通敵叛国─前代未聞のスパイ事件は藪の中  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

通敵叛国─前代未聞のスパイ事件は藪の中  迫田 勝敏(ジャーナリスト)
【エコノタイワン:9月号】

 前代未聞のとんでもない事件が起きた。中国政策を担当する行政院(内閣)大陸委員会(陸委
会)が、同会副主任委員、張顕耀は「中国のスパイの疑い」と発表したのだ。中国の工作はそこま
で進んでいたのか─と驚愕だが、張顕耀は真っ向から否定し、どうも単純な話ではなさそう。なに
やら台湾現代史の新たな謎となりそうだ。

◆張顕耀、涙流して潔白言う

 事件を聞いて張治中を思い出した。張治中は半世紀以上も前の国共内戦時、蒋介石の四大腹心の
一人で、中共軍と北京で和平交渉にも当たった。交渉は破談になったが、張治中は北京に残り、結
局、共産党入り。実は共産党のスパイだった。何年も前から共産党と通じ、それを隠して、国民党
軍の中将になり、新疆省政府主席も務めた。中国共産党の工作というのは凄い、と印象に残ってい
た。

 張顕耀事件は出だしから不可解だ。陸委会は当初、「家庭の事情で辞職」と発表し「病気の母親
の世話をするため」としたが、張顕耀は「辞めさせられたのだ」と否定。すると陸委会は「職務
上、国家の安全に関わる問題があった」とした。これを受け、法務部調査局は「国防以外の機密漏
洩」とし、「張顕耀は中国のスパイの可能性」とまで明言した。「通敵叛国」(敵に通じて国に叛
乱)というわけだ。

 対する張顕耀はテレビ番組に出て、涙を流して身の潔白を訴え、一方で行政院の仕打ちを「マ
フィアが裏切り者に報復をするようなもので、非常に怖い」と表情を強張らせた。だが、真相は
「すでに遺書に書いた」とだけ述べ、具体的なことは何も話さなかった。

◆中国に交渉の底線も教える

 台湾では過去、何人もの要人がスパイとして処刑されているが、多くは軍事機密漏洩の軍人だっ
た。文官でこれほどの高官は初めて。「中華民国」が台湾に移って以来、最高幹部のスパイ事件に
なる。中国との交渉の「底線」(ボトムライン)まで教えたというからまさに第2の張治中だ。

 中国が張顕耀を張治中のように台湾政府に潜らせていたのだとしたら、狙いは明白。両岸交渉を
中国に有利に進め、悲願の統一の早期実現だろう。だが、スパイ発覚でその目論見は失敗し、その
代償は極めて大きい。これで台湾側の反中感情はさらに高まり、今後の経済協定でさえ締結は極め
て困難。現に野党側には過去の協定のやり直しを求める声もあり、統一は夢のまた夢になってしま
う。

 傾中路線とも揶揄される馬英九政権が、自らスパイ事件を公表するのは、自分の首を絞めるよう
なものだ。だからこそ、当初は「家庭の事情」を理由にして真相を隠そうとしたのかもしれない。
なのに張顕耀が反発したので、事実を言わざるを得なくなった? それにしても中国はなんらかの
反応を示すはずだが、いまだにコメント一つさえないのはなぜ? あるいは中国自身、事件の真相
が分からない、つまり中国が放ったスパイではないからか?

◆事件で誰が得をするのか?

 事件発覚以来、メディアでは様々な分析、解説がされ、馬政権の権力闘争説もある。だが、反馬
勢力が馬英九を追い落としたとしても、国民党の信用失墜になるから、可能性は小さい。逆に馬英
九が仕組んだというのも事件で支持率低下は不可避だから、ありそうもない。張顕耀は国民党から
親民党に移った。そこから馬英九の宋楚瑜追い落としとの説もあるが、今の宋のそれほどの力はな
い。事件は混迷を深め、藪の中だ。

 推理小説が教えるのは「犯人を探すには、事件で得をする人を探せ」だ。では事件で誰が得をす
るのか。統一の夢が遠退いてしまうのだから中国ではないだろう。前述のように馬英九でもない。
民進党はどうだろうか。11月の選挙を前にこの事件は確かに民進党に有利だろうが、野党が仕組ん
で法務部が動くだろうか。

 では、誰? 「一人、いますよ。それは米国」という解説する人もいる。台湾政府上層部に中国
のスパイがいたということになれば、それでなくとも中国嫌いが増えている台湾人の中国離れはま
すます進む。つまり台湾は中国との統一に向かわない。これは米国にとってアジアでの勢力を維持
するうえでは大事なことだ。

◆謎解明には長い時間が必要

 それでなくてもオバマ政権の2期目の対中政策は以前の米中友好ムードから様変わり。尖閣諸島
問題、さらには南シナ海の問題では、中国に批判的な姿勢をとっている。このまま中国のアジアで
の軍事拡大を許せば、アジアでの米国の威信低下は必定。そこへ台湾が中国と統一なんてことにな
れば、東シナ海、南シナ海は中国の海になってしまう。

 米中両大国の狭間にある台湾は自分の思いとは関係なく、国際政治の荒波に揉まれる宿命にあ
る。張顕耀は「私は知り過ぎた」と言った。何を知ったのか? 「非常に怖い」とも言った。それ
は命の危険があるということなのか? 米国説も含め事件は「?」だらけ。すべての謎を解明する
には馬政権のかなりの頑張りが必要だ。

                          (敬称略、ジャーナリスト・迫田勝敏)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , ,