リニューアルオープンした新竹市立動物園に見る日本 河津桜や初の日本人職員

リニューアルオープンした新竹市立動物園に見る日本 河津桜や初の日本人職員
李登輝元総統が石垣市を訪問された2016年、上野動物園と新竹市立動物園が10月21日に「友好交流協議書」を締結しました。この新竹市立動物園が2年半の改修工事を経て12月28日にオープンし、記念式典には、総統選挙のさなかを縫って蔡英文総統も駆けつけたそうです。

 台湾の動物園でもっとも歴史を有しているのは、1914年(大正3年)に開園した前身の円山動物園時代を含めると105年の歴史を持つ台北市立動物園ですが、1936年(昭和11年)に開園した新竹市立動物園は場所が移転していない動物園としては台湾でもっとも古いそうです。

 また、新竹市(林智堅市長)といえば2003年4月、日本と台湾の市レベルで初めて岡山市と「友好交流都市協定」を結んだことでも知られています。新竹市立動物園の隣に広がる新竹公園の中には姉妹館という日本家屋も建てられていて、岡山市との交流を伝えています。

 2003年2月には日本から約150本の河津桜が贈られ、それを「新竹の桜守」と言われる楊根棟さんたちが接木で増やし、今では2,000本ほどにも増え、桜の時期には町を挙げて新竹公園で「桜祭り」を開くほどになっています。

 実は、新竹市立動物園内にもたくさんの河津桜を植えられていて、台湾のいわゆる「山桜」(寒緋桜)と一緒に咲く光景は「日台共栄」を象徴しているかのようで、本当に見応えがあります。また、動物園の入口には象の長い鼻をあしらったユニークなデザインの門が日本統治時代のまま残され、園内には新竹神社の境内にあった石灯籠も移されていて、日本人には懐かしさを覚える場所となっています。

 なお、新竹市立動物園のリニューアルに当たっては、「友好交流協議書」を結んだ上野動物園の岡元友実子さんが同園初の外国人職員としてリニューアルに携わったそうで、中央通信社が報じています。また、リニューアルした新竹市立動物園の見どころなどを記事にしていますので、併せて下記にご紹介します。

 河津桜は1月下旬くらいから咲き始める早咲きの桜で、本会はこれまで「台湾・桜ツアー」や李登輝学校研修団でも立ち寄り、新竹市のみなさんと交流を深めてきています。

 毎年、2月10日前後に開かれる「桜祭り」とともに、リニューアルした新竹市立動物園を訪ねられることをお勧めします。

◆中央通信社:新生・新竹動物園28日開園 改革に尽力した日本人、喜び語る[12月27日] http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201912270009.aspx

—————————————————————————————–リニューアルした新竹動物園 見どころは新概念と歴史感【中央通信社:2019年12月28日】http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201912280005.aspx

 (新竹中央社)日本統治時代の1936(昭和11)年に開園した北部・新竹市の市立動物園が、約2年半の大規模改修を経て28日、リニューアルオープンした。開園83年という長い歴史を大切にしつつ、動物たちが暮らしやすい環境を目指した同園の見どころをピックアップして紹介する。

▽復元された「2番出入り口」と「噴水」

 同園の資料によれば、新竹公園の池に程近い2番出入り口は、日本人設計士がドイツ・ハンブルクのハーゲンベック動物園を手本にしてデザインしたもので、1949年に落成した。復元に当たっては、専門家に鑑定を依頼し、当初の色合いを忠実に再現したという。同時期に造られた噴水も本来の姿を取り戻した。いずれも同市の文化財に登録されている。

▽新しい概念の「食物森林」

 市街地に住む動物や昆虫に食べ物と自然に近い生息地を提供することなどを目的に設けられたエリア。約310坪の敷地に約80種類、6000本余りの植物が植えられ、池や堆肥化容器なども設けられた。

▽日本統治時代の施設 残ったものと消えたもの

 生まれ変わった同園の中で、今も日本統治時代の名残を伝えているのは、大正時代に創建された新竹神社の境内にあった石灯籠だ。第2次世界大戦で戦火を免れ、戦後に同園に移されたのだという。このほか、開園当時からあるという足洗い場も元の姿をとどめている。一方、ウオミミズクを展示していたドーム型のゲージは取り壊され、跡地には記念の彫刻が飾られた。

▽動物本位の新環境

 同園のスターはカバの「楽楽」(メス)。従来の鉄格子とコンクリートのおりから解放され、砂場や池がある新しい環境での暮らしを堪能しており、水に浸かったり餌を食べたりする楽楽の様子をさまざまな角度から楽しめる。マレーグマやベンガルトラ、オランウータンなどの展示場でも柵は取り払われ、より自然な姿を見ることができる。

                               (魯鋼駿/編集:塚越西穂)


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*『パイナップルケーキ』は予定どおり11月末に入荷し、検疫も通過しましたので、12月11日から
 配送できるようになりました。(2019年12月10日)

*『台湾産天然カラスミセット』の在庫が切れました。ご迷惑をお掛けします。入荷の見込みが立
 ち次第ご案内申し上げます。(2019年12月10日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,