【読者便り】「日中戦争」は中国が起こした

【読者便り】「日中戦争」は中国が起こした
【読者便り】「日中戦争」は中国が起こした

林建良編集長

 日中戦争は日本の侵略戦争である、と思い込んでいる人が日本でも非常に多い
ようですが、これは歴史事実に反する迷信と云わなければなりません。

 戦争のきっかけといわれる盧溝橋事件は、条約によって駐屯していた日本軍に
中国軍が違法な発砲をしたことから起こりました。事件勃発の4日後に結ばれた現地停戦
協定で「(中国)29軍代表は日本軍に遺憾の意を表し、かつ責任者を処分し」と云ってい
る通りです。

 この紛争が本格戦争になったのは上海事件からですが、反日的な論調のニュー
ヨーク・タイムスも「日本軍は中国軍によって文字通り衝突へと無理やり追い込まれてい
ったのである」(8月31日)書いているように、中国正規軍がわずか4千の海軍陸戦隊
に対して総攻撃をかけてきたのです。

 中国の領土内で戦ったのだから侵略に決まっていると考えるのは、国際法を知
らない人と云うべきです。条約に基づき駐屯している軍に違法に攻撃を仕掛けるとそれ
は自国内であっても侵略行為です。日本国内に駐屯するアメリカ軍に自衛隊が違法攻撃を
仕掛けたら、日本の侵略となるのです。こんな初歩もわきまえない論が横行しています

日中戦争の真相について世界中の人々に知ってもらうために下記の通り案内しま
した。

 日本語原文をご希望の方は、お申し出ください。 発信する会 茂木 

The Second Sino-Japanese War Was Caused by China

It is generally believed that Japan was an aggressor nation against China
for
the Second Sino-Japanese War. This is a view not founded on the historical
events,
however. The Marco Polo Bridge Incident, the opening event of the conflict,
was
orchestrated by China; and the Shanghai Incident, which was the beginning
of the
full-scale war, was unilaterally initiated by China. The facts introduced
in this
article explain how the conflict was initiated and escalated.
Japanse government during the conflict proposed peace plans many times
which never
included territorial or special interest requirements. But they were all
rejected by
the Chiang Kai-shek government and therefore the conflict continued.

* Summary: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/69_S2.pdf
Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/69_S4.pdf Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi
Deputy Chairman and Secretary General for Kase Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Tel 03-3519-4366
Fax 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com

[RelationPost]
タグ: ,