NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動in名古屋レポート

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動in名古屋レポート
■NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動in名古屋(写真)
 http://www.ritouki-aichi.com/katsudou_090530nhkdemo1.html

■NHKへの全国一斉抗議デモin名古屋の動画(You Tubu)
 http://www.youtube.com/watch?v=D9IUmewwj-c&feature=channel_page

 「JAPANデビュー・アジアの一等国」偏向報道に対する全国一斉抗議デモ第2弾が
行われることとなり名古屋もそれに伴い、抗議デモを行いました。

 午前11時に日本李登輝友の会愛知県支部を中心としたメンバーによる放送法改正の請願
署名と抗議街宣を開始。通称100m道路と呼ばれる若宮大通りと名古屋繁華街を南北に走
る大津通り交差点は、構造的に8箇所の角があります。その至る所にスタッフが各々、メ
ガホンをもって街宣。まさに一大イベントの様相でした。失礼ながら、各自が力が入り、
通行人には何を言っているのか分らないくらいだったかも知れません。しかし、その光景
は壮観で、署名もいただくことができました。

 警官同士で「しかし、本当によくこれだけ弁が立つ人が揃っているものだ」という会話
が聞こえてきました。また、ネットで知りこの時点から手伝いたいという方もおられまし
た。

 出発式に30分の時間を用意していましたが、その後、議員有志の方3名が登壇いただく
ことと、高田純札幌医科大教授からの抗議メッセージをいただき、非常に濃い内容となり
ました。

1)国歌斉唱
2)村上俊英・岐阜李登輝友の会会長挨拶
3)天野まさき・愛知県会議員登壇
4)藤沢忠将・名古屋市会議員登壇
5)高田純・札幌医科大教授からのメッセージ代読
  http://www.ritouki-aichi.com/090530juntakada.pdf
6)馬渡龍治・衆議院議員登壇
7)注意事項説明
8)シュプレヒコール練習
9)参加者一言トーク

 時間いっぱいまで使ったことから、当初予定していた一言トークは、3人まで。意気高
揚として良い方法でしたので、次回から、もう少し時間を作り、より多くの人にマイクを
回したいと思います。

 いよいよ出発。

 今回は、他の行事との重なりもあり、前回出られた人たちもそちらへ回る事情もありま
したが、別の組織やネットでの広がりから、スタート時で80余名。途中合流で90余名の規
模となりました。

 コースは前回と同じ。大津通りを北上し、名古屋一番の繁華街「栄」を経てNHK名古
屋放送センターへ向かいました。

 余談ですが、今回、先頭車両にハイブリッド車を使用したのですが、意外な問題があり
ました。低速走行で電気モーターで走る構造ですが、デモのスピードは、エンジンが掛か
ったり、止まったりという工程が、何度も生じることから、後を歩く方たちから「排ガス
が気になる」との声。エコカーですが、デモ向きではないことが判明。

 参加者数に対し、視覚的な印象は、それよりはるかに多く感じるのは、ほとんどの人が
手に何らかのメッセージツールを持っているからだと思われます。繁華街を通過するとき
の存在感は、かなりのものがありました。通行人が、携帯カメラで撮影する姿を多く見か
けるのもこの時代らしさ。これで更に広がることを願いたいものです。

 街頭署名現場に着く前は小雨がぱらつきましたが、次第に回復し、デモの途中から晴れ
上がり、汗ばむくらいになりました。

 はじめて見る方も多く、参加され「NHKが態度を改めるまでは続けます!」という最
後の挨拶に、大きな拍手が起こりました。この問題は、台湾への侮辱と同時に、日本人が
中国に対し、警戒心を喪失することで日本の安全保障にも影響を及ぼす、大きな問題であ
ることを世論に訴え続けなければなりません。皆さん、今後もご協力のほど、宜しくお願
い申し上げます。

                  NHK反日偏向報道に抗議する実行委員会事務局

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,