NHK「JAPANデビュー裁判」の第11回公判

NHK「JAPANデビュー裁判」の第11回公判
日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載

NHK「JAPANデビュー裁判」の第11回公判は3月2日(金)13時30分開廷
   パイワン族原告の陳清福氏が証人として出廷 華阿財氏も同行

NHK「JAPANデビュー」裁判 第11回公判

◆日 時:平成24年3月2日(金)午後1時30分開廷
◆場 所:東京地方裁判所 103号法廷

 NHKが平成21(2009)年4月5日夜に放送した「NHKスペシャル シリーズ JAPA
Nデビュー・第1回“アジアの一等国”」は、日本統治時代に日本がいかに台湾人を差別し
弾圧したかを描き、多くの識者から内容の偏向と共に「やらせ」や「捏造」などの恣意的
編集が指弾され、損害賠償を求める裁判が起こされている。

 周知のように、裁判の原告は本会の小田村四郎会長や番組に出演したパイワン族の高許
月妹さんなど1万355人にも及び、日本裁判史上最大の原告数となっている。

 また、裁判の弁護団には約30人の弁護士が名を連ね、南京裁判などで著名な高池勝彦
(たかいけ・かつひこ)弁護士が団長となり、荒木田修、尾崎幸廣、勝俣幸洋、田中禎
人、溝呂木雄浩、山口達視の各弁護士が協議を重ね、毎回、裁判に出席している。

 平成22(2010)年2月15日に第1回公判が開かれて以来、次回で第11回目を数えるが、い
よいよ裁判も大詰めを迎え、次回公判には番組取材に協力したパイワン族原告の陳清福氏
が、同じくパイワン族原告の華阿財氏と来日し、証人として出廷、原告側から1時間、被告
側から1時間の証人尋問を受ける。

 第12回目の公判では、台湾で取材した島田雄介・NHKディレクターの証人尋問が行わ
れる予定で、今回は陳清福氏、次回の島田ディレクターと続く。高池弁護団長によれば
「最後の山場」だそうで、多くの方に傍聴いただきたい。

 裁判を傍聴される方は、裁判が始まる10分くらい前(午後1時20分)までに103号法廷に
入っていただきたい。また、東京地裁に入るには金属探知機を通る以外の検査はなく、身
分証明書なども必要ない。

 なお、陳清福氏は平成22年7月に「意見陳述所」を東京地方裁判所に提出している。ご参
考まで下記にご紹介したい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
NHKにねじ曲げられた私の通訳  陳 清福(パイワン族原告)

 NHK「JAPANデビュー」裁判の原告側弁護団(高池勝彦団長)が東京地方裁判所
に提出したパイワン族原告である陳清福氏の「意見陳述」(平成22年7月)をご紹介しま
す。

 なお、この「意見陳述」には見出しがないため、本誌掲載に当たっては「NHKにねじ
曲げられた私の通訳」と付けたことをお断りします。

—————————————————————————————–
意見陳述

                                    陳 清福

1 私は、NHKの人達を3日間にわたって接待し、高士村(クスクス村)を案内し、高許
 月妹さんらを引き合わせました。

  NHKの人達は近くのホテルに泊まっていて、3日間にわたってクスクス村に通って来
 ました。私は、その間村の各所を案内し、昔あった神社の跡地も案内して行きました。
 そして、その神社を再建するのが私の夢であると話しました。そのほか、戦前の日本人
 は良い人が多かったと言いました。日本人のことをほめればNHKも日本人だから喜ぶ
 と思っていましたし、本当のことだったから一生懸命に話をしましたし、接待したので
 す。

  NHKの人は熱心に聞いてくれているように思いました。カメラ撮影や録音もしてお
 りました。

2 私自身少年時代を日本人として育ち、日本語もしゃべれますし、日本には良い感情を
 抱いております。3日間も取材を受けたのですから、神社再建のことを初め、日本に対す
 る良い思い出話をたくさん話したのに、それは全く放送されませんでした。

  私は、NHKの人から「人間動物園」とか「展示」とか「見せ物」という言葉は聞い
 ておりません。そのような言葉を聞いたら、私もパイワン族の一人ですからびっくりす
 るし、腹が立ちますから覚えているはずです。

  私が放送に出たのは、私の自宅の中で、NHKの人が高許月妹さんに話を聞き、その
 返事を私が通訳したときの言葉だけでした。

  その言葉もねじ曲げられて放送されました。高許月妹さんが、父の思い出について、 「懐かしい。(父とはあまり話をしなかったので、父のことは)余りよく分からない。
 父のことはとても話しきれない。」などという言葉を通訳したのですが、放送では、高
 許月妹さんの父親が人間動物としてイギリスで見せ物にされたことについての言葉とい
 う誤解を与えるようになっています。また、私の通訳した「話しきれないそうだ。悲し
 いね。この話の重さね、話しきれないそうだ。言い切れない」の中で出てくる「悲し
 い」というのは「懐かしい、愛しい」という意味ですし、「この話」というのは、パイ
 ワンの人達が人間動物扱いにされたことを言うのではなく、高許月妹さんの父とのいろ
 いろな思い出のことを言っているのです。

3 私は、顔も名前も出てきませんから、私が通訳した言葉は、直前に顔が出ている高許
 月妹さんの兄の許進貴さんの言葉だと誰でも誤解します。NHKは、兄妹そろって父親
 が惨めな経験をしたことを悲しがっているとわざと誤解させる嘘の放送をしたのです。

4 NHKの放送では、私が通訳だと言っていながら、私の名前は全く出ず、また、通訳
 としての報酬は全くいただいておりません。報酬についての契約など無かったのは事実
 ですが、我々パイワン族の間では、そんな契約などしなくても、働かせた場合は、謝礼
 を渡すのが常識です。私が知っている昔の日本人は、約束していないから金は払わない
 などという言い逃れは決してしませんでした。

5 高許月妹さんの名前は、本人がはっきりとNHKに言っております。高許月と自己紹
 介したことは絶対にありません。そんなことがあったら、私がびっくりしてしまいます。

6 以上述べたことが正しいかそうでないかは、NHKの録画録音を調べればすべて分か
 ることです。私はNHKが高士村で録画録音したすべての記録を裁判所に提出すること
 を要求します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
NHK「JAPANデビュー裁判」支援募金のご案内

 裁判の弁護団には約30人の弁護士が名を連ね、南京裁判などで著名な高池勝彦弁護士が
団長となり、荒木田修、尾崎幸廣、勝俣幸洋、田中禎人、溝呂木雄浩、山口達視の各弁護
士が協議を重ね、毎回、裁判に出席しております。

 しかしながら、これまで手弁当でやっていただいていたのが実情でした。そこで、日本
李登輝友の会の小田村四郎を代表に「NHK『JAPANデビュー裁判』を支援する会」
を設立、日本李登輝友の会内に事務局を置いて裁判の弁護団及び原告を支援するための募
金活動を行っています。募金にご協力のほどお願いします。

*これまで募金にご協力いただいた方で、住所が分かる方には必ず礼状を出しています。
 ただし、郵便振替口座以外の銀行などにお振り込みいただいた場合は住所が分かりませ
 んので礼状をお出しすることができ来ません。ご了承のほどお願いします。

—————————————————————————————–
NHK「JAPANデビュー」裁判 支援募金要綱

*募金は「お志」ですので、おいくらでも結構です。

◆郵便振替口座
  加入者名:NHK「JAPANデビュー裁判」を支援する会
  口座番号:00110−4−374336

◆郵便貯金口座  *郵便貯金口座からの送金手数料は無料です。
  口座名:NHK「JAPANデビュー裁判」を支援する会
  記号−番号:10060−613531

◆ゆうちょ銀行  *他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。
  口座名:NHK「JAPANデビュー裁判」を支援する会
  店名:〇〇八 店番:008 普通預金:0061353

NHK「JAPANデビュー裁判」を支援する会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A 日本李登輝友の会内
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,