「読者の声」 NHK「のど自慢IN台湾」を見て

「読者の声」 NHK「のど自慢IN台湾」を見て
●NHK「のど自慢IN台湾」を見て  冨澤 賢公(千葉県)

 先月、待望の「NHKのど自慢IN台湾」が開催されました。

 その開催請願署名運動で友人、一族郎党、はては仕事先など、120名ほどの署名を集めた
ものとして喜ばしいことでありました。

 署名をしてくれた方達にメールを送ったり、ハガキを出して御礼とともに開催をお知ら
せをもいたしました。また、放送一月以上前から楽しみにして、本メルマガに毎日開催の
お知らせを乞うたほどであります。

 出演者は日本時代を生きた台湾人の古老がたくさん出て、日本時代の良さを懐かしむよ
うな話をしたりといった場面を私は創造しました。

 ところが、そのような事は一切ありませんでした。意に反して、台湾の若い人が多く出
て、また台湾で仕事で活躍している日本人の出演者が多かったことに驚きました。

 私のように思った方が居られるかどうかわかりませんが、少々がっかりしました。台湾
ファンとしての特別な先入観で期待をしていました。

 考えてみれば出るほうも見るほうも、日本に住んでいる日本人ばかりが対象ではなく台
湾の方達が主役なのでした。放送をご覧になられた、台湾にさして興味の無かった方達の
感想を聞いてみたいものです。

 そういえば、私は台湾に行くと、日本語の話せる日本時代の教育を受けた方達とばかり
御付き合いが多かったように思えます。若い方でも日本語の話せる方ばかりとの御付き合
いでした。そして、日本語世代の日本時代のいい話しばかりを聞き舞い上がっていたよう
です。

 だから、何度も台湾に行っているのに台湾語も、北京語もろくに覚えずに今に至ってい
ます。せっかく知り合っても言葉が通じなければ疎遠になっていくものです。これは反省
しなければならないことだと思いました。

 台湾の若い人々は、のど自慢に出演した方を見てもなかなか流暢な日本語を話していま
した。時代はどんどん変わっています。これからの台湾を背負っていくのは若い方たちな
のです。

 日本大好きの若い人はたくさん居ます。そういう方達とのお付き合い、意見の交流、コ
ミュニケーションが必要なのではないでしょうか。

 日本語世代の方達を大切にしなければならないのは大事なことです。しかし、その方達
は残念なことに、あと数年で激減してしまう運命にあります。

 そのあと、大好きな台湾とのお付き合いをするには、やはり台湾語や北京語が必要にな
ってくるのではないでしょうか。

 反省とともに本放送に出られなかった方達の、予選会の場面を見たかったと未練がまし
く思う次第であります。

 東日本大震災に対しての台湾からの多大なる義援金並びに支援物資や御見舞いをいただ
きました。

 最後になりましたが、岩手県釜石市の身内に津波の犠牲になったものが多数いたものと
して、心から御礼申し上げる次第であります。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ HP:http://www.ritouki.jp/

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

● 野口健講演「台湾からの再出発」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただける
方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお申し込み
できます。                    (日本李登輝友の会事務局)

・ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
・ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , ,