【櫻井よしこ氏】日本版台湾関係法は「アジア全体に希望を与える」と喝破!

【櫻井よしこ氏】日本版台湾関係法は「アジア全体に希望を与える」と喝破!
【櫻井よしこ氏】日本版台湾関係法は「アジア全体に希望を与える」と喝破!

日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 櫻井よしこ氏が日本版台湾関係法は「アジア全体に希望を与える」と喝破!

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏は9月19日、台北市内にて開催された台湾安保協会(羅福全理事
長)が主催する「両岸関係とアジア太平洋地域国際平和セミナー」で「日本の平和安全法制と日台
の未来」と題して基調講演した。

 昨日発売の「週刊新潮」に連載している「日本ルネッサンス」(673回)でそのことをつづって
いる。櫻井氏が会場に着くや「台湾の関係者らが『安保法制成立、おめでとうございます』と次々
と声を掛けてきた」ことに驚かされたという。

 櫻井氏は「中国の脅威を生々しい現実として、また重圧と感じている人々にとって、日本の安保
法制の議論は到底、他人事とは思えなかったのであろう」と、台湾の人々の気持ちを忖度する。

 そして、このセミナーの冒頭で蔡英文・民進党主席が講演した内容を紹介しつつ、中国の南シナ
海の7つの島の埋め立て問題に言及、台湾の命運が危うくなるとともに「台湾の重要性は単に戦略
上のことではないという事実を、日本は今こそ認識しなければならない」と警鐘を鳴らす。

 セミナーの翌日には、許世楷・盧千恵ご夫妻に台中の寶覚禅寺をご案内いただいたことなどをレ
ポートしているが、最後に、本会が2013年に「政策提言」として提唱した日台関係基本法(日本版
台湾関係法)の最近の動きに触れ、「日本の明確な意思表示は日台双方の国益のみならず、アジア
全体に希望を与えるとの思いを強くした」と締めくくっている。

 櫻井氏をはじめ日台交流に尽力する人々の多くは、中国による併呑の危機にさらされている台湾
の現状を知り、日本が「非政府間の実務関係」と位置づける台湾とは法定関係が何もないというこ
の現状を切り拓くのが日本版台湾関係法であることを知っている。

 だから、李登輝元総統をはじめ羅福全・台湾安保協会理事長や許世楷・元台北駐日経済文化代表
処代表など、安保法制の成立に賛意を表する台湾の人々が日本版台湾関係法の制定に賛意を表して
いるのだ。

 ちなみに、この台湾安保協会主催の2011年9月のセミナーには、下野していた安倍晋三総理が現
在の菅義偉・官房長官を伴って出席し、基調講演を行っている。その講演の中で「日本と台湾はと
もに共通の価値観を持つ重要なパートナー」と表明し、「我々は手を携えて、いまだに民主主義を
手にしていない世界の人々に、その価値を伝えていかなければなりません。それは日本人と台湾人
に課された責務であると、私は固く信じております」と述べている。

 また、櫻井よしこ氏が「日本の平和安全法制と日台の未来」と題した基調講演はすでにYouTube
にアップされている。じっくりと耳を傾けたい。

◆櫻井よしこ氏「日本の平和安全法制と日台の未来」(2015年9月19日)
 https://youtu.be/Ju84Owk2mkw

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 本日19時、書泉グランデで柚原事務局長が『夢・大アジアNo.3』発売記念対談

 特定非営利活動法人夢・大アジア(石井英俊理事長)が8月1日付で刊行した季刊オピニオン誌
「夢・大アジアNo.3」は、「日台新時代─勃興する『台湾独立』と新たな安全保障の時代を迎えた
日本」を特集。

 巻頭のカラーグラビアで「香港雨傘革命見聞録」や、台湾独立建国聯盟日本本部が今年の3月に
開いた「台湾2・28時局講演会」の王明理氏、呉叡人氏、何時宜氏、金美齢氏などの全発言を収
録。また柚原正敬・本会事務局長へのインタビュー「新たな日台関係の構築に向けて」も掲載。

 本日(9月25日)、この発売を記念して、東京・神田の書泉グランデが柚原氏と石井氏による特
別対談「勃興する『台湾独立』と新たな安全保障の時代を迎えた日本」を開く。

◆『夢・大アジアNo.3』(A5判、208ページ、定価:1080円、集広舎)
 http://store.shukousha.com/?pid=92328990

—————————————————————————————–

◆SHOSEN:最新のイベント情報
 https://www.shosen.co.jp/event/22234/

 集広舎様から発売中の『夢・大アジアNo.3 特集:日台新時代!勃興する「台湾独立」と新たな
る安全保障の時代を迎えた日本』の発売を記念して特別対談を開催します。

テーマ:勃興する「台湾独立」と新たな安全保障の時代を迎えた日本

講 師:柚原 正敬氏(日本李登輝友の会事務局長)
    石井 英俊氏(季刊オピニオン誌『夢・大アジア』編集長)

・書泉グランデ4Fにて参加券お渡しします。
・ご参加は無料、50名までとなっています。

【講演日程】

・9月25日(金) 18:45開場  19:00開演  20:30終了予定

・書泉グランデ 7F イベントスペース
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3-2
 TEL 03-3295-0011

【講演者プロフィール】

柚原 正敬氏
昭和30年、福島県生まれ。早稲田大学中退。専務取締役編集長として出版社「展転社」創立。平成
7年、台湾研究フォーラムを設立。平成14年、日本李登輝友の会設立と共に常務理事・事務局長に
就任。現在に至る。

石井 英俊氏
昭和51年、福岡県生まれ。九州大学卒業。経済団体職員などを経て、現在、特定非営利活動法人
夢・大アジア理事長、季刊オピニオン誌「夢・大アジア」編集長。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,