【佐藤千枝】ドラえもん生誕100年前展に行ってきました

「台湾の声」【佐藤千枝】ドラえもん生誕100年前展に行ってきました

作者:佐藤千枝

去年の2月の旅行の話です。

2013年2月。3連休に台湾に行く事になったのだ
が、ちょうど旧正月の春節だ。多くのお店がお休みな
のは想像に容易い。

春節でもやってるお店は無いかとネットで調べると
「ドラえもん誕生前100年展」!

本当の誕生100年前は去年の2012年で、香港で
行われたイベントが台湾にやってきたらしい。しかも
会場は、日本統治時代に建てられた旧たばこ工場の
「松山文創園区」。これは行かねばなりますまい。

最寄り駅の市政府站を降りて地図を頼りに歩いていく
と多くの親子連れが皆、同じ方向に歩いている!これ
に着いて行けば会場に着くな。

駅から会場まで子供目当ての風船売りを2・3人見なが
ら通り過ぎ大きな池のある公園のようなエリアが見え
てきた。

親子連れの行列の流れに合わせて進んでいくと木造建
ての平屋が見え、そこを越えると今度はコンクリート
建ての建物が並んでる。

デザインから行って昭和初期の建物かなぁ。江戸川乱
歩や鉄人28号に出てきそうだ。

遥か前方に大きなテントが二つ並んでいて中でディズ
ニーランド方式に多くの人が並んでる。チケットの行
列かな?

1時間位掛かるかなぁ。と、しばらく並んでふと気が
付けば周りの人々はチケットらしき物を持ってるでは
ないか!

スタッフの人に行列を指差し

「チケットオフィス?」

と聞いたが通じない。

スタッフが持っている見本のチケットを指差しながら
「我要チケット。チケットオフィス在哪裡(どこ)?」
と、聞いても通じない。

チケット売り場って英語でチケットオフィスじゃな
かったっけ? それとも私の発音が日本語訛りが酷す
ぎて通じないのか?

困ったスタッフのお兄さんが周りに声を掛けると近く
にいたお爺さんが

「どうしましたか?」

と日本語で声を掛けてくれた。この行列はチケットを
買う列なのか聞くと、チケット売り場は、この二つ並
んだテントの先にあり、購入してから並ぶのだそうだ。

二人にお礼を言って、テントの先に行くと小さな電車
を模したようなチケット売り場が見えてきた。数人並
んでいるだけなのですぐ買えた。大人220元(660円)。

さぁ、これから長蛇の列に並ぶか。と1時間前後掛か
るかなと覚悟したが、けっこう列の進みは速く、
30分くらいで中に入れた。

入口の隣ではJCBのドラえもんカードキャンペン中
らしく、入会すると ここだけのドラえもんデザイン
の看板をバックに記念撮影が出来るようだ。

最初に1/1サイズのドラえもんフィギュアと誕生
100年前展の看板があり、みんな写真撮影の順番待
ちだ。

そして黄色いドラえもん(ねずみに耳をかじられる前)
の近くに中文の説明文が。

次にねずみに耳をかじられ泣いているドラえもんの隣
にドラえもんの耳が無い説明文があり、この調子で続
いていくのかなと、

次の部屋に入ると天井に木の梁が幾何学に組んである、
子供の頃山形にあった講堂や工場を思い出させる広い
場所に出た。

ここは昔のタバコ工場の倉庫だそうだ。両端や中央に
は未来の道具を持つドラえもん達が大量に並んでいて
一体一体に道具の名前と説明文が付いている。

両端に並んでいるドラえもん達は台の上に展示されて
いるが、中央に並んでいるドラえもん達は床の上なの
で、子供達だけでなく、大人も嬉々として一緒に写真
を撮っている。あれ、家族連れだけじゃなく、大人同
士やカップルもけっこう多い。ドラえもんは年代を超
えて愛されてるなぁ。

どこでもドアを発見。これは撮影待ちの列が出来てい
るくらい凄い人気だ。

100体のドラえもんフィギュアの部屋を出ると、ド
ラえもんの生原稿の展示室だ。台湾人ファンは一列に
なってじっくり丁寧に見ている。ここは子供より大人
中心だ。

同じフロアの一角にはドラえもんをモチーフにしたパ
ロディフィギュアが並んでる。作者の名前から台湾人
の作品かな?

次の部屋に行くと大人になったのび太としずかちゃん
の結婚式のフィギュアだ。傍には大人に成長したのび
太としずかちゃんの結婚式の原作漫画も展示されてる。
漫画に比べてフィギュアの方は子供の顔のまま投身を
大人サイズにしたみたいだ。

次の部屋はのび太の家や勉強部屋。ジャイアンやしず
かちゃん、スネオの家や土管のある空き地などドラえ
もんの世界が再現されている。

セットの中にのび太がお婆ちゃんと会っているシーン
がフィギュアで再現されていたり、のび太の勉強部屋
には漫画を読んでいるのび太のフィギュアに引き出し
が開いた勉強机が置いてあり引き出しから子供達が顔
を出して、ここも写真撮影に大人気だ。セットの裏で
は撮影待ちの子供たちで長蛇の列になっている(笑)。

キャラクターの家々のほかにも「もしもボックス」や、
ブロック塀のセットにはタケコプターや空気砲が固定
されて設置してあり子供達が頭に付けたり手を入れた
りして写真を撮っている。

私が子供の頃にも、こんなイベントがあったらいっぱ
い写真を撮ってもらったのに〜。(T_T)

出口の周りは剛田商店のセットになっていて、ここを
くぐるとドラえもんグッズてんこ盛りのお土産ショッ
プだ。上手い事 考えたなぁ。

誕生100年前展仕様のドラえもんのヌイグルミにお
弁当箱、ノート等の文房具にシールとこんなにたくさ
んのドラえもんグッズがあったんだ! 一角にはテイ
クアウト専門のカフェがありドラえもんの焼印付きの
どら焼や泡でドラえもんの顔が描いてあるコーヒーな
どが売っている。

これでドラえもん展終了。外へ出てお向かいの建物に
入ってみる。廊下の天井高〜い! 昔の学校みたいだ。
廊下から中庭が見える。

一面芝生で、真ん中に大きなコンクリート製の噴水が
あり、そこを中心に左右対称で植え込みがデザインさ
れている。イギリス式庭園かな?

何?この余裕は! 昔のタバコ産業って、そんなに儲
かっていたのか?(昔はほとんどの男性が喫煙してた
もんなぁ) 

ここの建物ではドラえもん展と関係ないお店がいくつ
もあり、オリジナル雑貨などいろんな商店が入ってい
る。イベントが無いときもお店が開いているか解らな
いが、またじっくりと見に来たいなぁ。

(2014.1.20掲載)

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , ,