【28日デモの意義】2・28虐殺事件「日本軍の救援」信じた台湾の人々を忘れるな!

【28日デモの意義】2・28虐殺事件「日本軍の救援」信じた台湾の人々を忘れるな!
2・28虐殺事件「日本軍の救援」信じた台湾の人々を忘れるな!
ー東京・大阪/2・28台湾防衛デモの予告を兼ね

ブログ「台湾は日本の生命線!」より
ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1067.html

昭和二十年の敗戦で、台湾はGHQの命令を受けた中華民国軍の進駐を受けた。そして中華民国は一方的に台湾の領土編入を宣言。これで日本の統治は終焉した。

これは明らかに武力に基づく領土拡張。つまり立派な不法行為である。台湾は東トルキスタン、チベットに先立ち、中国人の侵略を受けたのだ。

かくして始まったのが、近代的な台湾人に対する前近代的な中国人の過酷極まりない支配だった。

法治社会は一夜にして人治社会へと変わり、汚職、略奪、暴力に満ちた。かくして近代的な社会、経済、産業、金融システムは崩壊した。治安と衛生環境が悪化し、さらには食糧不足に陥り、この豊かで先進的な島は暗黒世界と化したのだった。

中国人は日本人化(近代国民化)した「漢民族」を日本人以上に憎み、蔑んだ。そのため台湾人は日本統治時代以上に不条理な差別を受けた。

そうした中の昭和二十二年、圧迫に耐えかねた台湾人が怒りを爆発させた。

契機は二月二十七日、貧しい煙草売りの女性が中国人役人に殴打されたことにある。群集が役人に襲い掛かり、一人が銃撃を受けた。翌二月二十八日、群集が抗議のために官庁に殺到。憲兵隊の機銃掃射を受け、数十人が死亡した。

かくして二・二八事件が勃発した。市民はデモやストライキを開始した。この抗議行動は翌三月一日、全島各地に波及し、中国人官民への襲撃や、軍との交戦が頻発した。

台湾人側の攻撃の主流を担ったのが元日本兵や軍事教練を受けた学生たちだった。その強さに中国人は「皇軍が復活した」と恐れおののいた。その一方で各界のリーダー、エリートたちが事件の「処理委員会」を結成し、平和的な事態の収拾と台湾人自治などの改革要求を行った。

中国人側は本国に鎮圧部隊の派遣を要請。その到着までの時間稼ぎとして、処理委員会要求の受諾を装った。

そして三月八日、米軍式装備を施された精鋭部隊が台湾へ上陸。島内各地で無差別虐殺を開始した。千人以上の群集への機銃掃射、残虐な手段による逮捕者の集団処刑等々、中国の殺戮文明を目の当たりにした台湾人は度肝を抜かれ、戦意を喪失した。その後も反抗に関与の疑いがある者を根こそぎ逮捕し、処刑を続けた。ことにエリートは主要ターゲットとなり、多くが殺戮された。

この事件での犠牲者数は不明だが、民主化後の台湾政府の推定では実に二万八千人に及んでいる。

ではなぜ台湾人は、ここまで勇敢に反抗に立ち上がることができたのか。

近年、聞き取り調査を受けた犠牲者遺族の複数は「日本精神があったため」と話している。つまり不条理な中国人支配に対して義憤に燃え、身の危険も顧みずに社会正義を訴えるため、戦ったと言うことなのだろう。そしてそれが中国軍の報復を招いた。

また、事件当時に関する手記などを読むと、苦境に陥った台湾の民衆の間で、日本軍は必ず救援に来るだろうと広く信じられていたこともわかる。

あの強力な軍隊が元同胞である台湾人を見捨てるはずがないと、人々は思っていたのだろう。

だがその日本もまた占領下にあり、そのようなことは不可能だった。事件事態も日本にはほとんど伝えられていなかった。

その後、台湾人は中華民国(国民党政権)の独裁支配下に置かれ、事件を口にすることもできなくなった。それが語られるようになったのは九〇年代の民主化で、台湾人による新国家建設が始まった以降だ。

こうした台湾人勢力の擡頭を恐れた国民党は、台湾併呑を目指す中共と提携し、その恫喝の代弁者となって台湾人を萎縮させた。そして〇八年の政権獲得後は、中共のコントロール下に転落し、ふたたび台湾は中国人支配の下に置かれようとしている。

将来、南モンゴル、東トルキスタン、チベットの三民族に続いて台湾人も呑み込まれれば、三民族を上回る殺戮犠牲者が出ることだろう。なぜなら台湾人は三民族と異なり、すでに近代的な国家、文明があり、兵器もある。熾烈な抵抗に打って出るはずだからだ。

その台湾を防衛する立場にあるのが日米同盟だ。しかし日本は本当に台湾のために戦えるのか。戦後の日本官民の中共への屈服姿勢や、そこからくる台湾への冷淡な姿勢を見れば、そう疑わざるを得なくなる。

二・二八事件当時に台湾の民衆が寄せた信頼を担うだけの気力も力も、戦後日本人はすっかり喪失しているかのようだ。

だが、台湾が攻略されれば、次にやられる危険性の高いのが日本であることは、地政学的観点から見ても明らかなのである。

だから日本は再び、台湾人の言う所の「日本精神」を作興しなければならない。そして中共の脅威が目の前に横たわる以上、台湾と提携して東アジアの防衛を強化するのが唯一の道であることに気が付かなければならない。

さらには日台ともに南モンゴル、東トルキスタン、チベットの諸民族を支援し、中共膨張主義に対する抑止を、国際社会に訴えなければならない。

そしてそのようにすることで、中共は弱体化、解体へと追い込まれ、アジアにはじめて平和が到来すると言うことも知らなければならない。

そこでこれらのことを日本と台湾の官民に訴えるため、そして中共に日台国民の意志を示すため、今年も二・二八事件記念日には、東京と大阪で台湾防衛デモを実施する。

この日は台北でも台湾建国を求める活動が行われる。従って日本のデモはそれへの呼応ともなる。

「強い日本」「正義の日本」の復活を求める人は、奮って参加を!(詳細は下記)

——————————————————————————–

2・28台湾防衛デモは台北デモに呼応し、東京・大阪同時開催に

■東京 2・28中華膨張主義を許すな!日台共闘!台湾防衛アピール行進

台湾を攻略しアジア・太平洋に勢力を伸張させるべく、軍備拡張に狂奔する中共。台湾人の国家であり、日本人の生命線である台湾に今危機が迫っている。
そこで国民党(支那人)による2・28台湾人虐殺事件(1947)の記念日に、今年も日台共闘デモを実施し、中華覇権主義の打倒と台湾防衛を訴えるとともに、チベット、ウイグル、南モンゴルの解放を求める世論を喚起する。
そして中共、世界に対し、日本人、台湾人、チベット人、ウイグル人、南モンゴル人の民族的気概を見せ付ける。
目指すは中共解体である。奮って参加を!

【日時】 2月28日(日) 集合 2時半 出発 3時半

【集合場所】 柏木公園(新宿区西新宿7−14)

JR新宿駅西口から徒歩5分。を出て小滝橋通りを大久保方面へ。新宿ガード下西交差点を越えた次の信号を左前に曲がり直進。西武新宿駅、都営大江戸線西新宿駅からも近い。

【コース】 

柏木公園→新宿センタービル前→甲州街道(新宿駅南口前)→明治通り(伊勢丹前)
→新宿6丁目交差点を左折し新宿遊歩道公園(四季の道)で解散(所要時間40分)

【主催】 2・28台湾防衛デモ実行委員会

(参加団体)日本李登輝友の会、メルマガ台湾の声、台湾研究フォーラム、
台湾独立建国連盟日本本部、在日台湾同郷会、日本台湾医師連合、日本ウイグル協会、
維新政党新風東京都本部、南モンゴル応援クリルタイ、チベット問題を考える会、
台湾団結連盟日本支部、在日台湾人アジア人権研究会、在日台湾婦女会

【問合せ】 090−4138−6397(永山)

雨天決行/プラカード、拡声器、日章旗、台湾旗、三民族旗の持参歓迎。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■大阪 2・28中華膨張主義を許すな!台湾防衛デモ

2月28日(日)

集合場所 南堀江公園(地下鉄千日前線 桜川駅?出口 徒歩5分)
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%C6%EE%CB%D9%B9%BE%B8%F8%B1%E0&lat=34.66734111&lon=135.49356889&type=&ei=euc-jp&v=2&sc=3&lnm=%C6%EE%CB%D9%B9%BE%B8%F8%B1%E 0&idx=21       
 
14時45分集合

15時30分デモ出発

コース 公園から東進→四ツ橋筋北上→長堀通り東進→御堂筋南下→難波付近解散

日章旗、3民族旗、台湾旗(緑)もちこみ大歓迎!

主催 きなの会、日本シルクロード科学クラブ
協賛 台湾建国応援団

連絡先 uighuruighur.kina@gmail.com 

http://d.hatena.ne.jp/kinakinakurukuru/

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,