【緊急講演】12日、「李登輝元総統の訴えにいかに応えるか」

【緊急講演】12日、「李登輝元総統の訴えにいかに応えるか」
民主党政権がまさに発足しようとしている時、
日本へ来た李登輝元総統は一体何を日本に訴えたのか。
今、この問題がとても重要です。
ぜひ参加してください。

           「台湾の声」編集長 林 建良(りん けんりょう)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奮って参加を!
台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)第126回定例会

■ 講師 永山英樹氏(台湾研究フォーラム会長・日本李登輝友の会理事)
■ 演題 「東アジア共同体より日台関係の強化」−李登輝元総統の訴えにいかに応えるか

このたび来日した李登輝元総統は講演等で鳩山民主党が外交目標に掲げる「東アジア共同体」より日台関係の強化が重要だのメッセージを発した。それは日本に対する自主外交、国家防衛強化の訴えでもあった。なぜ台湾との関係強化が必要なのか。そもそも「東アジア共同体」とは何であるのか。民主党政権発足で加速されるであろう中国の対日外交攻勢を視野に、今後の国家の在り方について考える。

——————–

永山英樹(ながやま・ひでき)昭和36年、埼玉県生まれ。同61年、法政大学法学部卒業。著書に『日本の命運は台湾にあり−軍拡中国がある東アジアで』、訳書に『台湾国民中学歴史教科書−台湾を知る』、共著に『台湾と日本交流秘話』『国士 内田良平』など。台湾研究フォーラム会長・日本李登輝友の会理事兼台湾正名推進本部長。ブログ「台湾は日本の生命線!」主宰。
——————–

【日 時】 平成21年9月12日(土)午後6時〜8時

【場 所】 文京区民センター2−A
      電話:03(3814)6731 住所:東京都文京区本郷4−15−14
      ※文京シビックのはす向かい
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分
      JR「水道橋駅」徒歩10分 

【参加費】 会員500円、一般1,000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3,500円、学生1,000円)

【申込み】 9月11日までに下記へ。
      E-mail:taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp 
      FAX: 03-3868-2101

【問合せ】 090−4138−6397

■会員募集中 年会費2,000円(定例会会場でも受付いたします)
—————————————–
台湾研究フォーラム 126回定例会 申込書

氏 名

懇親会  参加  不参加 (○をお付けください)

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,