7月24日、本会シンポジウム「日台関係の50年─何を失い何を得たのか」

7月24日、本会シンポジウム「日台関係の50年─何を失い何を得たのか」

*当日は、謝長廷(台北駐日経済文化代表処代表)、金美齢(評論家・JET日本語学校名誉理事長)、野嶋剛(ジャー ナリスト)、長島昭久(衆議院議員、日華議員懇談会副会長)、吉田信行(元産経新聞台北支局長)など多彩なゲ ストが出席される予定です。

 本年は台湾の中華民国と断交してから50年の節目の年で、李登輝元総統が亡くなられて仏教の3回忌に当たる年です。

 そこで、私どもは、かつての「日華関係」は今や「日台関係」に置き換えられ、現在の日台間は、外交関係がないにもかかわらず、国交を結んでいるどこの国よりも親しい関係にあり、日常的な実務関係が円滑に処理されていることに着目し、日台の相互関係の現実を正当に評価することにより日台関係を再定義するシンポジウム「日台関係の50年─何を失い何を得たのか」を開催します。

 基調講演は 蔡英文・民進党主席とオンラインで会談された自由民主党政務調査会長の高市早苗さんを講師に迎え、日台関係の機軸となる「日台の経済安全保障」をテーマにお話しいただきます。

 パネルディスカッションは、櫻井よしこさん、福島香織さん、渡辺利夫氏、林建良氏をパネリストに、浅野和生氏がコーディネーターをつとめ、本会の王明理理事の司会進行により、日台関係の50年を振り返り、李元総統が唱導された「日台運命共同体」を手掛かりに新たな日台関係を展望します。

 台湾にご縁のある方ならどなたでも歓迎です。ふるってご参加ください。

 2022年6月吉日

                                          日本李登輝友の会

                         記

・日  時: 2022年7月24日(日)13時30分〜16時[受付開始:13時00分]

・会  場: 大手町サンケイプラザ 4階 大ホール 東京都千代田区大手町1-7-2 TEL:03-3273-2258 【交通】地下鉄「大手町駅」A4・E1出口直結 https://www.s-plaza.com/

 ■基調講演  高市 早苗氏 自由民主党政務調査会長、衆議院議員  「日本と台湾の経済安全保障」

 ■パネルディスカッション:  パネリスト  櫻井よしこ氏 ジャーナリスト、国家基本問題研究所理事長  福島 香織氏 ジャーナリスト  渡辺 利夫氏 日本李登輝友の会会長、拓殖大学顧問  林  建良氏 日本李登輝友の会常務理事、日米台関係研究所理事

 ■パネルディスカッション:  コーディネーター  浅野 和生氏 日本李登輝友の会常務理事、平成国際大学副学長・教授

 ■総合司会  王  明理氏 日本李登輝友の会理事、台湾独立建国聯盟日本本部委員長代行

・参 加 費: 会員:3,000円 一般:5,000円 学生:2,000円 *参加費は前金制です。7月19日(火)までお振り込みのほどお願いします。

・お振込先:

 郵便貯金 記号−番号:10180−95214171 日本李登輝友の会

 ゆうちょ銀行 店名:〇一八(ゼロイチハチ) 店番:018 普通:9521417 日本李登輝友の会

 三菱UFJ銀行 本郷支店 普通:0012742 日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬 (ニホンリトウキキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

・お申込み: 申し込みフォーム、メール、FAXで日本李登輝友の会まで

 申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/qc0t95qlnnbl E-mail:info@ritouki.jp FAX:03-3868-2101

・締  切: 7月19日(火) *定員(500人)に達し次第、締め切らせていただきます。

・主催・お問い合せ: 日本李登輝友の会 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101  E-mail:info@ritouki.jp  Web:http://www.ritouki.jp/

—————————————————————————————–シンポジウム「日台関係の50年─何を失い何を得たのか」お申し込み書

・ご氏名(ふりがな):・メールアドレス:・ご住所:・お電話:・会籍:会員・一般・学生・入会希望(いずれかに○をつけて下さい)

※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,