7月30日、門田隆将氏を講師に本会近畿ブロックが李登輝先生没後2年記念講演

7月30日、門田隆将氏を講師に本会近畿ブロックが李登輝先生没後2年記念講演

 台湾で初めて民主的な選挙により、台湾総統となった李登輝先生が天国に召されてはや2年が経とうとしております。

 この間、中国・武漢で発生したコロナウイルス禍のため、台湾に行って墓前に花を手向けることはおろか、日本国内で李登輝先生の遺徳をしのぶ集いを開くことさえできない状態が続きました。

 この度、ご逝去2周年となる7月30日に皆様にお集まりいただき、「鉄人政治家」「ミスターデモクラシー」李登輝先生の偉業を振り返る機会を得ました。

 今回、李登輝先生とその生前より交流があり、また李登輝先生の折々の言葉を題材とした『愛する日本人へ 日本と台湾の梯となった「巨人の遺言」』の著者でもある門田隆将氏をお招きしてご講演いただきます。

 『康子十九歳 戦渦の日記』『慟哭の海峡』『この命、義に捧ぐ─台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』『汝、ふたつの故国に殉ず─台湾で「英雄」となったある日本人の物語』など台湾に関する著作も多く、毅然と生きた人々の姿を描き続ける門田隆将氏の講演は必ずあなたの心を打つことでしょう!                                【当日受付可】

 令和4年(2022年)6月吉日

                             日本李登輝友の会 近畿ブロック                    発起人:日本李登輝友の会副会長    辻井 正房       日本李登輝友の会大阪府支部長 永野 孝男

                      記

門田隆将氏講演会「今なお中国共産党を走らせる“死せる李登輝”」

・日  付:令和4年7月30日(土)13:00〜16:00(12:45より開場)

・場  所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)本館6階大会議室      〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14 TEL:06-6942-0001

      【交通】Osaka Metro谷町線・京阪電鉄「天満橋駅」より西へ300m          Osaka Metro堺筋線・京阪電鉄「北浜駅」より東へ500m          JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m      https://www.l-osaka.or.jp/

・入 場 料:一般=2,000円  日本李登輝友の会会員=無料      *当日入会者は無料(年会費=普通会員:5,000円 正会員:8,000円)      *当日受付可

・お申込み:「こくちーずプロ」またはFAXにてお申し込みください      こくちーずプロ:https://www.kokuchpro.com/event/9b8e9d336028e68ba7dc5726468066f2/      FAX:072-657-9892

・講  師:門田隆将(かどた・りゅうしょう)作家、ジャーナリスト

      1958年、高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、新潮社入社。『週刊新潮』編集部記者、      デスク、次長、副部長を経て2008年独立。毅然と生きた日本人をテーマにベストセラー多      数。『この命、義に捧ぐ─台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』で第19回山本七平賞受賞。      読売テレビ「そこまで言って委員会NP」出演中。主な著書に『康子十九歳 戦渦の日記』      『慟哭の海峡』『この命、義に捧ぐ─台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』『汝、ふたつ      の故国に殉ず─台湾で「英雄」となったある日本人の物語』『死の淵を見た男─吉田昌郎      と福島第一原発』『日本、遥かなり─エルトゥールルの「奇跡」と邦人救出の「迷走」』      『なぜ君は絶望と闘えたのか─本村洋の 3300日』『甲子園への遺言』『疫病 2020』『新      聞という病』『新・階級闘争論』など多数。

・演  題:「今なお中国共産党を走らせる“死せる李登輝”」

◆お問合せ・連絡先  E-mail:takeshisuzuki388@gmail.com(事務局 鈴木武)

—————————————————————————————–FAX 申込欄  日本李登輝友の会近畿ブロック宛FAX:072-657-9892

・お名前(フリガナ):・電話番号:・現住所(府県・市町村まで):・メールアドレス:

──────────────────────────────────────※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,