志を果たして いつの日にか帰らん  藤倉 聡子(東海大学1年)

志を果たして いつの日にか帰らん  藤倉 聡子(東海大学1年)
去る4月1日、高座日台交流の会(石川公弘会長)と台湾高座会(李雪峰会長)が合同で「ありが
とう台湾・がんばれ東日本慈善演奏会」を台湾の台中市中山堂で開催した。

 台中市内にある東海大学に留学中の藤倉聡子(ふじくら・さとこ)さんは、台中在住の喜早天海
氏(日本と台湾の懸け橋になる会世話人)の呼びかけでスタッフとしてお手伝いし、喜早氏の求め
に応じてこのチャリティー・コンサートの様子を伝えている。

 宮城県出身の藤倉さんは、東日本大震災の被災者でもある。ふるさとに思いを馳せつつつづられ
たレポートにホロリとさせられた。

 ちなみに、藤倉さんは昨日から始まった「第21回日本李登輝学校台湾研修団」でもスタッフとし
てお手伝いいただいており、後日、機関誌「日台共栄」6月号に研修団レポートを執筆の予定だ。


志を果たして いつの日にか帰らん
【メルマガ「遥かなり台湾」:2014年5月8日】

 4月1日の夜に行われたチャリティーコンサートは、台中に住んでいる大学生、家庭主婦、定年退
職者など日台双方の人たちがボランティアや観客動員などに協力してくれてコンサートを陰で支え
てくれました。その中の一人で、現地の大学に留学している女子大生に当日の感想などをお願いし
たところ快く引き受けてくれました。本日はそれを皆さんに紹介したいと思います。

                  ◇  ◇  ◇

「ありがとう台湾」「がんばれ東日本」チャリティーコンサート

                            東海大学政治学部1年  藤倉 聡子

 2014年4月1日に台中の中山堂で素敵なチャリティーコンサートが開かれました。コンサートの
テーマとして2つのことがあります。それは「ありがとう台湾」「がんばれ東日本」です。

 前者は、昨年5月9日に神奈川県座間市で行われた「台湾高座会流日70周年歓迎大会」の剰余金を
使って、台湾の方に3年前に起きた大震災への支援に対する謝意を表したいということから始まっ
た企画です。

 後者は、前者の概要を台湾高座会に伝えたところ、趣旨には大賛成だが自分たちはそれを受ける
だけでなく、第二の故郷である日本にさらなる激励のメッセージを送りたいということで企画され
たものです。

 東日本大震災3周年に当たり、世界一の支援をしてくれた台湾に感謝の「ありがとう台湾」、東
日本の被災地にさらなる激励のエールを送る「がんばれ東日本」、この2つの実行委員会が主とな
り今回のコンサートが実現しました。

 私は当日、ボランティアのスタッフとして会場に入っていました。お客さんの層は実に幅広く、
子供連れの家族や大学生、また高座会のお年寄りの方などがいらっしゃっていました。コンサート
が目的で組まれた日本からのツアーもあり、会場はほぼ満席の状態での開演でした。

 プロローグとして、NHKで放送された動画が会場2つのスクリーンに映し出されました。それ
は被災者である高校生が現在の心境と将来への希望を話しているものでした。

 個人的な話となりますが、私は宮城県の仙台から留学しに来ました。私も3年前にあの大地震を
経験しましたので、このスピーチしている学生の気持ちが痛いほどわかりました。

 続いて、実行委員長の石川公弘さんのご挨拶があり、石川さんが私の気持ちを代弁して台湾の
方々に伝えてくださった気がしました。

 そして、プログラム3番目に「ふるさと」の曲がありました。私はこのとき、台湾で聞く日本の
童謡にとても感動しました。「忘れ難き故郷」「志を果たして いつの日にか帰らん」との歌詞が
ありますが、震災で被害を受けたふるさとを離れて異郷にいる今の自分とリンクして思わず涙しま
した。

 合唱団は、福島県南相馬市と周辺地区の中高生を中心に結成されたMJCアンサンブルの皆さん
だということで、どのような気持ちで歌っているのだろうと聴きながら思っていましたが、私と同
じく故郷に思いを寄せているのだと感じました。

 また、私は同じ大学の同級生2人を連れてきていたのですが、私が耐えられず涙を流す姿を見
て、そのうちの1人が「あなたの気持ち、分かっているよ」というような顔で頷いてくれて、とて
も温かい気持ちになりました。

 私は基本スタッフとして会場のサポート行っていたので、始めと終わりの演奏しか聞けませんで
した。

 しかし、一番最後に歌われた日本の復興支援ソング「花は咲く」を聞くことができたのは非常に
幸せなことでした。優雅なピアノの前奏から始まるこの曲が最後にそのやさしい歌詞と歌声で会場
を包み込んでくれました。私はこの一曲が終わった瞬間「ああ、この曲がこの先ずっと歌い継がれ
る限り、日本と台湾の関係は素晴らしいものであり続けるはずだ」、そう思いました。

 コンサートが閉幕し、お客さんが三々五々お帰りになっていくのをお見送りしたのですが、私の
挨拶に対して「ありがとうね」と返してくださった方たちの笑顔がとても素敵で印象に残っていま
す。

 このコンサートの模様は翌日NHKでも放送され、全国に日台の絆が今回また一段と強くなった
ということが報道されました。被災地の方々にもこの思いが少しでも届いていたら同じ被災者とし
てこれ以上の喜びはありません。

 私は今回、このコンサートをサポートできたことを心から嬉しく思います。「志を果たして い
つの日にか帰らん」、これから続く留学生活を実り豊かなものにし、いつの日にか故郷に微力なが
らも還元できるようにこれからも精一杯励んでいきます。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便) *new
*同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便) *new
*同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便) *new
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,