映画「湾生回家」はアジアの現状突きつける見るべき佳作

映画「湾生回家」はアジアの現状突きつける見るべき佳作
台湾生まれの日本人追う骨太ドキュメンタリー「湾生回家」 アジアの現状突きつける見るべき佳作
【夕刊フジ(ZakZak):2016年11月10日】

 敗戦によって、台湾から日本本土へ引き上げた日本人は軍人・軍属を含め50万人に近かったとい
う。そのうち台湾で生まれ育った20万人を「湾生」と呼ぶが、12日公開のドキュメンタリー映画
「湾生回家」は、そんな「湾生」の目を通して、新たな日台関係を問いかけてくる。台湾では異例
のロングランヒットとなった。

 「湾生」にとって日本への強制送還は故郷から無理やり引き離された痛恨の出来事だった。戦
後、彼らは幼少期の記憶を胸に刻み生きてきたので、年齢を重ねていくうちに、ますます思い出の
地に身も心も引き寄せられていく。そんな湾生の望郷の念を、台湾の人々との再会・交流を通して
描いている。

 映画は、40人近い取材対象者の中から選ばれた6人の「湾生」の物語を中心に展開していくが、
どのシーンも古き良き台湾とそこに生きた日本人の姿を映し出す。

 それらはまだ人情味あふれていた頃の日本を思い出させる。が、昔はよかったというような懐古
的な作品ではない。植民地時代にあった差別や不平等のことを、きちんと描いていることに注目す
べきだ。もちろん、昨今の近隣諸国との亀裂をあおるようなドキュメンタリーとは明確に一線を画
している。

 最大のテーマは日本と台湾の絆。2005年、李登輝・元国民党総裁の訪日(*編集部註)から、中
国と距離をおく蔡英文政権の誕生に至るまでの経過をたどると、現在の日台関係は新たなる時代を
迎えているといえよう。

 それは、中国が覇権主義を強め、尖閣諸島近辺での領海侵入、南シナ海で他国の領海・領土を実
力で奪う行動、チベット族やウイグル族への民族浄化政策、香港の民主化への妨害などで、国際的
批判を浴び続けている現状とちょうど好対照をなしている。

 戦後70年、日台関係の原点を振り返る本作は、日本の置かれた現状を突きつけてくるようだ。 

                                     (瀬戸川宗太)

*編集部註:李登輝元総統は元国民党主席。総統退任後の初来日は2001年4月。以降、2004年12
 月、2007年5月、2008年9月、2009年9月、2014年9月、2015年7月、2016年7月の8度。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , ,