台湾新幹線と中国高速鉄道  片木 裕一(李登輝学校日本校友会・前理事長)

台湾新幹線と中国高速鉄道  片木 裕一(李登輝学校日本校友会・前理事長)
7月23日に起こった中国の高速鉄道の追突・脱線事故は、死者40人以上を出す大惨事とな
って世界に衝撃を与えたが、それ以上に衝撃を与えたのは、高架から転落した追突した運
転席車両を砕いて埋めてしまったことだ。また、事故からたった1日半で列車の運行が再開
され、立ち入り禁止区域が拡大されたことだ。

 中国は常識では考えられない措置を次々と取り、マスメディアには「政府の懸命な人命
救助や市民による自発的な献血活動など、プラス面のニュースを中心に報道するように」
という趣旨の通達を出しているという。

 一方、気になるのは、台湾の高速鉄道(台湾版新幹線)だ。700系新幹線を基にした日本
製車両で、自動列車制御装置(ATC)も日本製を導入している。

 大の鉄道ファン(通称「鉄ちゃん」)で、台湾版新幹線の車両の型を民間で初めて制作
した片木裕一(かたぎ・ゆういち)氏(前本会理事、前李登輝学校日本校友会理事長)は、
昨日発行した「校友会通信」で日本から中国と台湾への新幹線輸出の違いについて書いて
いる。下記に紹介したい。

 ちなみに、報道によれば、台湾高速鉄道の技術担当者は「我々は日本と同じシステムを
使っている。あのような事故はありえない」と自信を見せ、「訓練用の模擬運転装置を使
い、追突を防ぐ仕組みを解説した。最高速度の時速300キロで運転中、前方に止まったまま
の列車があるとの想定。警報が鳴りATCが作動、ブレーキがかかり1キロ手前で完全停
止するまでの様子が公開された」(朝日新聞)という。

 台湾高速鉄道は、日本ばかりでなく、フランスやドイツの技術も入っていて、台湾側は
当時「ベストミックス」と言っていたことを思い出す。


台湾新幹線と中国高速鉄道
【校友会通信:2011年7月25日】

 先般、中国の浙江省温州市近郊で、高速鉄道の追突事故が発生し、多数の死傷者が出ま
した。お見舞い申し上げるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

 本件はすでにメディアで大々的に報道されていますが、折角の機会ですので、整理した
上で、台湾新幹線とも比較してみたいと思います。

 事故は23日午後8時50分頃、温州市内の永嘉之・温州南駅間の橋の上で、落雷事故の影
響で停止していた列車(回送列車、乗客はいない)に、後続の列車(営業運転中、1両100
人程度乗車している)が追突、後続列車脱線し、うち2両は橋の下へ転落、200人以上が死
傷した、というもの。

 停止していた列車は「CRH2型」という日本から正式にライセンス提供して中国で製造
されたもので、追突した列車は「CRH1型」というカナダのボンバルディア社から正式に
ライセンス提供して中国で製造されたもの。

 以上は複数のメディアの情報を整理したものであるが、追突して橋の下に落ちた車両は、
その塗装からCRH2型(=日本型)ではないかと思われます。

 そもそも正常に運行しておれば、CRH2型は温州でCRH1型を追い抜いていたとの指
摘もあります。

 さらに追突した列車の先頭車を、運転席にある「ブラックボックス」は回収したとして
地中に埋めた、とのことですが、これは先頭車の形状を意図的に隠した疑いがあると思わ
れます(反対側の先頭車は早々に撤収された)。

 そもそも中国への高速鉄道輸出は、台湾への新幹線輸出とは異なります。

 台湾へは12両編成30本・360両が輸出されたが、これらは全て「完成品」で、地震感知シ
ステムや自動制御システムも搭載しており、途中で打ち切りになったものの関係者の教育
訓練まで含んだ「トータルシステムの輸出」でした。すなわち、「新幹線」とは車両だけ
ではなく、設備やシステム、運行管理までを総合して初めて「新幹線」という訳です(万
一事故があれば、原因にもよりますが、日本側の責任も免れない)。

 一方、中国への輸出は8両編成60本・480両ということになっていますが、「完成品」は
僅か3本24両で、あとは設計図や仕様書に基づいて中国側で製造する契約(=正規ライセン
ス契約)となっています。ですから、それらの車両は「中国で作った」のは間違いではあ
りません。また、地震感知システムや自動制御システムは搭載されていません。従って、
あの車両(CRH2型)を「日本のE2のコピーだ」と言うのは適切ではないのです(万一、
事故があっても、製造自体は中国であり、制御システムに日本は関与していないので、今
回のような事故についての責任は全くない)。

 しかし、運転ミスであれ、システムのトラブルであれ、追突した方の列車が日本型だっ
たらどういうことが予想されるでしょうか。確かに日本企業に責任はないが、大規模な日
本叩きデモなどが発生することも考えられます。しかし日本を叩くと、それが「やっぱり
質悪なコピー」とのレッテルを貼られてしまう……。

 今後の経緯を見守りたいと思います。

                     李登輝学校日本校友会 事務局 片木裕一

[RelationPost]


● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
   http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
   http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
   http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
   http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
   文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いた
   だける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽
   にお申し込みできます。             (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
       TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , ,