台湾の呉外交部長が断交国は中国から何も得られなかったと5ヵ国のその後に言及

台湾の呉外交部長が断交国は中国から何も得られなかったと5ヵ国のその後に言及
台湾の呉釗燮・外交部長(外務大臣に相当)は台湾メディアに、台湾と断交した5ヵ国の例を挙げ、サントメ?プリンシペでは中国からの投資はいまも実現していないことや、ドミニカ共和国では中国に何度も農産品市場の開放を求めたが取り合ってもらえなかったなど、ほとんどの国が後悔している実態を明かしたという。大紀元紙の記事を下記に紹介したい。

 そういえば、9月16日に台湾と断交し、21日に中国と国交を結んだ南太平洋のソロモン諸島は、その翌日の22日、セントラル州が早くも北京に本社を置く中国森田企業集団と、同州のツラギ島全体と周辺の島々を経済特区の開発用に75年間貸し出す合意文書に署名したと報じられている。

 しかし、マライタ州のスイダニ州長はニュージーランドのラジオ放送局RNZに、利子の付かない助成金のみを受け入れると話し、中国の融資に対しては「借金となる海外からの資金提供に関わりたくはない。これは、よく知られている中国からの資金提供による『債務の罠』に陥る可能性がある」と警戒感を露にしているという。

 呉外交部長が明かす中国の切り崩し策が成功する理由は「中国が各国高官に直接、賄賂を渡している」ことだという。ソロモン諸島でも中国が国会議員を買収して断交を手引きしたとされる。

 さもありなん、習近平・国家主席が「賄賂狩り」を大義名分として敵対陣営の粛清を行ってきたことはよく知られている。中国における賄賂はすでに文化のレベルまで達していると言っていいかもしれない。切り崩したい国の高官をまず賄賂で落とすのも中国の常道だろう。しかし、待ち受けているのは「債務の罠」ということも浸透し始めている。ソロモン諸島のマライタ州のように警戒感を示すところも出て来て当然だ。

◆蔡英文政権下で台湾と断交した国(2019年9月20日現在)*国交締結国は15ヵ国

1)2016年12月21日:サントメ・プリシンペ民主共和国2)2017年6月13日:パナマ共和国3)2018年4月30日:ドミニカ共和国4)2018年5月24日:ブルキナファソ5)2018年8月21日:エルサルバドル共和国6)2019年9月16日:ソロモン諸島7)2019年9月20日:キリバス共和国

—————————————————————————————–台湾と断交した国、ほぼ「後悔している」=台湾外相【大紀元:2019年10月22日】

 この3年間、台湾と国交関係のある国が7つ減少した。呉釗燮外交部長(外相に相当)は19日、台湾メディアの取材に応じ、台湾と断交した国のほとんどが「後悔している」と述べた。

 呉外相は台湾と断交した国は「何も得られなかった」と5カ国の例をあげた。

 赤道付近に位置するアフリカの島国、サントメ?プリンシペは2016年、台湾に2.1億ドルの経済援助を要求したが、断られた。その時、中国が1.4億ドルの資金提供を約束し、サントメ?プリンシペは台湾と断交し、中国と国交を結んだ。しかし、投資はいまも実現していない。

 「台湾は同国でマラリア撲滅に取り組み、ほぼ成功していた。しかし、断交後、マラリアは再流行した」サントメ?プリンシペ国内から台湾との断交を後悔する声が上がっているという。

 2007年に台湾と断交したコスタリカでは、中国は当時、高速道路の建設に4億ドル投資すると約束し、着工式まで開催したが、10年経った今も計画は進んでいない。一方、中国と自由貿易協定(FTA)を結んだため、中国との貿易赤字は急速に上昇した。

 マラウイも約束された中国の投資が宙に浮いている。現地住民は押し寄せてくる中国人に収入源を奪われたとして、反中デモを何度も行った。

 「ドミニカ共和国とパナマからも断交を悔やむ声が聞こえてきた」と呉外相は述べた。ドミニカの高官は何度も訪中し、中国に農産品市場の開放を求めたが、取り合ってもらえなかったという。「わずかの国を除けば、ほとんどの国に対して中国は約束を果たしていない」

 呉外相は台湾と、そもそも国交のないエクアドルにも言及した。中国の投資で中国企業が同国でダムを建設したが、稼働からわずか2年後、7000カ所以上のひび割れが見つかった。このダムの総投資額は約20億ドル(約2350億円)にのぼり、そのうち17億ドルが中国からの融資だった。

 呉外相は中国の切り崩し策が成功する理由として、「中国が各国高官に直接、賄賂を渡している」ことを挙げた。

 「一つの中国」の原則を認めない蔡英文総統が就任後、中国共産党政権は台湾の友好国に経済援助を約束し、台湾との断交を迫った。その結果、2016年にサントメ?プリンシペ、2017年にパナマ、2018年にドミニカ共和国、ブルキナ?ファソ、エルサルバドル、2019年9月にはソロモン諸島とキリバス、などの7カ国が相次ぎ、台湾との国交を断絶し、中国と国交を樹立した。現在、台湾と国交関係のある国は15カ国となり、アフリカではエスワティニ王国のみとなっている。

                                  (翻訳編集・李沐恩)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキは在庫がなくなりました。ご迷惑をお掛けしますが、入荷できるまでしばら
 くお待ちいただきますようお願いします。【2019年9月13日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,