タグ: 講談社

――「彼等の行動は生意氣の一語に盡きる」――石井(3)石井柏亭『繪の旅 朝鮮支那の巻』(日本評論社出版部 大正10年)

【知道中国 1906回】                       一九・六・初七 ――「彼等の行動は生意氣の一語に盡きる」――石井(3) 石井柏亭『繪の旅 朝鮮支那の巻』(日本評論社出版部 大正10年)  石井は上海

タグ: , , , , ,

――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(7)竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)

【知道中国 1881回】                       一九・四・仲八 ――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(7) 竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)  80ドルは瞬く間に

タグ: , , , ,

――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(12)東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)

【知道中国 1872回】                       一九・三・仲五 ――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(12) 東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9

タグ: , , , , , , , , ,

日本語籍を取得した日  李 琴峰(群像新人文学賞優秀作受賞作家)

【nippon.com:2019年2月23日】https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g00652/ ◆平仮名も知らなかった女子中学生が、群像文学賞作家に  先日、拙著『独り舞』の中

タグ: , , , , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(12)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1839回】                      一九・一・初六 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(12) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)  諸橋やら宮

タグ: , , , , , , ,

――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(7)關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)

【知道中国 1823回】                      一八・十一・念二 ――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(7) 關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)   戦後日本の中国人理

タグ: , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(38)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1813回】                      一八・十一・初二 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(38) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) 「議論の爲の議論」であるから、当然のよう

タグ: , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(36)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1811回】                      一八・十・念九 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(36) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) ■「(六九)何故に支那文明の同化力は宏大な

タグ: , , , , , ,

――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(41)内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)

【知道中国 1740回】                       一八・六・初四 ――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(41) 内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)  内藤の弟子筋に当たる青

タグ: , , , , , , ,

――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(31)内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)

【知道中国 1730回】                       一八・五・仲三 ――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(31) 内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年) 歴史的に振り返ると中国の

タグ: , , , ,
Top