ひまわり学生運動一周年に関する産経新聞の記事について 王 明理

ひまわり学生運動一周年に関する産経新聞の記事について 王 明理
どうも産経新聞の台湾報道がおかしい。違和感を覚える記事が少なくない。例えば、3月23日付
掲載の「隠れた『新住民』問題」という見出しを付した「台湾有情」で「台北市の柯文哲市長がま
た『失言』をした」と書き、柯市長の発言を批判している。

 確かに柯市長は「女性蔑視」ということで、何とか足を引っ張ろうとする反柯市長勢力からここ
ぞとばかり叩かれた。しかし、「新住民」というテーマなら、柯市長の発言もさることながら、李
登輝元総統が常々言っている「新台湾人」を引き合いにしてもよかったのではないか。

 ましてや、柯市長は本当に女性を蔑視しているのか、これまでの発言を確認してから記事を書い
て欲しいと思ったのは編集子だけではないようだ。これでは、柯市長叩きにやっきとなっている勢
力の代弁者とみられても致し方あるまい。

 王明理さん(台湾独立建国聯盟日本本部委員長、本会理事)も産経の台湾報道に違和感を覚えて
いたようで、ひまわり運動を取り上げた3月18日付の記事について「もう少しよく台湾の現状を見
て報告して頂きたい」と苦言を呈している。メルマガ「台湾の声」から転載してご紹介したい。


ひまわり学生運動一周年に関する産経新聞の記事について 王 明理
【メルマガ「台湾の声」:2015年3月22日】

 3月18日付産経新聞、田中靖人氏の「台湾 立法院学生占拠から1年」と題する記事について、
少々私見を述べさせていただきたいと思います。

 大きい見出しの「第3勢力の台頭遠く」と小見出しの「学生らは散り散りに」は、読者にひまわ
り学生運動が単発的な行動であったことを印象づけてしまいますが、これは現実に即していませ
ん。

 学生たちは昨年の4月10日に3週間に亘る議場選挙を終了した後も、形を変えて活動を継続してい
ますし、さらに年下の学生たちにバトンタッチされています。

 立法院内で活躍したある若者はこのように話しています。

 「これはビッグバンと同じで、大爆発の後どんどん新たな星雲を形作り膨張していくんです
よ。」

 台湾では今、若者達も中高年も日本語世代も同じ気持ちで前を向いています。様々な政党や団体
が出来て、次の立法院選挙に向けて活動を開始しています。かつて不毛であった地に、若い芽が幾
つも出て育っているのです。それを「学生たちは散り散りに」と表現しては、日本の読者に誤解を
与えてしまいます。

 そもそも、国民党、民進党に対抗する第三勢力を結集することが目的で始めたことではないので
すから、「第3勢力の台頭遠く」と決めつけ、大きな見出しにするのは早急だし、意味がありませ
ん。

 もう一点、結びの文章の“「台湾人意識」が強い若年層には、「台湾独立」を掲げていたはずの
民進党が対中関係で軟化していると映るようだ。”という一文も、にわとりと卵の順序が逆です。

 民進党が台湾独立を掲げなくなったのは、選挙戦術でした。それでは、民進党の民進党たる所以
を自ら否定したことになり、存在意義が分からなくなってしまいました。しかし、彼らの苦渋もよ
く分かります。

 「台湾独立と言ったら武力侵攻するぞ」と中共に脅されている状態では、「台湾独立」より「現
状維持」を望む国民が2008年、2012年当時は大多数だったのです。「選挙に勝つためには中国とう
まくやっていけることを見せなければならない」という戦術を取らざるを得なかった。

 ところが、台湾人が「現状維持」のために国民党を選んだ結果、馬英九の傾中政策により、中国
の脅威が増して現状が維持できなくなったのです。そして、皮肉なことにその危機感から「台湾人
意識」が前より強くなり、若者が立ち上がったのです。「民進党が対中関係で軟化している」とい
う現在進行形のような書き方は間違いだと思います。民進党は今、大いに悩んでいるはずです。

 産経新聞は、古くから、台湾人の頼りとするメディアです。だからこそ、もう少しよく台湾の現
状を見て報告して頂きたいと思うのです。

(執筆者は台湾独立建国聯盟日本本部委員長)

                  ◇   ◇   ◇

 産経新聞オンライン版の記事(新聞では大きい見出しになっていた「第3勢力の台頭遠く」と小
見出しの「学生らは散り散りに」は、オンライン版にはない):

「台湾が中国の一部にならないで」議場占拠1年 中台接近に歯止め
「第三勢力」台頭はならず
【産経新聞:2015年3月17日】

http://www.sankei.com/world/news/150317/wor1503170051-n1.html

写真:立法院に突入した際の状況を、地図を書いて説明する清華大大学院生の黄郁芬さん=12日、
   台北市内(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】中国とのサービス貿易協定に反対する学生らが立法院(国会に相当)を占拠
した「ヒマワリ学生運動」は18日で1年を迎える。反中感情と政治不信を背景に起った運動は、若
年層の政治参加意識を高め、統一地方選の与党大敗で中台の急速な接近に歯止めをかけることにつ
ながった。だが、占拠後の運動自体は分散化し、予想された「第三勢力」の台頭には至っていな
い。

「議場は真っ暗で、見えたのは非常口の明かりだけ。(突入に)成功すると思っていなかった」

 昨年3月18日夜、議場に最初に入った学生の一人、清華大大学院生の黄郁芬さん(25)はこう振
り返る。前日の委員会審議が「30秒」で打ち切られ、危機感を持った黄さんを含む学生団体の幹部
らは18日午後、突入を決めた。「私の世代で台湾が中国の一部になってほしくない。突入すれば新
聞に載り、時間を稼げる。その間に次の行動を考えるつもりだった」。

 運動は想定を超えて広がった。求めていた協定の「撤回」は実現しなかったが、黄さんは「全台
湾の一人一人が立ち上がって社会を変えた。当初の要求の成否より、その意義の方が尊い」と総括
する。

 昨年末の統一地方選で馬英九政権の親中政策に「ノー」を突きつけ、与党、中国国民党を大敗に
導いたのも、運動に刺激された若者だとされる。だが、1年後の現在、参加した学生や市民がメ
ディアなどで期待が高まった「第三勢力」と呼べるほどの政治力を確立するに至っていない。

 学生らは占拠終了後、複数の団体に分散。指導者の一人は今年2月の立法委員(国会議員)補欠
選に出馬を表明したが、過去の痴漢行為を批判され表舞台を去った。最も注目された林飛帆氏
(26)は、兵役代替服務で活動を“休止”している。運動を支援した弁護士の頼中強氏は15日のシ
ンポジウムで、運動は主張の異なる市民や学生の団体が一時的な危機感で団結したもので、「単一
団体への組織化はすぐにはできない」と指摘した。

 若者の政治意識の高まりが、運動を応援した野党、民主進歩党への支持に直結しているとも言い
難い。参加した社会運動家らが、複数の新政党や無所属で立法委員選への出馬準備を進めているこ
ともその証左だ。

 1月に政党「時代の力」を設立した林[永日]佐党首(39)は「民進党は結党約30年でしがらみが
多く、主張も矛盾している」と批判。黄さんも「私たちが行動したのは、民進党が協定を阻止でき
なかったからだ」と語った。「台湾人意識」が強い若年層には、「台湾独立」を掲げていたはずの
民進党が対中関係で軟化していると映るようだ。

【用語解説】ヒマワリ学生運動

 中国とのサービス貿易協定の批准に反対する学生ら約300人が立法院の議場を23日間、占拠した
運動。支持者が届けたヒマワリが名前の由来。民進党は占拠を支持し、周辺では「50万人」という
支援デモも行われた。学生らは協定の条文ごとの再審査と中台交渉の監視法制定を条件に退去し
た。協定は現在も批准されていない。香港の学生デモにも影響を与えたとされる。

※台湾の声編集部註:林[永日]佐とは、台独ヘビメタバンド「ソニック」のフレディーのこと。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,