【司法を利用する報復】李登輝元総統の突然の起訴

【司法を利用する報復】李登輝元総統の突然の起訴
【司法を利用する報復】李登輝元総統の突然の起訴

日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載

李登輝元総統の突然の起訴について黄昭堂先生からメッセージ
   「国民党が司法を利用して仕掛けて来たのだろう。心配する必要はない」

 本日昼、台湾の最高法院検察署(最高検)が李登輝元総統と「台湾総合研究院」創設者
の劉泰英氏を国家機密費約780万ドル(約6億3千万円)を横領したとして、公有財物横領の
罪で起訴したというニュースが駆け巡った。

 会員からも「心配です」というメールや電話が相次いだ。インターネットで流れたニュ
ースを読む限りでは、いくら新しい証拠が出てきたからといって、なぜ今になっての起訴
なのかは不明だ。

 ただ、国民党政権下ではなにがあるか分からないし、何が起こってもおかしくない。台
湾の司法は政治の延長だとも言われる。恐らくは総統選挙・立法委員選挙をにらんでの起
訴だったのではないかと漠然と考えていた。

 そんなとき、李元総統と親しい黄昭堂先生(台湾独立建国聯盟主席、昭和大学名誉教授)
から「動揺しているといけないと思って」と電話をいただいた。

 黄先生は「新しい証拠というのは何か分からないが、この機密費流用の件はかなり前に
裁判で無罪になっている。先に李登輝先生が今度の総統選挙について『棄馬保台』と明言
されたので、国民党が司法を利用して仕掛けて来たのだろう。心配する必要はない」との
ことだった。

 確かに、李元総統「台湾が直面する問題の解決は、2012年の総統選挙にかかっている」、
そのためには「馬を乗り捨てて台湾を守ることが急務」(月刊「WiLL」2月号)と明言され
ている。そこで、総統選挙に向け機先を制して李元総統を牽制したのかもしれない。

 李元総統はまだ蔡英文・民進党主席支持を明確に表明しているわけではないが、「棄馬
保台」と明言した以上、支持表明は時間の問題であり、表明すれば台湾国内はもとより、
日本での影響力も大きい。

 なお、本日午後、李元総統側は台湾大学の校友会館において、顧立雄・弁護が記者会見
している。顧弁護士は「李氏は5月31日に検察から質問を受けたが、起訴できるほどの十分
な証拠はないと話した。また同氏は『検察は起訴を言い渡す前に、李氏に弁論の機会を与
えなかった。被告の権利は完全に無視された』と言う」(ウォール・ストリート・ジャー
ナル )

 下記に起訴を伝える記事を紹介したい。
—————————————————————————————–
李登輝元総統を起訴=公金横領罪で検察
【時事通信:2011年6月30日13:19】

【台北時事】台湾の最高検は30日、李登輝元総統を公金横領とマネーロンダリング(資金
洗浄)の罪で起訴したと発表した。李元総統が起訴されるのは初めて。

 最高検によると、李元総統は1997年から2000年に退任するまでの任期中に、情報機関の
国家安全局が管理する裏帳簿から約780万米ドル(約6億2700万円)を私的に流用し、シン
クタンク「台湾総合研究院」の開設、運営資金に充てたほか、資金洗浄により一部を着服
した疑い。

李登輝氏らを公金横領で起訴 台湾当局
【産経新聞:2011年6月30日12:31】

【台北=吉村剛史】台湾の最高法院検察署(最高検)の特別偵査組(特偵組=特捜部)は
30日午前、元総統の李登輝氏(89)と、その側近1人が、国家機密費約780万ドル(約6億3
千万円)を横領したとして、2人を公有財物横領の罪で起訴したと発表した。

 起訴された側近は、李氏が名誉理事長を務めるシンクタンク「台湾総合研究院」の創設
者の劉泰英氏(75)。

 横領されたのは外交案件のための機密費で、起訴状によると、大部分は1993年に設立さ
れた台湾総合研究院の設立費用に流用され、一部は同シンクタンクへの寄付金となり、李
氏周辺の企業家を通じたマネーロンダリングも行われたという。

 この件では、台北地検が2003年、国家安全局の元会計長を起訴していたが、法廷では1、
2審ともに無罪で判決が確定。その後、発足した特偵組で継続して捜査を続け、昨年になっ
て新たな証拠を発見したという。

 これを受けて、李氏側では弁護士が午後に記者会見を開く予定。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , ,