三田裕次氏の逝去を悼む  王 明理

三田裕次氏の逝去を悼む  王 明理
去る11月22日、「市井の台湾史研究者」として日台双方でその名が知られていた三田裕次(み
た・ゆうじ)氏が胆管癌のため郷里の広島で逝去された。65歳だった。これまでのご指導に心から
感謝申し上げるとともに謹んで哀悼の意を表します。

 三田氏にはかつて本誌で「三田裕次の一口コメント」を連載していただいたことがある。三田氏
から台湾関係書籍に関してのコメントを何度となく見せていただき、 そのたびに切り口の鮮やか
さと、核心をつく簡潔な表現力に驚かされ、まさに「具眼の士」ここにありという思いが募り、三
田氏にお願いした次第だった。

 三田氏は、1993年(平成5年)から日本で出版された台湾関係書籍のほぼ全てを台北の呉三連台
湾史料基金会に納本されていた。それもジャンルを問わず、すべての本に目を通した上、簡単なコ
メントを付けて送られていた。

 また、2012(平成24)年には郷里広島の広島大学図書館に「最後まで手元に残していた台湾関連
書籍」約1,400冊を一括寄贈されてもいる。

 本当に心の熱い方だった。「三田裕次の一口コメント」を掲載した折に、三田氏ご自身が書かれ
たプロフィールをご紹介するとともに、昨日のメルマガ「台湾の声」に王明理さんが追悼の記を書
かれているので併せてご紹介したい。

                  ◇  ◇  ◇

三田裕次(みた ゆうじ) 台湾史研究家。日本国広島人、昭和24年(1949年)生まれ。同45年
(1970年)、学生時代に初訪台し、その後、某日本総合商社に勤務しつつ30年以上にわたって台湾
に関与。平成5年(1993年)から日本で出版された台湾関係書籍のほぼ全てを、台北の呉三連台湾
史料基金会に納本。納本に際しては、ジャンルを問わずその全てに目を通して、簡潔を旨とする
「三田式コメント」を添付。


三田裕次氏の逝去を悼む

                                        王 明理

 台湾史研究者で台湾関連書籍収蔵家、三田裕次さんが11月に逝去された。まだ65歳の若さでいら
した。三田さんは日本と台湾の台湾関係の研究者の間では、知らない人のない特別の存在であっ
た。最近でこそ、台湾研究をする人たちが増えてきたが、三田さんはまだ日本人がほとんど台湾に
関心をもっていない時代の、パイオニアであった。

 大学時代に台湾に旅行に行ったことをきっかけに、台湾に深い関心を持つようになった三田さん
は、やがて、台湾が言論統制下にあって、台湾人は自分たちの歴史も学べない状況にあることを憂
えるようになった。そして、台湾の友人たちが来日した時に、台湾についての本を読めるように
と、私費をはたいて台湾関係の書籍を集めるようになった。生涯を通じて集めた書籍は数千冊にも
のぼる。

 大学卒業後、大手商社丸紅に就職した三田さんは、1981年から6年半の間、台湾に赴任すること
になった。その間、ますます台湾についての知識を深め、会社が休みの土曜日に、大学で日本語を
教えた。帰国後、その時の教え子や留学生たちが三田さんを慕って訪ねてくるようになり、ついに
1991年から、自宅を開放して月に一回勉強会を開くようになった。王育徳の『台湾―苦悶するその
歴史』もテキストとして使われたことで、我が家とは御縁ができた。日本の会社員が台湾人に「台
湾史」を教える私塾として、日経新聞にも紹介されたことがある。(1994年7月27日文化面)奥様
も献身的に三田さんに協力され、勉強会のあとは、留学生たちに手料理をふるまわれた。

 三田さんは、長い台湾研究のキャリアを持ちながら、常に探究心旺盛で、間違いを指摘すること
に躊躇しなかった姿勢も、立派であったと思う。

 私のことは「文学“元”少女」と言って応援して下さり、お元気な時には、毎日のようにメール
を下さった。「この本を読んでおきなさい」とか「この文章のここは間違っているから、鵜呑みに
しないように」と。最近では特に、広島の原爆ドームや台北の228紀念館の前で、ピースサインを
しながら写真に納まる人に憤慨されていた。皆が見過ごすことにもきちんと向き合う純粋な人で
あった。もっともっと色々教えて頂きたかったのに、本当にもったいなく残念に思う。

 今年の10月に亡くなられた張炎憲氏と三田さんは若い頃から親交があったが、奇しくも日本と台
湾で、同時に、重要な研究者を失ったことになる。

 数千冊にのぼる台湾関係の書籍は、三田さん自身の手で、「里子に出すような思い」で、この数
年間にほぼ寄贈を終えている。所蔵先は政治大学台湾史研究所、淡江大学図書館、広島大学などで
ある。

 三田さんは、真摯に台湾に向かいあって下さった台湾の恩人である。心から御冥福をお祈り申し
上げます。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/
ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●台湾ビール&フルーツビールが在庫切れのため案内を一時中止します!
入荷は1月上旬から始まる予定です。詳細が分かり次第ご案内いたします。

●第2弾:台湾向け「りんご」お申し込みフォーム【締切:2015年1月20日(火)】*new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

● 李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , ,