尖閣侵入の台湾漁船団支援の黒幕は日本企業の技術もとに中国で大成功した菓子メーカー

尖閣侵入の台湾漁船団支援の黒幕は日本企業の技術もとに中国で大成功した菓子メーカー
上に紹介したMSN産経ニュースの「台湾の親日ぶりはそれでも不滅!日本人ビジネス
マンが次々に体験した台湾のほっこり親日体験」では、「T氏によると、漁船団にお金を
出していたのは中国本土でビジネスをしたいと目論むせんべい屋の社長だそうで」とあっ
たが、この「せんべい屋」の旺旺グループはすでに中国で大成功を収めた企業だ。

 台湾の漁船団と巡視船が尖閣諸島の日本領海を侵犯した3つの背景の一つに、この旺旺
グループが資金提供したことを本誌でも紹介している。

 この「旺旺グループ」を率いる蔡衍明氏が、新潟県の米菓メーカーである岩塚製菓の技
術援助を得て大成功を収める。旺旺の新社屋の除幕式には岩塚製菓の現社長を招き、同社
の上海本部には槙氏の銅像を建てたということも紹介しているのが、下記の「楽天ニュー
ス」だ。

 しかし、この報道で「日本に向けて弓を引くように抗議船の『黒幕』になったとした
ら、それほど中国の存在が大きいという意味だろうか」と投げかけている。

 蔡衍明氏についていち早く伝えた宮崎正弘氏は、奇美実業の許文龍氏の例も挙げ「私た
ちが、今回の台湾漁船領海侵犯事件で留意するべきことは、あの親日国家・台湾において
さえ、これほどの親日企業が、中国共産党の政治影響力を受けてしまったという実態、そ
のリアリティである」と指摘している(9月26日付「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」)
ことは、本誌で紹介した「中国投資を警告する日台共闘の会」結成に至る過程を想起しつ
つ、深く受け止めなければならないだろう。これが「政治国家」中国の実態だからだ。


尖閣侵入の台湾漁船団支援の黒幕は日本企業の技術もとに中国で大成功した菓子メーカー
【楽天ニュース:2012年9月26日】

 日本政府による尖閣諸島の国有化で中国との関係が悪化するなか、今度は台湾の漁船団
が日本に抗議するため尖閣へ向かい、一時領海に侵入した。

 東日本大震災では被災者向けに200億円の義援金を集めるなど対日感情がよいとされる台
湾に何か異変が起きているのか。背後には、中国市場で成功を収めた台湾企業のオーナー
の存在があり、事態は複雑な様相を帯びている。

◆中国で1日3億枚のせんべいを売る

 尖閣沖に姿を現したのは、漁船と台湾の巡視船の約50隻だ。2012年9月25日午前には日本
の領海に侵入し、海上保安庁の巡視船との間で「放水合戦」を繰り広げたが、その後領海
を出て26日未明には台湾の港に戻った。

 やって来た漁船は「旺旺」と書かれた横断幕を掲げていた。これは台湾のお菓子メーカ
ー「旺旺」を指すという。どうやらこの企業がスポンサーとなって、抗議船団の結成を実
現したとみられる。複数のメディアは、旺旺が漁船団に約1300万円の資金を提供したと伝
えた。

 旺旺は、実は中国と深いかかわりがある。1994年に中国市場へ進出し、今では同社が生
産するせんべい菓子が1日で3億枚も売れているのだ。中国を重視している様子は、同社の
ウェブサイトからもうかがえる。トップページを見ると、台湾企業でありながら、お菓子
を模した複数のキャラクターがそれぞれ中国の国旗を持ち、10月1日の中国の建国記念日
「国慶節」をお祝いするようなアニメーションが流れていた。

 9月26日に放送されたテレビ朝日の情報番組「モーニングバード!」で、外交政策研究所
代表の宮家邦彦氏は、旺旺の蔡衍明社長が中国と親密な関係にあるとみられると指摘し
た。旺旺にとって、今や中国市場でのビジネス抜きには経営が成り立たないほど依存度が
高まっている。一方、台湾の漁民にとっては日本の尖閣国有化で周辺海域での操業ができ
なくなれば死活問題だ。蔡社長は中国当局への「忠誠」をアピールしつつ、漁民たちへの
理解を示そうと「軍資金」を出して、抗議船を送りだしたとのではないかと推測できる。

◆日本の米菓子メーカー創業者を「旺旺の父」と呼ぶ

 今では中国に「ベッタリ」の印象が濃い旺旺だが、日本との間にも切っても切れない縁
があった。「東洋経済オンライン」は2011年10月12日、蔡社長のロングインタビューを掲
載。この中で、倒産寸前だった旺旺の前身会社が今日のような大企業に成長した功労者と
して日本企業の名を挙げている。新潟県の米菓メーカー、岩塚製菓だ。

 蔡社長は、当時の岩塚の社長で創業者の槙計作氏(故人)に提携を持ちかけた。断られ
ながらも粘り強く交渉を重ねて、最後は直談判で了承を得る。蔡社長は今も槙氏を「旺旺
の父」と尊敬し、自社の経営理念には槙氏の言葉を取り入れた。ウェブサイトを見ると、
旺旺の新社屋の除幕式には岩塚製菓の現社長を招き、同社の上海本部には槙氏の銅像を建
てたと書かれている。

 日本企業から受けた「恩」に誠実にこたえていた蔡社長が、その日本に向けて弓を引く
ように抗議船の「黒幕」になったとしたら、それほど中国の存在が大きいという意味だろ
うか。専門家の中には、中国側が日本にさらなる揺さぶりをかけるため、旺旺に協力を呼
びかけたのではないかと見るむきもあった。

 旺旺は現在、新聞「中国時報」やテレビ局「中天電視」のオーナーで、ラジオや雑誌も
持つ一大メディアグループとなっている。だが台湾内では、旺旺のこうした動きを必ずし
も歓迎していない。マスコミ独占に危機感を抱いた市民が反対デモを開いたこともある。


【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:緑・M、L、LL 白・LL
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,