客船沈没事故でみる中国の脆さ  鈴木 上方人(中国問題研究家)

客船沈没事故でみる中国の脆さ  鈴木 上方人(中国問題研究家)
【月例新潟時局研究リポート「ヴェクトル21」:2015年7月1号】

 6月1日の夜9時過ぎ、大型客船「東方之星」が中国湖北省堅利県の長江で沈没した。自力で脱出
した12名を除き、454名の犠牲者を出した痛ましい事故だった。

●不可解な行動様式

 この事故には多くの不可思議な点があった。まず、2200トンほどの大型客船が本当にあっという
間に沈没してしまったのか。船長と船員たちが救命胴衣を装着して逃げる余裕があったのに、何故
警報も出さずに逃げたのか。船と運命を共にする責任感が微塵もない点では韓国のセウォル号事件
とそっくりだが、岸辺に泳ぎ着いた船長たちが3時間経ってからようやく通報したのはなんとも不
可解だ。まさか完全に船が沈没するのを待ってから通報した等と言うことは邪推であって欲しい。

 通報を受け、中国政府は4000名の中国人民解放軍を動員して救助に当てた。その一方で岸辺では
武装警察が事故現場に駆けつけようとする犠牲者の家族たちを強制的に排除していた。親族や友人
の最期の場所を確認したり、献花したりすることは世界中どの国においても至極当然な行為である
が、中国ではそれさえも許されないのである。

 中国当局は「安全上の理由」から犠牲者家族を救難活動の見えない場所へ締め出し、数キロ離れ
た場所でのみ献花の許可をしている。犠牲者家族に救助活動を見られてどのような安全上の問題が
生じるのか当局は明らかにしていないが、実際は何もやっていないことを見られて困るということ
だろう。実際に、中国政府はマスコミを現場から締め出している。

 それだけではなく、生存者、船会社、旅行会社など関係者たちへの取材をも禁止しているのだ。
取材を許されているのは、国営の中央テレビと新華社通信だけであり、他のマスコミはそれらの報
道を引用することしかできない状態だ。これほどの前近代的な情報操作は中国ならではである。

●生存者の救出は重要ではない

 事故発生の72時間後、逆さまで沈没した船は反転させられ、クレーンで船体を引き揚げられた。
空気の残る船底に生存者がいる可能性があるだけに、全く理解しがたい行動である。このことに似
た行動を中国政府は2011年に温州で起こった高速鉄道の事故処理中にもおこなった。まだ乗客が生
き残っている可能性がある事故車両を土に埋め、翌日になってまた掘り出したのである。

 しかし、この一見どう見ても合理性のない行動こそが、中国の権力者の思考回路を窺い知る手掛
かりになると言えよう。遭難者の救出は手間がかかるため、中国の権力者にとっては船を反転させ
て船底に残る人間を溺死させたり、事故車両を土に埋めて乗客を窒息させたりして事故処理をさっ
さと終わらせる事こそが重要なのである。つまり、生きた人間を救出するよりも遺体を搬出する方
がはるかに簡単だから、そちらを選んだだけのことなのだった。

●何より怖いのが真実

 それにしても、なぜ中国政府はそれほど事故の処理を急ぐのか。答えは実にシンプルなもので、
事故があらゆる事実を晒してしまうからだ。ウソで固められた中国共産党の一党独裁統治にとっ
て、何より怖いのが真実そのものである。

 例えば、2008年に起こった四川大地震では、学校建築のほとんどに鉄筋の入っていない「おから
工事」だということが明らかになった。著名な芸術家の艾未未氏が反体制派の活動家に転身したの
も、この無責任なおから工事を知ったからである。

 分りやすく言えば、事故は中国共産党体制のウソに風穴をあけ、真実の一面を露出させてしまう
のである。だから中国当局は自国民に真相を知られることを極度に恐れている。そのため、今回も
中国当局は事故発生してからわずか7日にして、事後現場の岸辺で遺族不在の追悼会を開き、遺体
の搬出を日中に行わず、わざと日没になってから暗い中で行ったわけだ。

●「美談」で真相を覆い隠す

 また、中国当局は報道を厳しく管制する一方、救助活動の「美談」を連日新聞の一面に飾らせ、
テレビのトップニュースとして報道している。「美談」とは、軍人たちや現場で指揮を執る当局が
如何に不眠不休で身を顧みずに救助に当たっているというものだ。「中国人に生まれて本当に幸せ
だ」「献身的に救助する兵士たちは格好いい」「兵士はハンサムな美男子ばかりだ」と救助自体に
は何ら関係がないものばかりで、悲しむべき事故の真相を「美談」で覆い隠す国は中国をおいてほ
かにない。

 では、その「美談」の裏に隠された真実とは何なのか。船舶130隻、クレーン船5隻、ヘリコプ
ター5機を出動させ、4000名の軍人を動員し、不眠不休で頑張った結果、一体どれほどの人を沈没
した船から救出したのかといえば、結局1人もいなかった。生存者12名の内、7名は自力で岸辺まで
泳ぎ、5名は客船から脱出して川で救助されたのだ。不眠不休で救助した結果そのものは、中国政
府の無能さの証明となっただけである。

●権力闘争のきっかけになる

 事故になった船会社は国営の重慶東方輪船公司で、クルージングの参加者を募集する旅行会社も
その傘下にある子会社である。この船自体は自社で建造したもので、その後2回の改造を行い、構
造的にはかなり問題があると指摘されているが、なぜか検査をすり抜けている。つまり、運営の問
題、検査の問題、監督責任など、政治に絡む問題が山ほどあるのだ。中国の指導者はその情報を握
り、自分や仲間に及ぼす恐れがあればそれを握りつぶし、政敵が関与するとなれば激しい一撃を与
える武器にすることもできる。

 中国で事故とは、権力闘争のきっかけになり、自分が攻撃されることも有り得るが、敵を攻撃す
るための武器を手に入れることにもなる。このような事例は中国ではいくらでもある。胡錦濤の側
近であった令計画が息子の交通事故をきっかけに展開した権力闘争で失脚したのは周知の通りであ
る。

●自国民が怖い

 それにしても、一沈没事故に対してこれほど厳重な言論統制は本当に必要なのだろうか。中国で
は「維穏」(治安維持)にかかる予算は国防予算を上回っている。それは中国の権力者にとって敵
は外国より自国の国民であることを意味したものだ。

 中国当局が民衆の注意を引く事故に異様なほど神経を尖らせているのは、1989年に起きた天安門
事件のきっかけが胡耀邦への追悼会だったのように、いかなる事故や事件でも瞬く間に燎原の火と
変化していくほど中国社会には不満が充満しているからだ。言論の自由を許さない中国政府の根底
にあるのは、人民に対する極度の恐怖感であろう。

 だから今回の客船沈没事故の際にも、マスコミ統制、ネット統制など駆使して民衆の発言を押さ
え、真相の追求をも許さないのだ。強大に見える中国は、本当はどの国よりも脆い。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , ,