故簡福源(タリ・ワタン)さんの告別式に参列して [青年部長 薛 格芳]

故簡福源(タリ・ワタン)さんの告別式に参列して [青年部長 薛 格芳]
去る7月14日、6月28日に逝去された烏来郷高砂義勇隊記念協会理事長だった簡福源(タ
リ・ワタン)さんの告別式が台湾・台北県烏来村の駐車場広場で斎行去れた。式には、本
会から小田村四郎会長の名代として薛格芳・青年部長が参列。台湾留学中の早川友久・理
事も参列した。

 薛部長から当日の模様がもたらされたのでここにご紹介するとともに、改めて簡福源さ
んのご冥福をお祈り申し上げます。

 なお、7月19日、観光ツアーで訪台していた本会の片木裕一理事や金光俊典・本会千葉
県支部事務局長ら10名も高砂義勇隊慰霊碑に参拝するとともに、簡福源さんのご自宅を訪
れ、ご遺族をお見舞いした。                      (編集部)


故簡福源(タリ・ワタン)さんの告別式に参列して

                       日本李登輝友の会青年部長 薛 格芳

 7月14日、簡福源さんの告別式に参列してきました。簡さんは台北郊外の烏来で高砂義
勇隊の慰霊碑をずっと守り続けてきた方です。朝10時から、烏来郷の駐車場広場で行われ
た告別式には、部落の人総出で参列したかと思うほどたくさんの人たち、多くの政治家が
簡さんとのお別れにやって来ました。

 その中で、日本から簡さんとのお別れに来た、元防衛省の方の心のこもった弔辞があり
ました。聞いていた私も大変心打たれましたので、ご本人にお願いして弔辞のコピーをい
ただきました。手書きの原稿は、見ただけで何度も推敲を重ねたことが分かりました。そ
の内容の一部をご紹介しましょう。

 「簡福源さんが亡くなられたとの訃報に接し、私達、日本人も深い悲しみに沈んでおり
ます。何か大きなものを失った気持ちです。簡福源さんは、【高砂義勇隊】が南方戦線で
大活躍し、日本に対し、死に物狂いで協力してくださった、苦難の歴史について、日本の
【産経新聞】に分かりやすく話してくださいました。産経新聞は【高砂義勇隊慰霊碑再建
立問題】について、過去10回、日本の全国版で報道してくださいました。その記事は高砂
族を知っている高齢の日本人には涙無くしては読めず、又、高砂義勇隊の存在を知らなか
った若い日本人には改めて高砂義勇隊に深く感謝し感銘を与えたと聞いております。」

 「我々日本人はもっともっと簡福源さんから高砂族と日本との関係の話を聞きたかったです。簡福源さんが亡くなられ、もう話が聞けなくなると思うと、真に、心が寂しくなる思いで大変残念です。」

 会場には、李登輝元総統や現在の総統、副総統、党を問わず多くの立法委員、地方議員
からの弔電、献花であふれていて、簡さんの人望の厚さが伺えました。

 一緒に参列した三宅教子さんは、「2月にお目にかかった時には、咳き込みながらも一
生懸命わたしたちに話をされようとして下さった。まるで今、言っておかないともう話を
するチャンスがないというような勢いでした」とおっしゃっていました。

 私も3月に烏来を訪問した際にお会いして、たくさんのお話を伺いました。その時に、
「簡先生、お体を大事にして下さい」と申し上げたら、「私は平気。最後まで頑張るよ」
と仰っていたことが今でも忘れられません。亡くなったのは、それからたった3カ月後の
ことでした。

 高砂義勇隊の慰霊碑は3月に県政府との和解で、これから公園として整備されていくこ
とが決まりましたが、これもまた簡さんをはじめとする高砂族の方々が、ずっと一生懸命
努力を続けて来られたからこそ勝ち取ったものだと思います。

 現在の平和や幸せ、日本と台湾の強い強い絆も、こうした先輩たちの努力によってずっ
と維持されてきたものです。産経新聞の山本支局長が7月15日付の記事の最後に書いたよ
うに、こうした先輩たちの偉業を引き継ぐ責任が私たち若い世代にはあります。これから
も先輩たちに恥ずかしくない姿を見せるために頑張っていかなければならないと改めて思
いました。

 簡福源さんのご冥福を心からお祈りします。


■ NHK「JAPANデビュー」問題:抗議先

・NHK「ジャパン・プロジェクト」の濱崎憲一ディレクター
 TEL:03-3465-1111
・NHK視聴者コールセンター
 TEL:0570-066066 FAX:03-5453-4000
 メール:http://www.nhk.or.jp/special/
・NHKスペシャル「感想・問い合わせ」
 https://www.nhk.or.jp/special/contact/index.html
・放送倫理・番組向上機構(BPO)
 TEL:03-5212−7333 FAX:03−5212−7330
 https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html(ご意見送信フォーム)
・総務省(放送政策課直通)
 TEL:03-5253-5776 FAX:03-5253-5779
 メール:https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html


●日本李登輝友の会にご入会を!─NHK問題を解決するためにも

 NHK「JAPANデビュー」問題が起こってから、日本李登輝友の会に入会される方
 が増えています。この問題の解決のために本会をご支援いただける方は、ぜひご入会を
 お願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、手軽にお申し込みでき
 ます。「入会案内」はホームページをご覧ください。   (日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

●「日台交流基金」にご協力を!

1口=2,000円(5万円以上の篤志者の方には特典があります)

☆郵便局
【加入者名】日本李登輝友の会 【口座番号】00110−4−609117

・通信欄に「基金」とお書き添えください。
・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金口座
【記号−番号】10180−95214171 【口座名】日本李登輝友の会

☆銀行
【みずほ銀行】
本郷支店 普通:2750564 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【三菱東京UFJ銀行】
本郷支店 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【ゆうちょ銀行】
〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
・一般の方の場合、振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承
 ください。
・会員の方は、お名前の前に必ず会員番号をご記入ください。


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,