『台日国際シンポジウムIN台湾』のご案内(申込締切:10月31日)

『台日国際シンポジウムIN台湾』のご案内(申込締切:10月31日)
李登輝前総統が主宰するシンクタンク「群策会」主催のシンポジウム

 李登輝前総統の理念に共鳴して日台交流に努めてまいりました私ども日本李登輝友の
会は、今般、李登輝前総統が主宰するシンクタンク「群策会」主催の台日国際シンポジ
ウムの日本側窓口を承り、これを受けて各界の専門家を編成しました。このシンポジウ
ムでは日本と台湾の有識者が登壇しますが、日本からの聴講も大歓迎とのことです。

 つきましては、台湾の現状や問題点を知る絶好の機会と思いますので、ご都合のつく
方は是非ご参加いただきますようご案内申し上げます(日本語通訳つき)。

 2007年10月吉日
                               日本李登輝友の会


日  程:11月 9日(金)午後便(CI-017便、14:20発)で台北へ
       10日(土)シンポジウム聴講
       11日(日)シンポジウム聴講
       12日(月)午後便(CI-104便、14:20発)で帰国

主  催:群策会(日本側窓口=日本李登輝友の会)
     シンポジウムのテーマは「貧富格差の是正と、社会的弱者救済(社会保障)
     制度」。10日には李登輝前総統の基調講演、続いて日本・台湾の有識者がパ
     ネリストとして登壇します。日本側のパネリスト・コメンテーターは以下の
     とおり(敬称略)。
     
     ●貧富格差の是正:
      大矢野 栄次(久留米大学経済学部教授)
      中津川 博郷(前衆議院議員)
      宮崎  正弘(評論家)
      藤井  厳喜(国際問題アナリスト)
     ●社会的弱者救済制度:
      天目石要一郎(武蔵村山市議)
      新田目 夏実(拓殖大学国際開発学部教授)
      善家 ひろ子(武蔵村山市議)
      小磯   明(東京都議会議員)
      宇田  晴夫(介護施設経営者)

参 加 費:会 員=成田発シングル 89,240円 成田発ツイン 74,240円
     非会員=成田発シングル 99,240円 成田発ツイン 84,240円

     注:参加費には空港利用税や燃料特別税(10月1日時点で15,240円)が含ま
       れます。

定  員:30名

申込締切:10月31日(但し、定員になり次第、締め切らせていただきます)

出 発 地:成田空港発のみ

航空会社・宿泊:チャイナエアライン・圓山大飯店

申込方法:申込書に必要事項を記載し、パスポートのコピーとともにFAX、メールに
     てお願いします。お申し込みいただきましたら、所定の書類を送付いたしま
     す。
     注:パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限が2009年(平成20年)5月
       12日以降]が必要ですので、必ずご確認願います。

■お申し込み・お問い合わせ
 日本李登輝友の会事務局:片木、薛
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


「台日国際シンポジウムIN台湾」申込書

・ご 氏 名:
・性  別:(男・女)
・年  齢:  歳
・会員番号:
・ご連絡先:(電話)
・宿泊希望(○で囲む)シングル   ツイン
・ご住所 〒
・FAX
・E-mail

*お申し込みの方は、申し込みと同時にパスポートのコピーをお送りください。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,