【楠木正成の統率力(3)】将の道

【楠木正成の統率力(3)】将の道
【楠木正成の統率力(3)】将の道

(「太平記秘伝理尽鈔巻第二 南都・北嶺行幸の事」より)─ 

家村和幸

▽ ごあいさつ

 こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。

 兵法の天才・楠木正成は没後、室町幕府に
より賊とみなされ、著しく名誉を失墜して
いましたが、戦国末期には恩赦され、
武士たちの間でも『太平記』が盛んに読ま
れるようになりました。同時に楠木正成の
戦術・戦法の研究も盛んになりました。

 桃山時代の日蓮宗本国寺(京都)の僧・陽翁
は、諸国の修行中に肥前唐津において、名和
長年の子孫である名和正三に会い、『太平記
評判秘伝理尽鈔(以下、「太平記秘伝理尽鈔」
とする)』を伝授されました。名和長年は、
隠岐から脱出した後醍醐天皇を迎え、船上山
での挙兵に協力した勤皇心の厚い武将でした。
陽翁は、この『太平記秘伝理尽抄』を研究し
て、『陽翁伝楠流』と称する兵法を始めました。
この後、陽翁は加賀の金沢藩主三代・前田利常
に仕え、自らの兵法を金沢藩士を通じて関東に
まで広めました。

 『陽翁伝楠流』の代表的な兵書『太平記
秘伝理尽抄』は、正保2(1645)年から
版を重ねて流布され、兵法の流派を超えて
大いに普及しました。山鹿流兵法の祖・山鹿
素行は、この『太平記秘伝理尽抄』を最も
愛読した人物であり、楠木正成の兵法は
素行の兵法思想にも多大な影響を与えました。

 それでは、本題に入りましょう。

【第3回】将の道(「太平記秘伝理尽鈔巻第二 南都・北嶺行幸の事」より)

▽ 戦う天台座主、大塔宮護良親王

 『太平記』によれば、鎌倉幕府を倒すために、
南都・北嶺(奈良と比叡山)の衆徒を味方に
引きこもうと謀られた後醍醐天皇は、
元徳2(1330)年2月8日、東大寺・興福寺
へ、同月27日には比叡山延暦寺へと行幸された。
この時、延暦寺の天台座主は、後醍醐天皇の
第三皇子、大塔宮護良親王(おうとうのみや
もりよししんのう)であった。大塔宮は座主と
いう仏教界で最高の地位にあられながら、
お経を読まれず、武芸の修練に余念がなかった。

 大塔宮は、太刀打ち(太刀を抜いて戦うこと)
などの武芸を毎日鍛錬され、兵法の七書(『孫子』
『呉子』『六韜』『三略』『司馬法』『尉繚子』)
を会得されておられたが、経典やそれ以外の書物
には、全くご興味がなかった。また、七尺の屏風
を座ったままで、後ろへ投げ飛ばされるほどの
怪力の持ち主であられたという。

▽ 将が備えるべき勇とは

 勇には「将の勇」と「兵の勇」の二つがある。

 「将の勇」とは、才能と智恵のどちらも兼ね
備えており、よく兵士たちの心の中をさとり、
兵士らに下知(命令)するにも、先ず彼らを愛し、
彼らを服従させる。そして、謀を回らせて敵を
撃滅し、戦場に臨んでは、一命を軽んじて諸々
の兵たちを勇敢にさせ、十分に敵の強弱、軍勢の
多少、地形の利・平・鈍、人の和、天の時を知る。
それだけではなく、敵の将軍の謀や勇猛さを
量り、また、軍の進退を知るなどである。

 以下、それぞれについて簡単に述べる。

▽ 兵たちの願いを知り、満足させる

 初めに兵士たちの心を知って愛するという
のは、将たる人は出陣にあたって、人々の心
を知って、願いを満足させよ、ということで
ある。欲深い者には身分に応じて財宝を与え、
戦(いくさ)を有利にしたならば、雑具・所領・
金銀などの類いを与えることを約束せよ。
官位を願う者には、少し官職を与えて、戦を
有利にしたならば、高位・大官を授けようと
約束せよ。いかなる宝をも惜しんではならない。
ただし、金銀などを過分に与えれば、兵の
心の中に怠りが生じることがある。また、
所領については、その場でみだりに与えては
ならない。与えることを約束した印のみを
与えておくのである。

▽ 合戦後の恩賞をどうするか

 恩賞を与えるか、与えないかの判断は、
理非によってはならない。一を捨てて十を
取り、十を捨てて百を取れ。強きを取って
弱きを捨てよ(強い者を優先して賞せよ)。

 賞を与える基準は、その時々に応じた
言い方をせよ。これが謀である。世の中が
治まって後に、戦の前の約束は反故(ほご)に
せよ。これが戦の智謀である。反故にする
にも段階がある。大手柄であるならば、
約束を反故にしてはならない。手柄により、
約束の中身により、その人の器量によって、
それぞれに応じた賞を与えよ。これらに
対して恨みを訴える者があれば、その程度
に応じて厳罰に処せ。訴えはたちまちに
止むであろう。これを愛という。

(筆者注)これは冷酷なようであるが、
このようにして次の合戦の邪魔になる者を
排除し、不平分子を一掃すれば、戦に勝ち、
諸々の兵たちも身を立てることになるので
あるから、これが「愛」なのである、とする
もの。いつの世も、公正に賞を与えるのは
難しいものであり、自分を低く評価された
として不満を抱くものが必ず存在すると
いう真理に根ざしている。

▽ 戦場では恐れず戦うべし

 戦場では一命を軽んじるというのは、
将たる者が戦に赴(おもむ)くときには、
よく謀を回らして、合戦に勝算があるならば、
恐れることなく戦をせよ。策略を十分に
深いものにして、恐れてはならない、
という意味である。怯(おび)えていては
合戦にならないのである。それゆえに、
勇こそが将たる者の根幹をなす。

 また、臆病ということがある。時の声に
驚いて、気持ちが動転し、魂を失うなどの
類いである。こうした臆病な性格は、
いくら鍛錬しても治らないのだから、
いっそのこと武士をやめてしまうのがよい。

 さらに、兵の命を軽んじるというのは、
将の下知(命令)を守って死することを
いう。忠誠とは、君主の命に代わって
討ち死にすることを思い、君主の威を
輝かすことのみを願って、我が身を
顧みないことである。

▽ 兵たちを勇敢にさせる方法

 これには、次の三つの方法がある。

 一つには、敵の非道と弱さを挙げて、
 勝つべきことを説く。

 二つには、忠節があれば禄を与え、
 官位を授けることを約束する。

 三つには、昔の悪人が皆、最後は
 亡びたことについて語り、義は重く、
 命は軽きことを説く。

▽ 敵の強弱

 敵が強いか弱いかを計るというのは、
敵将の剛臆・智謀、その臣下の勇臆・智謀、
勇猛で名の知れた兵などを知って、君臣とも
に弱いと判断すれば、これを倒す。強いと
判断すれば、それに勝つ謀をなすことを
いうのである。

▽ 勢の多少

 我が国の広狭と敵国の広狭を計り知って、
軍勢の多い少いを知る。これゆえに、
民百人を所掌する者は、日本の広狭を知り、
全国六十余州の大小、国々の人の風俗、
民衆の能力や経済状態を知るのである。
これが将の学ぶべきことである。また、
味方の人数を知って、両陣の中間に出て、
互いの陣を見合わせて、勢の多少を知る
ことがある。さらに、通り過ぎる軍勢の
先頭から最後尾までを隠れて見て知ることもある。

▽ 地の利・平・鈍

 また、地の利・平・鈍とは、地形が嶮しいか、
大河か、沼などがあることで、敵が攻め寄せて
来るときに、防ぐのが容易であるのを「利」と
いう。「平」とは、平らな地である。
「鈍」とは味方にとっては不利であり、敵が
攻めて来るのに有利であるのをいう。

▽ 人の和

 人の和には二つある。一つには、敵の大将
にその配下の兵士が懐(なつ)いているのは
和である。二つには臣下が互いに威を嫉(そね)む
ことなく、親しんでいるのは和である。
敵の内部が和であれば、少敵であっても強い。
不和であれば、大敵であっても弱い。

▽ 天の時

 天の時というのは、必ずしも天の時が
悪ければ、戦に負けるというものではない。

 天の時という条件は、諸軍を勇気づけるため
のものである。兵士の心が勇めば、戦に有利
である。兵士が恐れていれば、戦に不利である。
このため、将自らが進んで士気を高める上で
最も望ましいのが、天の時を考えることである。

 将が十分に天の時を知っていれば、どうして
攻め寄せて勝たないことがあろうか。兵が勇敢
であれば、小をもって大に勝つのである。
さらに、出陣にあたって武運、戦勝を祈願する神
として九万八千の軍神がある。天の時という
ものは、確かにある。これは信じなければ
ならない。ただし、天の時は地の利があるの
には及ばず、地の利があるのは人の和があるの
には及ばない。人の和は、将の智謀によるのだ、
とされている。最も知るべきことである。

▽ 敵将の謀勇の判別

 また、敵の将軍の謀(はかりごと)や勇猛さ
を知るとは、その将軍の勇猛さを多く聞いて
知るだけでは、疑わしいのである。
そこで、その将がこれまで勇猛であったか
どうかを調べるのである。

 謀は、常々語っていたこと、行動したこと
から知ることができる。これらのことを
よく知り、時に当たって分別して、進むべき
であれば進み、退くべきであれば退くのを
良い将軍という。

▽ 将の器ではなかった大塔宮

 「兵の勇」とは、剛力・早業・弓馬・太刀打ち
などで人に優れて利があるのをいう。しかるに、
大塔宮が修練された武芸とは、全て一兵卒として
の器量のお嗜(たしな)みであって、全軍の総指揮官
たる将軍としての器量ではなかった。
これを例えれば、猿の水練、魚の木登りであろうか。

 これは、将が兵の勇を嗜むのを悪いということ
ではない。将の道を専(もっぱ)らに学んで知った
その後に、兵士の器量を身につけようとするのが
最も正しい方法なのである。

▽ 将の道を知っていながら修練しないのは「無道」

 『太平記』には、大塔宮が兵と将の二つの勇を
ともに叶(かな)えられた方だと書いてある。
しかし、この部分が記された当時、大塔宮は威を
天下に振るい、奢(おご)りを極めておられた。
このように、大塔宮が将の道に叶っておられなかった
ことは、天下が治まって後の御行跡(ふるまい)から
知ることができる。どうして将の道に叶う人が、
みだりに奢りを極めるであろうか。極めはしない。

 将の道を知るものは稀(まれ)である。将の道に
叶う人はさらに稀である。また、叶わないながら
も身につけようとして鍛錬する者があるが、これで
良いのである。

 四句の分別というものがある。これは、ある主題に
ついて肯定と否定の組み合わせで四種の述語をつけて
考察することである。

 将の道を知って、修練するのが上である。
 将の道を知らずして、修練もしないのは相手にしてはならない。
 将の道を知らずして、正しくないことを修練するのはよい。
 将の道を知っていながら修練しないのは、無道である。速やかに討つべきである。

 道に叶うことができるのが聖人である。
しかし、末代にはほとんど存在しない。

(「将の道」終り)

(以下次号)

(いえむら・かずゆき)

いただく声が、次回の連載を書くエネルギーになっています。
あなたのご意見・ご感想を、ぜひ聞きたいです。
このURLからお届けください。

http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html

▼バックナンバーはこちら
http://okigunnji.com/nankoleader/

● 著者略歴

家村和幸 (いえむら かずゆき)
1961年神奈川県生まれ。元陸上自衛官(二等陸佐)。
昭和36年神奈川県生まれ。聖光学院高等学校卒業後、
昭和55年、二等陸士で入隊、第10普通科連隊にて陸士長
まで小銃手として奉職。昭和57年、防衛大学校に入学、
国際関係論を専攻。卒業後は第72戦車連隊にて戦車小隊長、
情報幹部、運用訓練幹部を拝命。
その後、指揮幕僚課程、中部方面総監部兵站幕僚、
戦車中隊長、陸上幕僚監部留学担当幕僚、第6偵察隊長、
幹部学校選抜試験班長、同校戦術教官、研究本部教育
訓練担当研究員を歴任し、平成22年10月退官。

現在、日本兵法研究会会長。

http://heiho-ken.sakura.ne.jp/

著書に

『真実の日本戦史』
⇒ http://tinyurl.com/3mlvdje

『名将に学ぶ 世界の戦術』
⇒ http://tinyurl.com/3fvjmab

『真実の「日本戦史」戦国武将編』
⇒ http://tinyurl.com/27nvd65

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』
⇒ http://tinyurl.com/6s4cgvv

『兵法の天才 楠木正成を読む (河陽兵庫之記・現代語訳) 』
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurananko.html

がある。

【過去の連載】いまでもメルマガで読めます。

●本土決戦準備の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか(全25回)
http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurahondo.html

●戦う日本人の兵法 闘戦経(全12回)
http://okigunnji.com/1tan/lc/tosenmm.html

《日本兵法研究会主催イベントのご案内》

【第16回 家村中佐の兵法講座 −楠流兵法と武士道精神−】

 演題『太平記秘伝理尽鈔』を読む(その5:京都奪還作戦)

 日時 平成26年6月21日(土)13時00分〜15時30分(開場12時30分)

 場所 靖国会館 2階 田安の間

 参加費 一般 1,000円  会員 500円  高校生以下 無料

【第19回 軍事評論家・佐藤守の国防講座】

 演題 現代戦の要!航空作戦を語る 〜私の戦闘機操縦体験から〜

 日時 平成26年7月26日(土)13時00分〜15時30分(開場12時30分)

 場所 靖国会館 2階 偕行の間

 参加費 一般 1,000円  会員 500円  高校生以下 無料

 お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
     FAX 03-3389-6278
     件名「国防講座」又は「兵法講座」にて、ご連絡ください。

いただく声が、次回の連載を書くエネルギーになっています。
あなたのご意見・ご感想を、ぜひ聞きたいです。
このURLからお届けください。

http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,