監督”として期待が集まる注目の才能です。

タイトルの『KANO』は、嘉義(かぎ)農林高校(略して「嘉農(KANO)」)のこと。台湾が日本統治下にあった時代を背景に、松山商業から来た鬼コーチ・近藤の指導のもと、無名の弱小チームから台湾代表として甲子園大会の決勝戦にまで勝ち進んだ同校野球部の活躍を描いた、熱血青春群像ドラマです。 鬼コーチ・近藤役を主演するのは、『戦争と一人の女』(第8回大阪アジアン映画祭特別招待作品)の永瀬正敏。ほかに大沢たかお、坂井真紀、伊川東吾らが脇を固めています。

上映時間、チケット発売などの詳細は、後日、お知らせします。

●『KANO』予告編
  https://www.youtube.com/watch?v=pmG6LuRxilw
●『KANO』日本語版Facebook
  https://www.facebook.com/Kano.japan

大阪アジアン映画祭 運営事務局
http://www.oaff.jp/2014/ja/opn/index.html

===

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,