台湾:低温続きでマンゴーに深刻な病害

台湾:低温続きでマンゴーに深刻な病害
【3月7日 大紀元】

 台湾南部で今年、大陸からの寒気のために気温の低い日が続き、マンゴーの開花状況
にバラつきが見られ、うどんこ病も例年より多く発生している。行政院農業委員会台南
区農業改良場は今日、果物農家に果樹の開花状況に注意し、穂が出る前後にすぐに薬を
散布し、収穫に影響が出ないよう呼び掛けた。

 中央社の報道によると、台南区農業改良場場長・黄山内氏は、マンゴーの花穂期は炭
疽病やうどんこ病が侵入する病害期でもあるが、今年は低温続きの影響で、果樹園では
すでに例年よりも深刻なうどんこ病が発生しているとのこと。

 炭疽病は果実、花穂、まだ柔らかい葉や枝などに被害が出る。新芽は感染を受け易く、
まず赤い小さな斑点ができ、次第に大きくなり褐色の病斑になった後、最後に穴があく。
花穂は感染すると黒褐色に変色し、小花も褐色になって落ちてしまう。

 うどんこ病の主要発生時期は冬の終わりから初春にかけての低温で乾燥した時期で、
盛花期が最もよく発生し、花穂や未熟果の果梗に白い粉状のものが現れる。これが病原
菌の胞子で、まるで粉を塗したようになり、時間がたつとその部分は黒く変色し枯れ、
全ての花穂が完全に落ち、未熟果の果梗も落ちてしまう。

 このほかに黄氏は、マンゴーの予防治療薬は規定濃度、密度で使用し、抗薬性が付か
ないよう、薬は順番に違うものを使用する必要があることを指摘した。
                           (大紀元日本 翻訳・坂本)


●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。
 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!

 現在登録しているマガジン名やマガジンIDが分からない方は、下記アドレス宛に空
 メールをお送りください。折り返しメルマ!事務局からご登録マガジンの一覧が送ら
 れてきます。
 ■登録マガジンお取り寄せアドレス ⇒ maglist@melma.com


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , ,