ついに起きた中国新幹線、大事故。浙江省温州付近の鉄橋から落下  宮崎 正弘

ついに起きた中国新幹線、大事故。浙江省温州付近の鉄橋から落下  宮崎 正弘
死傷者多数。「世界一安全」って豪語した直後、この事故が持つ意味は?

【宮崎正弘の国際ニュース・早読み(通巻3375号):平成23年(2011年)7月24日】

 2011年7月23日午後8時半ごろ、浙江省温州から福建省福州へ向かっていた「和諧号」(い
わゆる中国新幹線)が豪雨と落雷の中、先行する列車に追突。高架橋から列車が30メート
ルほど下へ落下して多数の死傷者がでた。

 報道に依れば、落下した列車はD3115、杭州発福州行き。

 手元の中国鉄道時刻表で調べたら、D3115は杭州を16時40分に発車、福建省の福州南着
が21時45分となっている。

 筆者はこの列車に乗った記憶があるので(それも今年の3月ごろ)、保管してある切符を
調べた。

 筆者の乗ったのは3月9日、杭州を午前7時2分にでたD5587で、一度、温州で降りた。温
州で取材後、つぎに温州南発14時57分のD3107に乗っていたことが分かった。

 時刻こそは違うとはいえ、同じルート。身震いがする。

 中国新幹線はチケットの種類で時速が異なり、北京―上海間の超特急新幹線は「G」で
示される。また城際新幹線というのは短距離を疾駆する新幹線で「C」で表示される(た
とえば北京―天津)。

 事故を起こした新幹線は「D」で示されているように「動車」を意味する。一般的には
従来線のレールに時速250キロ前後の車両を奔らせる区間も多い。こんかいの事故の列車は
新しく敷設したルートと推測される。

 しかし予測されたとはいえ、はやくも中国新幹線の頓挫を示唆している。安全を無視し
たスピード第一主義と手抜き工事。地盤改良工事をそこそこにしての繰り上げ開業、イン
フラの未整備。まるで中国経済のいびつな構造そのものを新幹線事故は象徴してはいまい

[RelationPost]


● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
   http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
   http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
   http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
   http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
   文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いた
   だける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽
   にお申し込みできます。             (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , ,