月刊「致知」9月号が李登輝元総統インタビュー「我が人生信条」を掲載

月刊「致知」9月号が李登輝元総統インタビュー「我が人生信条」を掲載
月刊「致知」という、書店では発売していない定期購読制の雑誌がある。購読者は10万
人で、渡部昇一氏(上智大学名誉教授)や稲盛和夫氏(京セラ名誉会長)らも熱心な購読
者だという。

 この9月号に、「『日本精神(リップンチェンシン)』を支えとして困難な改革を成し遂
げた李氏の人生観、リーダー観に迫った」として、李登輝元総統へのインタビューを「我
が人生信条─リーダーはかく大事をなせ」と題して掲載している。

 しかし、インタビュー後、李元総統が起訴されたことで、その掲載について逡巡したよ
うだ。それが下記の本文リードによく表れている。

≪6月10日、本誌は台湾で李登輝氏にインタビューした。その20日後の6月30日、台湾最高
法院検察署は国家機密費横領の容疑で李登輝氏を起訴した。李登輝氏は直ちに起訴の事実
無根を訴え、引き続き台湾民主の深化を目指していく旨の声明文を出した。台湾本土派の
大学教授で構成される台湾教授協会も不当起訴の抗議声明を発表した。台湾では来年1月、
国民党と民進党が対決する総統選挙が行われる。それ故の政治的意図を含んだ起訴、とい
う論評をする知識人も多い。

 事態がどういう結末をみせるのか、予測はつかない。

 ただ、3時間のインタビューの間、李登輝氏は国を思い、国民を思い、日本を思い、溢れ
んばかりの情熱とバイタリティをもって語り続けた。その姿は88歳という年齢をまったく
感じさせず、生気に溢れ、その言葉に我々は真実を感じた。

 よって、ここにそのインタビューを掲載する。

 真実はいずれ歴史が明らかにするだろう。その意味でもこのインタビューは人間学の多
くの糧となるに違いない。≫

 しかし、このような逡巡こそが、起訴した側の狙いだろう。李元総統が来日しようとし
ても、それを阻止する狙いもあるに違いない。だがそれは、それだけ李元総統の影響力が
大きいことを裏付けていることにもなる。

 月刊「致知」編集部は、逡巡を乗り越え、李氏の「言葉に我々は真実を感じた」ことで
インタビュー掲載に踏み切ったという。編集部の勇断に拍手を送りたい。

◆ 月刊「致知」9月号
  http://www.chichi.co.jp/monthly/201109_pickup.html

◆ 月刊「致知」問い合わせフォーム
  http://www.chichi.co.jp/question.html

[RelationPost]


● 2011「台湾ビール」お申し込み【ご自宅用】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0090.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。               (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , ,