李登輝前総統も推奨の宗像隆幸著『制憲パンフ』を無料進呈

李登輝前総統も推奨の宗像隆幸著『制憲パンフ』を無料進呈
台湾の新憲法制定問題のポイントがよくわかる最適の資料

 昨年9月6日の台湾正名運動以降、台湾では新憲法制定の動きが強まっています。
本誌でも、許世楷駐日代表の制憲発言や伊藤哲夫常務理事のエッセイ「台湾と私
−台湾の制憲運動」、台湾で催される憲法シンポジウムなども紹介をしてまいり
ましたが、このたび本会理事でアジア安保フォーラム幹事の宗像隆幸氏が、台湾
はなぜ新憲法を制定しなければならないのかがよく分かるパンフレットを書き下
ろしました。李登輝前総統や黄昭堂・総統府国策顧問も推奨されています。
 正式名称は『台湾憲法を制定すれば、主権国家と民主主義を確立できる。それ
によって、台湾は国際社会にも参入できる』といういささか長いものですので、
略称して『制憲パンフ』とします。9月上旬に発行されたばかりで、発行元は台湾
の「台湾制憲運動」です。
 内容は、以下の9章からなっています。
1、外交政策の失敗が台湾の国際的孤立を招いた
2、情況を一変させた朝鮮戦争
3、米中接近で情況は再び激動
4、国連も台湾の法的地位が未定であることを認めた
5、中華民国憲法の下では、国家主権も民主主義も確立できない
6、台湾関係法も中華民国体制の廃棄を奨励している
7、中国の野望と現実性
8、中国の脅しにも米国の圧力にも屈しなかった台湾人
9、台湾憲法制定の成功を祈る
 この『制憲パンフ』は2種類あり、日本語版と中文版が一緒になったものと、中
文版と英語版が一緒になったものです。大きさは、共に本文80ページでA5判(文
藝春秋と同じサイズ)です。
 つきましては、台湾の制憲問題を日本の心ある方々にご理解いただきたく、「台
湾制憲運動」様のご好意により、先着150名様にこの『制憲パンフ』(日本語版・
中文版)を無料で差し上げます。ただし、送料として「80円切手2枚」をお送りく
ださい。到着を確認し次第お送りいたします。

*無料進呈は原則として日本在住者に限定させていただきます。
*アメリカなど海外在住者向けに入手連絡先をお知らせします。

■『制憲パンフ』申込先(切手送付先)
 日本李登輝友の会
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5 コーポ麹町104号
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , ,