【詩】ひまわりのうた

【詩】ひまわりのうた
ひまわりのうた

                         梅森直之作

誰も気づかぬ小さな荒れ地に
ひとり咲く、大きなひまわりを見た

「何時こんなに育ったの?」
「僕はいつもここにいたよ」
「何処にそんな力があったの?」
「お日さまはいつも輝いていたよ」

旅人よ、行って伝えて
荒れ地に立つ、ひまわりの物語

潮風吹きつける瓦礫の丘に
茶色く、うなだれたひまわりを見た

「花の命は 短かったな!」
「上を向くことすら 叶わぬのか!」

冷笑者よ、気づかないのか
しおれた花がつけている、何千という実の重みを

旅人よ、行って伝えて
荒れ地に立つ、ひまわりのうた

太陽だけをまっすぐに見つめ
大きく開いた花の輝き

旅人よ、行って与えて
世の中の、凍える人たちに

黒い種がため込んだ
尽きぬ光のあたたかさ

2015.6.8 10:00

[RelationPost]
タグ: ,