【現地レポート】女子大生の見た台湾(2)

【現地レポート】女子大生の見た台湾(2)
【現地レポート】女子大生の見た台湾(2)  

「熱情」という単語は日本語でどう訳したらいい?  

メルマガ「遥かなり台湾」より転載

             

                        田中梓都美

交換留学生として台湾にやって来て早や一年の歳月が経ちました。この間、毎日中国語の勉強に
励んだ結果、今では日常会話に苦労することは無くなりました。
ですが、一年経った今でも日本語に訳せない簡単な単語があります。それが「熱情」です。
タクシーに乗った時、旅行をしている時、友達と一緒に遊んでいる時など、台湾に住んでいる限り、
いつでも「熱情」という言葉を耳にします。なぜなら台湾人が、「熱情」という単語は台湾人の国民
性を表す単語だとみなしているからです。もしかしたら以上の文章を読んで、大袈裟に書きすぎだと
思う人がいるかもしれません。
もちろん、台湾にも様々な人がいます。ですが、私も台湾人の国民性を端的に表す単語は「熱情」以外
には無いと思います。
私が台湾の人はとても「熱情」だとみなす理由は多々あります。
例えば、日本では買い物をしている時、ご飯を食べている時、店員とほとんど話しをしません。私たちは
友達ではなく、店員と客という関係だからです。また、最近では値引き交渉さえしなくなりました。
ですが、台湾では店員と話をすることが普通だし、行く度に値引きをしてくれる店長もいます。
ですので、台湾で一人出かけてもつまらないと思うことがありません。
また、銀行口座の開き方、交通機関の利用の仕方など、台湾では全ての事に無知な私に対して、台湾人は
自分が忙しいかどうかを顧みず、必ず私を助けてくれます。
ですので、私は台湾に一人で住んでいても困ったと思ったことがありません。
さらに、私が日本人だと知ると、私を連れて様々な場所に連れていってくれる人もいます。ですので、
私はこの一年という短い期間で数え切れない程の素敵な思い出を作ることが出来ました。
台湾とは、住めば住む程好きになる、その様な魅力を持った国です。ですので、私は日本に帰ったあと、
「台湾とは一つの素晴らしい国家だ、台湾人はとても「熱情」だ」と一人でも多くの日本人に伝えたいと
考えています。
ですが、台湾を紹介する時に鍵となる「熱情」という単語が、どうしても日本語に訳せません。
辞書には「情熱的な」「親切な」という訳が掲載されていますが、「熱情」という意味とはかけ離れていると
思います。なぜなら、私たちが「情熱的な」と聞くと、スペインあたりの国の人を思い浮かべます。
また、「親切な」という日本語は中国語にもあります。   
誰か日本人とは全く違う国民性を持った台湾人を端的に表す「熱情」という単語をどの様に訳せば一番良いかを
知っていますか?
笑顔が太陽の様に明るくて人に安心感を与える、また親切で楽観的、活発な台湾人を表す日本語がそもそも存在
するのでしょうか?この問題、どうやら私の一生をかけたテーマになりそうです。

——————————————————————————–

[RelationPost]
タグ: , , , ,