【李登輝】迷える日本の若者に送る「十の箴言」(七)

【李登輝】迷える日本の若者に送る「十の箴言」(七)
【李登輝】迷える日本の若者に送る「十の箴言」(七)

 不屈のリーダー李登輝が迷える日本の若者に送る「10の箴言」

「サピオ」2010年1月27日号より転載

       「台湾の声」編集長 林建良(りん けんりょう) 

【箴言七】恩讐を越え、大事を成し遂げろ

 国民党主席であった李登輝氏は、敵であるはずの民進党を一方的に攻撃することはしなかった。それところが、台湾の民主化を進めるために政党政治の正常化の必要を考えた氏は党内の反対意見を押しきり「人民団体法」法案を制定し、一党独裁下では違法の存在だった民進党を合法化させた。

 それだけでなく国益に一致するのであれば、自ら進んで民進党と意見交換したり、相手の言い分を聞いたりしていた。当時の李登輝氏の念願は、台湾は全中国を代表するという国民党が堅持していた虚像を打破し、台湾を中国の一省にしている「台湾省」を凍結することだ。

 そのためには憲法改正が必要であったが、国民党の守旧派の激しい抵抗にあった。そのとき李登輝氏を助けたのが、野党の民進党だった。李登輝氏の国家正常化に向けた熱意が民進党の黄信介主席を感激させたからである。結果として民進党の協力の下で1997年の四回目の憲法改正が無事に通過し、台湾の国家正常化の前進となった。

[RelationPost]
タグ: , , ,