大阪―第11回日本と台湾を考える集い(関西)のご案内

大阪―第11回日本と台湾を考える集い(関西)のご案内
4月3日(土)午後1時半から、大阪市立難波市民学習センター講堂

講演1 『フォルモサ便りの想い出』 〜台湾から日本へ思いを伝えた経験から〜 

講師 三宅 教子 氏(元台湾国際放送日本語課アナウンサー)

「放送をお聞きの皆様、ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。RTI台湾国際放送
《フォルモサ便り》の時間です。この番組は三宅教子が担当させていただきま
す・・・・・」三宅さんが聞き手となり、実業家・許文龍氏や、「台湾監獄島」著者・柯
旗化氏のご夫人を始め、日本語世代が戦前・戦後を通じた体験談を語る内容は多くの
リスナーを魅了してきました。戒厳令下の1977年に渡台した三宅さんは、短波放送・
台湾国際放送(現在はインターネット放送でも聴取可)の日本語課アナウンサーに従
事され、激動の台湾現代史とともに歩んでこられました。 現在は「台湾歌壇」(会
長 蔡焜燦氏 ※)の古くからの会員として、事務局長をされておられます。 このこ
とで、来日されるのを機に大阪でお話してくださることになりました。

※ 蔡焜燦(さいこんさん) さんは半導体デザイン会社「偉詮電子股分有限公司」会
長。司馬遼太郎の著書『街道をゆく−台湾紀行』では案内役として老台北(ラオ・タ
イペイ)の愛称で登場する。著書に『台湾人と日本精神〜日本人よ胸を張りなさい
〜』(小学館文庫)がある。

講演2 『私の台湾記』 講師

廣瀬 勝 氏(文芸社刊「台湾記」著者)

廣瀬氏は昭和39年生まれ。熊本県阿蘇郡で温泉施設「豊礼の湯」を経営。大学卒業
後、プラスチック食品容器メーカーに入社し、企業人として14年間に亘る度重なる台
湾出張と一年数ヶ月間の中国滞在という二つの体験から、「台湾記」を著わされまし
た。出版を機に、その思いをお話していただきます。 氏の論説「『誤謬なき』憲法
の問題」は産経新聞社「わたしの正論」昭和61年・第138回で佳作2位受賞。同じく
「防衛予算の制約と効率」は昭和62年・第150回入選1位受賞

【参加費】 一般1,000円 学生500円 
http://taiwankenkyuforumkansai.blogspot.com/
※ 事前にお申し込みください。
t.forum.kansai@gmail.com
恒例の台湾グッズが当たるお楽しみ抽選会もあります。


「日台交流基金」にご協力を!

 日本と台湾の文化交流を主とした新しい日台関係を築いていくため、台湾との豊かな交
流をめざす日本李登輝友の会は、李登輝元総統の「奥の細道」散策実現を掲げ、そのため、これまで政府に危害防止措置を含めた諸対応を要請するとともに、広く歓迎を呼びかけるなど、微力ながら力を尽くしてまいりました。

 お蔭様で、平成19年(2007年)には「奥の細道」探訪の旅として実現し、また同20年9月の沖縄訪問、同21年の東京・高知・熊本訪問も実現いたしました。しかし、奥の細道はまだ半分で、新潟から最後の岐阜・大垣まで残っています。また日本各地から講演要請や表敬訪問の依頼が届いています。

 つきましては、本会ではこれらの実現のため、また、さらなる日台交流を深める活動を
展開するため『日台交流基金』を設けています。5万円以上の篤志者の方には、李元総統
に縁したグッズなどお喜びいただけるようなものをお送り申し上げる所存です。趣旨にご
賛同いただける方はご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【日台交流基金 募金要項】

■ 1口=3,000円 (5万円以上の篤志者の方には特典!)

☆郵便局
 加入者名:日本李登輝友の会 口座番号:00110−4−609117
 ・通信欄に「基金」とお書き添えください。
 ・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
 ・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金
 記号−番号:10180−95214171 口座名:日本李登輝友の会

☆銀行
・みずほ銀行 本郷支店 
 普通:2750564 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

・三菱東京UFJ銀行 本郷支店 
 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬

・ゆうちょ銀行
 〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
 振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承ください。

■日本李登輝友の会[会長:小田村四郎]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ http://www.ritouki.jp/


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A 
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp ホームページ http://www.ritouki.jp/


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,