【26日、東京】「尖閣・台湾・アジア侵略阻止!」を訴え「山手線一週ラリー」/台湾人も奮って参加を!

【26日、東京】「尖閣・台湾・アジア侵略阻止!」を訴え「山手線一週ラリー」/台湾人も奮って参加を!
呼掛けー26日、「尖閣・台湾・アジア侵略阻止!」を訴え「山手線一週ラリー」/台湾人も奮って参加を!

「台湾は日本の生命線!」より
ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1429.html

二十世紀、中国が膨張を始めたのは日本の敗戦直後からだ。まず南モンゴル、チベット、東トルキスタンに先立って、日本領である台湾を占領し、領有を宣言したのだった(当時は中華民国)。そしてその横暴な統治に不満を抱く住民に対し、大虐殺を加えたのが四七年の二・二八事件である。これで三万人近くの無辜が殺戮され、その後も約四十年間近く、恐怖統治が継続された。

そして九十年代には民主化を遂げたものの、今度は中華人民共和国が中国の併呑を目論み、軍拡に猛進している。そしてその矛先は同一列島線上の隣に位置する日本にも向けられている。だがこうした経緯、現実を日本の大方の国民は気がついていない。

そこで中国の「侵略・虐殺」から東アジアを守れと訴えるべく、我々台湾を建国を支持する日本人と在日台湾人は二〇〇四年以来、「二・二八」前後に「台湾防衛デモ行進」を都内で実施してきた。

その間、〇八年には胡錦濤主席の来日に合わせ五月に行った。そして〇九年からは南モンゴル、チベット、東トルキスタンとの連帯も併せて訴えるようになった。つまり「防衛」だけでなく「包囲攻撃」の呼びかけをだ。

ーーーーー
※参考ー昨年のデモ報告
報告/日台共闘で2・28「台湾防衛」デモー目指すは「中共解体」だ!
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1074.html 
ーーーーー

そして今年は二月二十六日に行うこととなったが、今日本人がアジア諸民族との連帯と同時に行うべきは、何といっても自国内の中国の傀儡、民主党政権の打倒であろう。

そこで昨年のデモでも協力してもらった「頑張れ日本!全国行動委員会」と合流し、次のような活動に打って出ることとなった。

名称は「2・26決起せよ!反ファッショ山手線一周国民ラリー アジアに自由と平和を!菅民主党政権打倒!中国の尖閣・台湾・アジア侵略阻止!」。

「決起せよ」とは「2・26」、つまり二・二六事件での「決起」を想起しながらのものだ。当時の青年将校たちには清らで純なる憂国の思いで立ち上がった。

「山手線一周ラリー」とは、基本的には〇九年七月の「NHKJAPANデビューに抗議する国民大行動in東京・第5弾」である「山手線ぐるぐる祭」と同じ要領だ。

つまり道路でデモを行うのではなく、参加者一人一人がプラカードなどを持って山手線に乗り込み、各駅のホームや車内の群集にアピールするという作戦である。

具体的には渋谷駅、池袋駅、上野駅、有楽町駅の前で演説会を連続実施。そして各駅間の移動で山手線を利用する。

きっと「ぐるぐる祭」と同様、大いに注目を集めることだろう。そうしたなかで中国の膨張の動きがいかに残虐なものであるかを大々的に宣伝したい。

台湾、チベット、東トルキスタンを「核心利益」などと呼び、それら地域への侵略政策への国際社会からの非難を、何が何でも封じ込めようと試みる中国にとっては、アキレス腱を衝かれる思いに違いない。

尖閣防衛の訴えも、日本の国民世論の中国に対する決意のメッセージとなることだろう。

そのためには一人でも大勢の人に参加してもらいたい。

また台湾人の勇躍参加も歓迎する。

緑の台湾旗を用意しているので、それを携えて行動をともにすれば、きっと大勢の日本人が台湾への関心、支持の気持ちを高めることになるだろう。そのことは従来の「台湾防衛デモ」で十分実証済みのことである。

緑の台湾旗も掲揚されるので、台湾人も参加を!

●予告動画
http://www.youtube.com/watch?v=CrqdrOc63tU&feature=player_embedded

——————————————————————————–

【案内】

2.26 決起せよ!反ファッショ山手線一周国民ラリー 
アジアに自由と平和を!菅民主党政権打倒!中国の尖閣・台湾・アジア侵略阻止!

平成23年2月26日(土)

内容
12時00分〜13時30分 「渋谷」駅 ハチ公前広場 街頭宣伝
14時00分〜14時45分 「池袋駅」西口交番前 街頭宣伝
15時15分〜16時00分 「上野駅」丸井前 街頭宣伝
16時30分〜17時30分 「有楽町」駅 交通会館前 街頭宣伝

※ 各駅での街頭宣伝終了後、ご参加いただいた皆さんとJR山手線で移動。途中参加も可能。

《注意事項》
・プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)。
・国旗以外の旗類、拡声器の持ち込みはご遠慮ください。
・山手線での移動に参加される場合、プラカードは首にかけられる程度のもの、国旗は小旗程度のものに限ります。

主催
頑張れ日本!全国行動委員会
草莽全国地方議員の会
日本李登輝友の会
台湾研究フォーラム

ご連絡先 頑張れ日本!全国行動委員会
TEL 03-5468-9222
http://www.ganbare-nippon.net/

※ チラシ(PDF版)は こちら → http://www.ch-sakura.jp/sakura/H230226_flyer.pdf

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,