【6・20長野市】チベット百人委員会シンポジューム

【6・20長野市】チベット百人委員会シンポジューム
【6・20長野市】チベット百人委員会シンポジューム

演題:タシ・ツェリン氏と語り合う、長野聖火リレーの衝撃

日時:平成22年6月20日(日)午後6時〜8時

会場:トイーゴ4F、大学習室。(長野市鶴賀問御所町1200 !) 026-252-7151)

   (JR長野駅善光寺口より徒歩10分、長野電鉄市役所前駅より徒歩3分)

パネリスト:タシ・ツェリン氏(台湾チベット青年会議 代表)

       スー・ジェイ氏(台湾チベット交流協会、副代表)

       ペマ・ギャルポ氏(桐蔭横浜大学大学院教授)

       井川仁水師(宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶と在家の
会、幹事)

       西村幸祐氏(ジャーナリスト)

司会:   小林秀英師(チベット問題を考える会 代表)

主催:チベット自由人権日本百人委員会

共催:チベット問題を考える会

   キャンドル・オブ・長野

参加費:1000円

2008年4月26日北京オリンピック長野聖火リレーの日、出発地を辞退した善光寺の
英断によって、日本人の良心と良識がかろうじて救われた日となりました。仏都
長野は真っ赤な五星紅旗の海と化し、その渦中にあって雪山獅子の旭日旗を守る
かのように、毅然と聳える法の城が善光寺であったのです。

奇しくも胡錦涛氏に可愛がられた福原愛ちゃんの前に飛び出して、チベット人と
してはただ一人逮捕されたのがタシ・ツェリン氏です。目撃者談によれば、飛び
出したとき彼は泣いていたそうです。心中を察するに余りあるとは、このことで
しょうか。

チベット人が泣きながら訴えたいこととは何でしょうか。善光寺が命運を懸けて
大英断を下し、チベット人を助けるばかりか、日本人の魂さえも救ってくれたと
思えるのは、何故なのでしょうか。100年前にチベット国旗に旭日を付け加えた日
本人の願いとは、何だったのでしょうか。かくも深く真剣にアジアの平和を祈念
した、そんな人々の願いを奇しくも善光寺が受け継いでいた、そんな風に思える
のです。

皆さんもパネリストの先生方と一緒に、チベットとアジアの平和を考えてみませ
んか。

問い合わせ先:小林秀英 042-315-7635

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , ,