【楠流兵法】 ─孫子と闘戦経の実践─(4)

【楠流兵法】 ─孫子と闘戦経の実践─(4)
【楠流兵法】 ─孫子と闘戦経の実践─(4) 〜河陽兵庫之記 壱 その4〜

軍事情報別冊より転載

 

                  家村和幸

▽はじめに

日本兵法研究会の家村です。
先日は、「小原台クラブ」という会の忘年会に参加してまいりました。小原台とは、防
衛大学校が所在する場所です。この会は、「現役自衛官でない防大在籍経験者(同会会
則より)」の連携と親睦を図る会です。つまり、防衛大を退校したり、卒業後に自衛官
の職を辞して民間で働いている人たちの集まりです。

今年の8月、防大時代の一期後輩で、この会の副幹事長を務めるO君から、この小原台
クラブが年一回発行する会報誌の「自著を語る」というコーナーに記事を書いてほしい
との依頼を受け、私がこれまで書いてきた本の紹介記事を投稿し、12月上旬にその最
終ゲラを確認した際、事務局長のY君から小原台クラブ役員会の忘年会に是非ご参加し
てほしいとお誘いを受けてのことでした。

私が防衛大に行こうという思いを抱いたのは、高校1年の終わりごろでした。理由は極
めて単純です。学校の帰りに、国鉄の戸塚駅で防大生数人とすれ違ったとき、その制服
姿に「かっこいい・・・。」と思ったからです。それが防衛大の制服と知り、「よし、
俺もあの制服を着るぞ。」そう決意しました。祖国防衛の念に燃えて・・・とか、心・
技・体を鍛錬するため・・・といった理由は、後からくっついてきたものに過ぎませ
ん。

私の身内に自衛官は一人もおらず、父親は大手企業のサラリーマン、母は自宅でピアノ
教室をやっているという家庭でした。私の両親は、よもや私が防衛大に進学して自衛官
になるなどとは夢想だにしておりませんでしたので、何とか説得して父と同じような一
般の大学に行かせようと何度も試みました。

大正15年生まれの私の父は、昭和20年7月から1ヶ月だけの軍隊経験がありまし
た。本土決戦に備えて集められるだけの人員を招集し、臨時編成の部隊をどんどん作っ
ている時でしたが、当時既にポツダム宣言を受諾する運命の日が目前に迫っていたこと
から、生前の父はこの頃の自分を「ポツダム二等兵」だったなどと自嘲気味に語ってい
ました。父は九州の最南端である指宿あたりで塹壕や地下壕を構築中に終戦を迎えまし
た。入営間に小銃など撃ったことはおろか、触ったことも無かったと語っておりまし
た。いよいよ米軍が上陸するときに父を始めとする「ポツダム二等兵」たちに与えられ
る武器は「爆薬」でした。

そして、戦後すぐに鹿児島から単身で東京に出てきて大学に進学しました。この頃の大
学では、ごく普通の若者であれば左翼思想に染まるのが「常識」でしたので、私の父も
少なからずその影響を受けていたようでした。今の私と同じ五十代前半までは、朝日新
聞を読み、祝祭日に国旗を掲げるでもなく、大日本帝国陸海軍や自衛隊の話題には全く
興味を示しませんでした。

高校3年の秋に防衛大を受験した結果は、一次試験で見事に不合格でした。そして、私
はそれ以外の大学を受けることなく、卒業式直後に陸上自衛隊に入隊しました。自衛官
をやりながら勉強して防大へ行くという「無謀」ともいえる決意を抱いて、大きなバッ
ク一つで武山駐屯地の正門を入っていきました。昭和55年の冬のことでした。

新隊員教育の期間は、毎日22時の消灯後、24時までの2時間しか自分の勉強時間は
ありませんでした。北海道の普通科連隊に行ってからは、それに加えて課業終了後に日
夕点呼までの2時間程度が可能になりましたが、それでも二度目の防大受験も不合格で
した。一次試験を9月に受け、その発表があったのが12月上旬のことでした。

隊舎内の公衆電話から横浜の実家に試験の結果を伝えました。父は落ち着いた声でこう
言いました。

「無理なことがわかっただろう。意地を張らなくていいから家に帰って来い。予備校に
通いながら来年も防大を受ければいい。・・・」

私が答えに窮して沈黙している時、駐屯地に消灯ラッパが鳴り響きました。この時、父
と一緒に電話口にいた母は、電話の向こうからわずかに漏れ聞こえてくるこの消灯ラッ
パの物悲しい音色がいまだに忘れられないと言います。

自分の覚悟が大きく揺らいでしまった私は、この先どうしたらよいのか完全にわからな
くなってしまいました。防大をあきらめて、このまま自衛隊に残るべきか。両親の言う
とおりに自分の無謀さを認めて、防大合格への確実性を取るか・・・。高校を卒業して
間もない2等陸士の私には、判断をするにもその先どうなるのか、余りにも読めなかっ
たのです。翌日、営内班長のT3曹にこのことを相談しました。この話は若いT3曹に
は、少々重荷だったのでしょうか。いきなり、こう言われてしまいました。

「おい、お前・・・辞めるなんて言うんじゃねえぞ・・・。」

私が言葉を失って塞ぎ込んでいると、傍らで聞いていた○○1曹がこう語りかけてきま
した。

「家村、今日は俺のうちに晩飯食いに来い。」

この日は平日で、2等陸士には外出が認められていませんでしたが、○○1曹が当直幹
部に話をすると、すぐに外出許可が下りました。17時の課業終了後、戦闘服から制服
に着替えた私は、○○1曹と駐屯地の営門を出て、雪道を歩きながら○○1曹のご自宅
である市営住宅へと向かいました。

○○1曹の家は、昔の漫画「巨人の星」に出てくる星飛雄馬の家によく似た古い木造長
屋でした。そう言えば、○○1曹の外貌や風格もなんとなく星一徹に似ていました。

外は雪が積っており、軒や窓にはツララが垂れ下がっていましたが、家の中はストーブ
で大変暖かく、早速○○1曹の奥様の手料理でもてなしていただきました。仕事場で
は、幹部連中も一目置き、若い防大出の幹部には恐れられてさえいた○○1曹でした
が、家に帰れば厳しいながらも慈愛心に富んだ、良き夫、良き父親なのであろうことが
感じられる、そんなご家庭の雰囲気でした。

ビールが入って少し赤ら顔の○○1曹が話を切り出してきました。

○○1曹「お前、これからどうするんだ?」

家村2士「このままでは、たぶん来年も厳しいかと思いますので、親父が言うように、
予備校に行って防大を受験しなおそうかとも考えています・・・。」

○○1曹「そうか、そして幹部になるのか。間違っても10連1中隊には来るな。俺は
そんな幹部にはついて行かないから・・・。」

私は言葉を失いました。○○1曹は話題を代え、中隊でのこれまでのよもやま話や自分
の子供達の自慢話をしました。そんな中でも、一言だけこんな話をされました。

「俺が、いざという時についていくのはO2尉だけだ。」

O2尉は、2等陸士から陸曹を経ての部内選抜幹部ですが、年齢的には防大出身幹部と
数歳しか違わない若い幹部でした。部下への思いやりが深く、人格も体力も優れた方で
したので、中隊の陸曹・陸士でO2尉を悪くいう人は誰もいませんでした。

その後、○○1曹宅で焼酎をガンガンと飲まされ、そろそろお暇(いとま)する時に言
われた○○1曹の言葉がその後の自分の人生を大きく支えました。

「家村、・・・幹部は男の夢だ。俺はお前見たいに頭よくないけど、俺の代わりにお
前、幹部になれ・・・。」

この晩、私はかなり酔いました。酔いつぶれる寸前で、雪道をふらふらとかろうじて駐
屯地に到着しました。もったいないことに、せっかくの○○1曹の奥様の手料理も、途
中でほとんど道端に戻してしまったようでした。涙と共に・・・。

さて、それでは本題の楠流兵法『河陽兵庫之記』に入りましょう。今回で第一章を終わ
ります。

(平成23年12月14日記す)

▽ 将 礼

 兵卒たちにとって将軍とは、理性の面で卓越した上官であるのだから、人としての欲
望から離れて礼を厚くし、色欲を禁じなければならない。将軍が礼を欠くということで
は、色欲におぼれることほど甚だしいことは無い。将軍が女色を好んで節制を失ってい
るような時は、軍を構成する人びとの心は決して堅固なものにならず、それだけではな
く陰気な雰囲気が芽生えて、戦になれば敗れて滅亡することは疑いないのである。城が
傾き、国が傾くような話を耳にしたならば、誠実な心でこれを他山の石として畏れ、身
を慎まねばならない。

良い将軍と暗愚の将軍の違いでは、その「智」の甚だしい懸隔を補うために学んで知る
ことは、さほど難しいことではない。ただ将軍として立派に「勤める事」が難しいので
あり、この違いこそが天と地ほどに開くのである。このことを十分に心得ておれば、ど
うして祖先の訓えに背き、自分の汚名をも顧みずに、国家に尽くす替わりに一時の娯楽
にうつつを抜かすことが許されようか。

 雨が降っても天幕を張らず、暑くても扇子で煽(あお)らず、疲労しても自分一人だ
けが休むことはせず、飢えても自分だけが食べるようなことはしない。善悪の基準を多
くの人々と同じくし、生きるも死ぬもともにして、たとえば越王の勾践が箪醪(たんろ
う ※)のことを思い、楚の荘王が戦地での慰問や娯楽を与える心配りを決して忘れな
かったようなときには、士卒も飢えや疲労を厭わなかったのである。

皆が将軍のために死のうと思えば全軍に二心は無い。軍旅(指揮下部隊)の士卒全員の
命を預かる司令官として、あらゆる人々に礼をもって接する事ができなければ、その罪
は重い。このことをいい加減にしたり、忘れたりしはならない。

ただ武家たちが恩を感じておのれの命を軽んじ、受けた礼に応えようとして各々の忠誠
心が完全に発揮し尽くされるときのみ、将軍が士卒を率いていると言えるのである。も
しも一言によって人の心が踏みにじられ、一つの行いで人々の心が離れていくというこ
とを知らなければ将軍たる資格は無い。飯に唾を吐かれ、汁に髪を入れられることにさ
えなるのを忘れるな。

大将の居所をこそ「陣」と呼ぶのであるから、戦の大将たる将軍は、常に陣頭に在って
指揮下部隊の事を忘れず、四六時中、寝ることや食べることに関して専ら部下達の心情
を慮って、そのことを決して忘れない。そのような時にこそ、将軍の礼がそこに存在す
るのだと知らねばならない。

 このように、君主が君主として立派である時に、立派でない家臣などはありえないの
だから、一国一軍を守る身に限らず、全て人の上に立つ者の心がけは、我が一人の行い
を正しくして、あえて部下の挙動を憎んではならない。

真っ直ぐな形に曲形は無く、曲がった形に直形は無し、と言われる。君主は体であり、
配下の人々はその影のごとくあらねばならない。そうであればこそ、水は四角や円形の
器に随い、人の善悪は一人の心に左右されるのである。雲は竜にしたがい、風は虎に向
かって起ると謂われるのもこのことである。

仁徳の無い者の国には、(幸福をもたらす)麒麟や鳳凰が飛翔せず、礼を欠く国には、
賢士は住まないとも言われる。国に賢士が進んで来る時には、我が行いを喜び、国に悪
人が多い時には、我が行いを反省しなければならない。又、侍(さむらい)に至って
は、不礼の礼(礼の形をとらない礼)も時によっては心得なければならない。口伝を受
けてこれを知るべし。

※ ひょうたんに入った酒。古代シナの兵書「三略」に、次のようなことが記されてい
る。
将帥というものは、必ず士卒と慈愛の心を同じくし、安危をともにすれば、戦(いく
さ)では全勝する。その昔、優れた将軍が兵を用いていると、箪醪(たんろう)を寄贈
する者があった。将軍はこれを河に投げすて、士卒とその河を流れる水を共に飲んだ。
ひょうたん一本の酒では、皆とともに一河の水を味わうようには出来ないからである。
将軍の慈愛心を我が身に感じた全軍の士卒は、この将軍のために死を致さんと思った。

▽ 勇 分

 全ての「勇」は大きく分けて三つに区分できる。それは大勇、小勇、血気の勇であ
る。

大勇というのは、偉大な人の勇気であり、優れた将軍の心である。自らが武器を直接手
に取って闘い、敵兵を打ち倒すことは無いにしても、常に勝利に導くことにより軍の実
権を掌中に収め、十分に考慮し、何があっても怒りにまかせて刹那的に行動すること無
く、疑ったり躊躇したりせず、一度決心すれば死生を超越し、その道義心は金石のよう
に堅固にして輝き、数万の兵卒の勇気の消長は将軍の一身に懸かっている。これが大勇
である。

心が正直で常に勇気を持ち続け、悪口を言われても気に留めず、敵を見ればわが身を顧
みず、筋金入りの骨身と鉄石の心ではあるが、しかしその器量は偏狭である。これを小
勇という。

血気は旺盛であり、勇猛さと鋭さは千人の敵に匹敵するが、信義が少ないために意志が
変化し易く、死生観も定まっていないのを血気の勇という。

 世の主将であるべき人が、もしも大勇の心を失い、中下の勇気ある人ばかりを好んで
用いるならば、これは家を亡ぼして身をも失う基となるに違いない。私の子孫の中に
も、後世でもしも家を興し、棟梁(武家社会の筆頭格)ともなるべき者が有るならば、
先ずは配下の者たちの人柄を心得て、諸事の別当(官司の長官)、それぞれの役職を
も、その器量に応じて申しつけ、大小や浅深など事態に応じて斟酌し、計算すれば、そ
こが唐の天竺であったとしても、どうして難しいことがあろうか。ましてや(人材豊富
な)我が国で難しいことなどあり得ない。その中のわずか河内と泉の両国で、たとえ一
人の賢人を得ただけでも、最高の敬意を払って治めなければならない。

まして数万の中から、優れた人材を採ることについて怠ることが無ければ、天下の賢明
な武士が雲のごとくに集まり、四海の勇士たちが剣を携えて来会し、各々その功績を挙
げようと努めるであろうことは、全く疑う余地も無い。

ただひたすら己を正しくして広く良く統治された国の姿を思い抱け。広く良好な統治と
いうものは、天の心の去就に任せるものであって、あえて自ら求めてはならない。

▽ 天 宦(てんかん)

時日や天官(国政を総轄し、宮中事務を司る古代シナ・周での官名)等の善悪や従うか
背くかという事は、人としての道理を以てすれば、従うも吉となり、背くも吉となる。
反対に道理に外れながら従えば、従いながらも背いており、背けば元より凶(不吉)と
なる。ただ人が誠心誠意・一所懸命に従いさえすれば、天地も従い、祷(いの)らずし
て吉となる。

そうは言っても、事機に先立ち、天に先立っての明智がなければ、この事は十分になす
ことが出来ない。人を用いたり捨てたりするということは、時宜によるところが大きい
ものである。

(以下次号)

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,