【中国投資の落とし穴】1、中国側の約束は信用できない

【中国投資の落とし穴】1、中国側の約束は信用できない
【中国投資の落とし穴】1、中国側の約束は信用できない

(転載自由)

                高為邦(中国投資の台湾企業被害者協会理事長)

  高為邦

1968年米ケンサス大学で化学を専攻し、博士号を取得。1976年から台湾でガラス繊維入りの樹脂製品製造に投身し、1997年12月25日、中国で複合材料の生産会社「廊坊」を立ち上げた。1999年2月21日、「廊坊」の事務所と工場の生産設備、金型、原料、PCが中国の人に無理やりに取られ、経営を続けなくなった。2000年1月20日、「廊坊」の河北省工場が営業停止に迫られた。2002年9月著作「中国の司法に迫害された台湾企業家」を出版した。2003年7月15日「中国投資の台湾企業被害者協会」を設立し、理事長を務めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
落とし穴1 約束は台湾企業を中国に投資を誘致する手段に過ぎない

この世では取引が長期に続ける基礎は信用があるから初めて取引が成り立つ。損になっても約束を守ることは商売を行う常識のひとつである。政治家も信用第一にしている。でも、中国において、約束ということは台湾企業の中国投資を誘致する手段に過ぎない。

中国官員が外国企業をとりあえず投資に来てもらうことを最優先に考える

 1978年トウ小平が経済開放政策を実施して以来、「外国企業の投資誘致」が中国各レベルの指導者の主要任務となった。それは資金があれば、地方も栄えになり、各指導者の実績にもつながるからだ。外国企業の中国投資を実現させるため、中国の官員が企業主に何でも約束してくれるし、何でも実現させると保証してくれる。とりあえず資金を中国に持ってくれ!だから企業主が何かがを要求しても「OK」と約束した。けれども、投資の結果はどうなるかは官員たちが無関心で、約束の実現にも知らんぷりの顔をする。

 例を挙げて説明しよう。蔡高徳は台湾、香港、東南アジア、日本と米国に数億米ドルを投資する、九十年代にすでに成功を収めたビジネスマンだ。

 彼は1991年台湾の政府と民間企業から組んだミッションに参加して、アメリカに宇宙産業の視察をした。当時米国にいる華僑楊小燕がニューヨークから、台湾人の王石勇が台北からボストンへ中国投資に関してのディスカッションのため蔡高徳に会いに行った。
 王石勇が蒋介石の母親王夫人の親戚で、楊小燕が彼の叔母である。楊小燕と主人がポーカープレイヤーで、ポーカーの関係でトウ小平と知り合い、そしてトウ小平の関係で中国の高官・指導者をたくさん知った。王石勇と蔡高徳が友達だったという関係で、その後、二人も中国投資を行うパートナーとなった。

 訪米以後、蔡高徳が楊小燕の同行のもと北京を訪問し、当時の経済貿易部の副部長李嵐清(後国務院副総理になった。)、中国最高の権力部署である中央政治局の丁関根書記などの指導者の盛大な接待を受けた。

 李嵐清副部長が当時提出された石炭と鉄鋼に関する商売は失敗したけど、最高権力部署で勤める丁関根書記がほかの職務も兼任し、パワーを握るものである。丁関根書記との宴会で、蔡高徳は25CCの電動自転車の生産を提案した。13億の人口もいる中国が彼にとって、絶対な大きな将来性を持つ国だと思われていた。この提案は丁関根書記の関心を呼んだ。

「そうだよね。自転車を踏んだら汗をかくんだよね。冬場なら風邪を引きやすいよね。」
「今の話を信じていいの?電動自転車をつくっていいの?」
 「信じなさい。ここには6人も部長もいるし、冗談を言う場ではない。」

 その後、蔡高徳が電子機械工業部の部長何光遠を訪れ、電動自転車が国家建設「八五計画」の一項目であることを確認できた。何光遠部長は上海ではすでに工場が多くあるを理由に、電動自転車の生産工場を北京に設立することを要求した。

 1992年、北京対外経済貿易委員会が蔡高徳の「北京詮通機械有限公司」の設立を承認し、100%台湾資金の電動自転車生産・販売会社が北京でできた。この会社は二年かけて25CC以下の低汚染の電動自転車の研究開発を行い、中国の環境基準を満たした製品を成功に開発した。その上、中国でも特許を出願し、取得した。

 1993年、ある見本市で、当時の中共の総書記江澤民が蔡高徳を励まし、「中国は低汚染・高能率の製品を強く求めている。頑張って、もし困難にあったら私言ってくれ。必ず問題解決に協力してあげる。」蔡高徳が感動して、江澤民に各級の指導者の支持を頂いて、問題ないだと答えた。

 普通、国の最高指導者の格別な関心をいただければ、成功も保証されるといえるだろうが、このような蔡高徳の中国投資は結局失敗になることはなかろう。

 1993年、1000万米ドルを投資して500セットの各種の生産設備を完備した2000坪の生産工場は好スタートを切ろうとするところ、蔡高徳がある大きなボトルネックに陥った。生産した電動自転車はプレートが発行されないゆえ、路上に乗ることができないことだった。これはおかしいことだよね。生産も販売も承認されたのに、路上で乗ることが許可されないのだ。言い換えると、作られた自転車は一台も買ってもらえないことだ。

 蔡高徳が速急に知り合いの指導者・高官たちの協力を求めた。けれども、誰も携帯に出てくれないし、オフィスへ電話しても会議中だと答えられ、誰もあってくれないのだ。江澤民総書記が「問題があれば直接連絡して」と言われたので、蔡高徳が江澤民総書記に手紙を出した。しかし3通を出しても、返事がひとつもなかった。そのとき、当時の北京市長賈慶林が唯一反応があった人だった。賈慶林北京市長が蔡高徳の陳情書に「北京が電動自転車の発展に向いていないことを台湾弁公室のほうから蔡先生に説明しなさい。」と書いた。ということは、動自転車の発展に向いていないことは説明するが、当初北京の政策と中央政府の政策の方向転換は説明しないのだ。さらに、膨大な金額を投資した台湾企業の損失をどう対応するかということも説明するつもりはないのだ。

 1000万米ドルの投資を「北京市に向いていない」一言で打ち消そうか。高層の指導者もみんな大丈夫だと言ったのに、こんな局面に見舞われた蔡高徳はどうしたらいいのだろう。

 そのあと、蔡高徳は会社の経営と社員の生活を維持するため、廃棄鉄鋼を購入したが、北京以外の場所への販売が禁止された。しかし、北京市には廃棄鉄鋼のニーズがない。さらにゲームセンターを200米ドルを投資し、それもすべてパーになった。
 中国から引き上げるを決心した蔡高徳が社員全員をリストラし、工場の管理を自分の中国人運転手に任せた。考えもなかったことは、その中国人運転手は香港人のマネージャーから社長蔡高徳の印鑑を騙し奪い、蔡高徳が北京にあるすべての資産を自分のものにした。香港人のマネージャーが自分のミスにより会社に多大な迷惑をかけたことに自責して自殺した。

 世界中で成功を収めたビジネスマン蔡高徳が中国で政治指導者の話を信頼して、結局失敗した。

官員の本当の顔は詐欺者だ!

 もう一人の蔡さんが中国で山東省の副市長に詐欺された経験があった。この蔡さんはまた北京にいるので、名前は公表しないようにさせてください。

 1993年蔡さんが山東省臨沂市の羅庄区で1000ヘクタールの廃棄地を購入して、100社の台湾企業が入居する台湾工業城に建設しようとした。臨沂市羅庄区の総書記と契約を結んでから、この蔡さんが道路、インフラなどを整備し、初期には7社の台湾企業を誘致した。7社の台湾企業と蔡さん本人の投資金額が合計して3000万米ドルに及んでいた。しかし、このとき臨沂市羅庄区の総書記が心を変え、「国有土地使用許可書」の発行を拒否した。悪運がその後また来た。1996年12月9日、1500万米ドルを投資した東亜タイル社の会長の奥さんが家で引っさらわされた。公安が犯人と膠着していたところ、人質の安全を考えずに、犯人3人と会長の奥さんがともに爆弾の爆発で死亡した。この事件によって、臨沂市に投資した台湾企業家が全員臨沂市から投資を撤去した。

 そのとき、臨沂市の台湾企業らが資産を蔡さんに管理を依頼した。蔡さんは当時の臨沂市の徐景顔副市長の紹介で、中国の遠大グループの会長范建国と提携することにした。蔡さんが台湾企業3社の工場、オフィスビル、土地を投資資金として、范建国と協議書を結んだ。しかし徐景顔副市長の協力で、范建国が3日後蔡さんが管理する資産を全部自分の名義に変え、そしてそれを担保として即時に銀行に1530万人民元を貸し出した。その後、蔡さんがいかに連絡を取ろうとしても、范建国が相手にしないようにした。

 もともと「台湾同胞投資保護法」のもと、范建国の詐欺を告訴することは可能だが、3年かけて告訴を起して、弁護師を3人を使っても負けた。「台湾同胞投資保護法」があってもしょうがない。

結論から言うと、中国に投資する際、指導者の約束を信頼しないほうがいい。彼らが言うことは皆食卓上の雑談のネタであり、嘘つきも中国共産党の文化の一部だと知っておいたほうがいい。当初毛沢東が陰に隠している敵を特定するため、「百家争鳴」などの運動を行った。これらの運動は共産党への不満をすべて吐き出せるための運動で、その後、毛沢東は吐き出された共産党への不満を武器に、党員たちを闘争した。

偽造学歴、偽造タバコ、偽造酒などがあふれる中国は海賊王国と言われる背景には共産党独特な文化があるゆえだ。中国においてこのような順口溜(民間で流行っている話し言葉による韻文)がある。「十億人口のうち、9億の人が詐欺師だ。あとの1億はまた養成中の詐欺師予備軍である。」

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , ,