李登輝基金会が本日開催の「2021年李登輝記念音楽会」に蔡英文総統も臨席

李登輝基金会が本日開催の「2021年李登輝記念音楽会」に蔡英文総統も臨席

 台湾の李登輝基金会(李安[女尼]董事長)は昨年7月30日に亡くなられた李登輝元総統を偲び、本日(11月15日)午後7時30分から、台北市の国家音楽庁(台北市中正区中山南路)において「誠實自然:2021年李登輝記念音楽会」を開催します。

 記念音楽会は、「日本統治時代出身」や「民主主義への憧れ」、「総統直接選挙」など10のテーマを設け、それぞれのテーマごとに李氏が聞いたことがある曲や歌ったことがある曲などが披露され、歌は李元総統の母校である旧制淡水中学校(現在の私立淡江高級中学)の卒業生を中心に構成する「八角塔男声合唱団」が担当するそうです。

 また、語りは、日本でも映画「多桑/父さん」の監督として、また「恋恋風塵」や「悲情城市」の脚本を担当したことで知られる呉念真氏が担当するそうです。

 中央通信社は「蔡英文総統が出席する予定」で、「チケットはすでに9割近くが販売済みで、約1800人が来場する見通し」だと報じています。

 本誌でお伝えしたように、李登輝基金会から本会の渡辺利夫会長をご招待したいとの連絡をいただきましたが、新型コロナウイルスの影響でまだ普通に訪台できるわけではありませんので、仙台市長や国際教養大学教授などをつとめ、現在は仕事の関係で台北市に住んでいる梅原克彦・常務理事が名代として参加します。

 YouTubeなどにアップされましたら本誌でご紹介します。

◆李登輝基金会:「誠實自然:2021年李登輝紀念音樂會」活動詳情 https://presidentlee.tw/%e3%80%8c%e8%aa%a0%e5%af%a6%e8%87%aa%e7%84%b6%ef%bc%9a2021%e5%b9%b4%e6%9d%8e%e7%99%bb%e8%bc%9d%e7%b4%80%e5%bf%b5%e9%9f%b3%e6%a8%82%e6%9c%83%e3%80%8d-2/

—————————————————————————————–故李登輝氏の記念音楽会 蔡英文総統が出席へ【中央通信社:2021年11月14日】https://japan.focustaiwan.tw/society/202111140001

 (台北中央社)昨年7月末に死去した李登輝(りとうき)元総統を記念した音楽会が15日夜、台北市の国家音楽ホール(国家音楽庁)で催される。李登輝基金会が主催し、歌声と語りで李氏の生涯を振り返る。蔡英文(さいえいぶん)総統が出席する予定。

 音楽会では「日本統治時代出身」や「戦後の台湾」、「民主主義への貢献」など10のテーマで李氏の生涯を区切り、テーマごとに李氏が親しんだ曲やその時代の曲が奏でられる。李氏の母校、淡江中学(高校)の卒業生らによる「八角塔男声合唱団」が歌い、語りは演出家で脚本家のウー・ニェンチェン(呉念真)さんが務める。

 基金会の鄭睦群・執行長によると、チケットはすでに9割近くが販売済みで、約1800人が来場する見通しだという。

(葉素萍/編集:楊千慧)

──────────────────────────────────────※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,