「台湾を通して日本を見る」酒井充子監督、作品への思い インタビュー

「台湾を通して日本を見る」酒井充子監督、作品への思い インタビュー
【中央通信社:2019年4月4日】http://japan.cna.com.tw/search/201904040001.aspx?q=%E9%85%92%E4%BA%95

 (台北 4日 中央社)20年近くにわたり台湾の人々を取材し、ドキュメンタリー映画を制作している日本人映画監督、酒井充子さん。酒井さんは先月下旬から、台湾本島をぐるりと一周する巡回上映会を開催している。「台湾を考えることは日本を考えることでもある」と語る酒井さんは先月末、台北市内で作品作りへの思いを語った。

▽台湾での出会い、台湾に対する無知から映画作りへ

 日本統治時代に日本語で教育を受けた「日本語世代」と呼ばれる人々が日本に抱く思いをまとめた「台湾人生」(2009年)、戦後の台湾にスポットを当てた「台湾アイデンティティー」(2013年)など、日本統治下を生きた台湾の人々の姿を追ってきた酒井監督。元々映画が好きで、台湾映画を含め世界各国の作品を見ていたが、その中でツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督の「愛情萬歳」に出会い、同作の舞台になった台北を見てみたいとの気持ちが生まれた。そして初めて台湾を訪れたのが1998年。その旅行での出会いが、以後20年以上続く「台湾のことしか考えていない」生活の始まりになった。

 訪れた台北郊外・九フンのバス停で、70代くらいの男性から、日本統治時代に世話になった日本人教師の話をされた。その時おじいさんが「先生に今でも会いたい」と語っており、戦後50年以上経っているにもかかわらず、そのような思いを抱える人が台湾にいることに衝撃を受けた。(フン=にんべんに分)

 以前は台湾について何も知らなかったという酒井さん。知っていることと言えば、教科書に載っていた、1895年の下関条約で台湾や澎湖諸島が清から日本に割譲されたという歴史的事実のみ。「知らなすぎることに対する自身への怒り」が「伝えたい」との思いを生み、自身を映画制作へと突き動かすエネルギーになった。

 当時は北海道で新聞記者をしていた酒井さん。後に函館の映画祭の取材で映画人との交流が生まれたのも、映画監督に転身するきっかけになった。2000年に新聞社を退職し、2002年から日本と台湾を行き来しながら取材を行っている。

▽台東を舞台にした「台湾萬歳」 撮影を縁に故郷との懸け橋に

 2017年に日本で公開された「台湾萬歳」は、東部・台東を舞台に、そこでまっすぐに生きる人々の姿を通じて「変わらない台湾」を描いた。酒井さんは、日本統治下も、戦後の国民党政権によって戒厳令が敷かれていた時代も、台湾の人々にとっては困難な時代だったと指摘する。そんな困難な時代を乗り越えてきたからこそ今の台湾があるとし、同作では「その原動力を伝えたい」と力を込める。

 「台湾萬歳」を上映する今回の台湾一周上映会では、3月20日から4月7日までの約半月で東から西、北から南まで、トークイベントを含めて計17カ所をめぐる。台東の個人書店「晃晃二手書店」がネットワークを通じて声掛けを行い、それに各地の個人書店などが手を挙げてくれたことで実現した。酒井さんにとっては初めての試みだ。上映会では観客から「日本人のあなたがこの映画を撮ってくれてすごくうれしい」という言葉をもらい、「この映画を作ってよかった」と感じたという。

 撮影を機に、酒井さんは台東と故郷の山口県周南市をつなぐ懸け橋になろうと考えている。「台湾萬歳」の撮影地となった台東の高校や商工会が周南市を訪問したり、台東で2017年夏に行われた「台湾萬歳」の上映会に周南市の人々が参加したりと、酒井さんの作品を通じて両県市で民間レベルの交流が生まれた。一過性のものではなく、「細くても長く続けていけないか模索中」と目を輝かせた。

 次回作の題材は台東の離島・蘭嶼。現在は取材を進めている段階で、来年末の完成を予定する。これまで「台湾を通して日本のことを見る」ということを作品作りを通じて行ってきたという酒井さんは、「蘭嶼と台湾本島の関係性は、日本における沖縄と本土の関係性に似通ったところがある」と考察する。「蘭嶼を見ていくことで日本も見えてくるのではないか」と意欲を見せた。

▽ドキュメンタリー制作 「台湾を考えるきっかけに」

 近年、台湾では「湾生回家」(ホァン・ミンチェン監督)や「海の彼方」(黄インイク監督)など日本統治時代の歴史を背景にしたドキュメンタリーが相次いで公開されている。その理由について「当時を知る人がそろそろいなくなってしまうという危機感」が大きな要因なのではないかと酒井さんは推察する。自身が取材を始めた当時はそういった危機感はなかったが、「台湾人生」の完成からこの10年で取材対象者が相次いで亡くなり、「ラストチャンスだったんだ」と振り返ってみて感じたという。

 1本の映画がきっかけで、台湾に関するドキュメンタリーを手掛けるようになった酒井さん。「(自身の)作品をきっかけに、台湾のことを思ったり考えたりする人がいればいいな」。そんな思いで映画を撮り続けている。

                                      (名切千絵)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*本会でご案内してきた台湾の高級調味料XO醤は、このほど台湾メーカーの都合により日本へ出
 荷できなくなったことが判明しました。今後も入荷できない状況となりましたのでご案内を取り
 止めます。ご了承のほどお願いします。(2019年4月16日)

● 2019年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,