NHK「JAPANデビュー」問題で町村派総会において批判続出

NHK「JAPANデビュー」問題で町村派総会において批判続出
町村元外相が「私も首をかしげた」、安倍元首相も「あの番組はひどすぎる」

自民党の町村派(町村信孝会長)が23日に開いた総会でNHK「JAPANデビュー」
問題が取り上げられ、司会の稲田朋美議員は「番組は反日の部分だけを偏向して報じた」
と批判し、町村元外相も「その番組は私も見た。率直にいって、私も首をかしげた」と語
ったという。

安倍晋三元首相も「あの番組はおかしい。(JAPANデビューは)シリーズとして続く
と聞いている。(議員の方々には)関心を持って見ていただきたい」と呼びかけたという。

この問題は政界に本格的に波及、問題化されることになった。下記にそれを報ずる産経
新聞と夕刊フジをご紹介したい。                     (編集部)


「NHKが反日偏向番組」 台湾統治で町村派議員批判
【産経新聞 4月24日】

 自民党町村派の23日の総会で、5日放送のNHK番組(NHKスペシャルシリーズ・J
APANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』)について、批判が相次いだ。

 番組は日本の台湾統治を取り上げたが、稲田朋美衆院議員は「台湾は李登輝元総統など
親日家が多いのに番組は反日の部分だけを偏向して報じた」と批判。町村信孝前官房長官
も「番組をみたが率直に言って首をかしげた」と同調した。安倍晋三元首相は「週刊新潮
も取り上げたが、番組はひどすぎる。関心を持ってこのシリーズを見てほしい」と呼びか
けた。

 中山成彬元文部科学相も記者団に、自らが会長を務める議連「日本の前途と歴史教育を
考える議員の会」としてNHKへ公開質問状を出す意向を示した。


NHK番組偏向問題 町村派総会で批判続出
【4月24日 夕刊フジ(4月25日付)】

 NHKスペシャル「シリーズ JAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」5
日放送)放送の偏向・歪曲報道問題が、23日の自民党町村派総会で取り上げられた。放送
直後から、日台双方で批判が噴出している問題に、政界が本格的に取り組み始めた。

 番組は、日本による台湾統治について、日台間の格差と同化という矛盾を抱え、皇民化
運動で日本文化を強制した─などと放送した。

 町村派総会では、まず司会の稲田朋美衆院議員が「あまりに一面的な番組で驚いた。日
本統治時代の反日的な部分だけを、いわば偏向して報道するのはいかがなものか」と口火
を切った。

 続いて、会長の町村信孝元外相も「その番組は私も見た。率直にいって、私も首をかし
げた。今のマスコミの偏向ぶりはみなさん感じていると思う」と続いた。

 この後、総会はマスコミ非公開となったが、出席者によると、中山成彬元文科相が「台
湾に行くと、台湾の人々は(生涯を台湾発展に尽くした)八田與一さんをはじめ、日本に
感謝している」といい、「私が会長をやってる議連『日本の前途と歴史教育を考える議員
の会』で、NHKに公開質問状を出したい」と発言した。

 安倍晋三元首相も「あの番組はおかしい。(JAPANデビューは)シリーズとして続く
と聞いている。(議員の方々には)関心を持って見ていただきたい」と呼びかけた。

 同局HPによると、5月3日放送予定の第2回は「天皇と憲法」となっている。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , ,