小林よしのり氏が「SAPIO」で李登輝元総統との対談「新台湾論」続編を掲載!

小林よしのり氏が「SAPIO」で李登輝元総統との対談「新台湾論」続編を掲載!
昨10月21日、小林よしのり氏が李登輝元総統との対談「新台湾論」の続編を「SAP
IO」(11月11日大増ページ紅葉特大号)誌に発表した。

 前号(9月30日発売)では、訪日中の李登輝元総統と熊本県で9年ぶりに再会し、数時間
にわたって対談した模様を「新台湾論─李登輝元総統との再会」として発表したが、今回
はその続編を「新台湾論─李登輝の偉業を確認する」と題して掲載している。

 本会などが取り組むNHK「JAPANデビュー」問題も出てきて、李元総統が「製作
者が極めて特殊な考え方を持っているんだろう」「『李登輝友の会』は憤慨してNHKに
抗議しているらしいね」と話されたことや、高金素梅について「あれはつまらない女です
よ」との発言も紹介されたりしていて、一歩踏み込んだ内容になっている。

 また、「日本の政治家の中にも、未だに李登輝の為した仕事の凄さがわかってない」と
して「中華の冊封体制から離脱した聖徳太子のような偉業」について描いている。

 冒頭では、曾文恵夫人が李元総統と小林氏の対談を収録した『李登輝学校の教え』を手
にしているところが描かれているが、ここで李元総統訪日中のエピソードをひとつ。

 李元総統が小林氏と対談した9月9日の夜のことだ。ホテル熊本日航の居室で某日本メデ
ィアとの単独会見が行われた。記者が李元総統にインタビューしていると、曾文恵夫人は
わざわざこの本を取り出し「この本読みましたか?」と会話に加わった。開いた本にはと
ころどころに赤鉛筆の線がびっしり。「私はね、60年前に結婚した時から李登輝学校の学
生なの。何にもしてないけどね」とほがらかに笑う曾文恵夫人。

曾「でもねぇ、この本読むと夫は台北市長の頃から、真面目に忙しく皆さんのために働い
 ていたのねぇというのがよく分かるわ」

李「僕は仕事のことはほとんど言わないからねぇ」

曾「でも、原稿を最初に読むのは私ですよ。たまに間違いを見つけたりして。この本(李
 登輝学校の教え)、中国語版出した方がいいわよ」

李「いや、もう中国語になってるんだよ」

曾「でも、私は日本語の方が読みいいわ。これなら一晩で読めるけど、中国語だと3日以
 上かかるわ。それにしても彼(小林氏)、とっても頭いいわね。夫と3回対談しただけ
 でこの本一冊書いちゃった。だからね、ちょっと疲れて調子悪かったけどね、今日(午
 前の対談)は必ずよしりんさんに会いに行きます、と思って出掛けたのよ」

 小林氏には再び台湾を訪問して台湾の現実をその目で確かめ、ぜひこの『新台湾論』を
一書にして世に問うて欲しいものだ。                  (編集部)

■「SAPIO」(11月11日大増ページ紅葉特大号、定価:500円)
 http://www.zassi.net/mag_index.php?id=55

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , ,