園田理事長と小田村会長により桜寄贈の記者会見を11月2日に開催

「桜を台湾に贈るのは娘を嫁にやるような心境だ」と園田理事長

 日本から台湾に桜の苗木を贈ることが決まり、去る11月2日、東京・港区の明治記念館
において、桜を贈るNPO法人育桜会の園田天光光理事長と日本李登輝友の会の小田村四
郎会長が出席して記者会見が行われました。
 冒頭、司会の柚原正敬・日本李登輝友の会事務局長からこれまでの経緯が説明され、園
田理事長と小田村会長がそれぞれコメントを発表し、その後、記者からの質問に答えまし
た。経緯及び河津桜につきましては、最後に参考としてご紹介します。
 園田理事長はいつものように着物姿で臨み、調印式のため10月に訪台したとき、桜を植
樹する南投県の林宗男県長自ら九九峰の現地まで案内していただき、実際にこの目で確か
めて感慨をさらに深めたと話し、また「桜を台湾に贈るのは娘を嫁にやるような心境だ」
と述べるとともに、「娘さんを大事に育てます」という台湾の方々の言葉に大変感動した
と感慨深げに話しました。
 一方、小田村会長は、台湾は世界で最も親日的な国であり、愛知万博でも海外からは最
も入場者が多かったことを挙げ、その台湾に日本の桜が贈られ、緑濃い台湾の景色の中に
桜の花は大変マッチするのではないかと述べました。また、李登輝前総統の実兄はかつて
の戦争で亡くなったが、今は靖国神社に祀られているので、日本からの桜を一番喜んでお
られるのは李登輝前総統ではないかと話しました。
 
 桜は来年1月に1,000本贈られ、九九峰に造られる「南投大地芸術の森」の並木とされる
予定だが、将来的には台湾側が接木や枝分けで増やしていくとともに、さらに来年以降も
日本から寄贈することで台湾全土に桜を植え、日台が力を合わせて推進する計画となって
います。
 すでに育桜会が一昨年贈った200本の桜は今年の2月中旬に台北・陽明山、新竹市内、桃
園・大渓の3ヶ所で開花しています。特に岡山市と姉妹都市提携している新竹市は桜の育成
に熱心で、新竹李登輝之友会の方々の熱心なご協力により桜はすくすくと育っています。
 日本李登輝友の会では「台湾花見ツアー」も予定していますので、詳細が決まりました
ら、またご案内申し上げます。                     (編集部)


【参考】

■日本から台湾への桜(河津桜)寄贈に関する経緯

【2003年、平成15年】
・2月18日
 台北・国賓大飯店にて、NPO法人育桜会の園田天光光理事長と李登輝之友会全国総会
 の黄崑虎総会長が桜寄贈の合意書に調印。同時に苗木200本を寄贈(育桜会100本、社団
 法人霞会館100本)。
【2004年、平成16年】
・2月
 1年間の仮植樹期間を経て、台北・陽明山、新竹市、桃園・大渓に本植樹。
【2005年、平成17年】
・2月中旬
 台北・陽明山、新竹市、桃園・大渓に植えた桜が開花(9月前後にも一部開花)。
・3月16日
 黄崑虎総会長が訪台中の柚原正敬・日本李登輝友の会事務局長に、育桜会による再寄贈
 意向確認の仲介を依頼。
・4月26日
 来日中の黄崑虎総会長と園田天光光理事長が東京都内で懇談し、桜の再寄贈に合意。
・7月21日
 李登輝之友会全国総会より育桜会と日本李登輝友の会に桜寄贈依頼書が到着。
・10月5日
 育桜会と日本李登輝友の会が訪台し、黄崑虎総会長の斡旋により南投県の林宗男県長を
 表敬訪問。林県長の案内により植樹予定地の九九峰を訪問。その後、新竹市にて陳全桂
 副市長の案内にて植樹された桜の様子を視察。夕刻、台北・国賓大飯店にて李登輝前総
 統、農業委員会主任委員(農水大臣に相当)、文化建設委員会主任委員(文化庁長官に
 相当)、南投県副県長(副知事に相当)などの立会いの下、黄崑虎総会長と園田理事長
 が寄贈の合意書に調印。李登輝前総統は「見證人」として署名。
・11月2日
 育桜会の園田天光光理事長と日本李登輝友の会の小田村四郎会長が出席して、明治記念
 館にて記者会見を開催。
【2006年、平成18年】
・1月
 育桜会が日本李登輝友の会の協力支援の下、河津桜の苗木1,000本を李登輝之友会全国総
 会に寄贈予定。

■河津桜(静岡県賀茂郡河津町原産)

  河津桜の原木は、河津町の飯田勝美氏が昭和30年(1955年)の2月頃、河津川沿いに芽
 吹いている桜の苗を見つけて現在地に植えたもので、昭和41年(1966年)から開花がみら
 れ、1月下旬頃から淡紅色の花が約1ヶ月にわたって咲き続けて近隣の注目を集めました。
 県有用植物園(現農業試験場南伊豆分場)は、この特徴ある早咲き桜について調査し、河
 津町に原木があることから昭和49年(1974年)に「カワヅザクラ」(河津桜)と命名。昭
 和50年(1975年)には河津町の町木に指定されています。
  河津桜はオオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種と推定されていて、本州でも
 早咲きの種類に分類され、満開を長く維持できるのが特徴。毎年2月上旬から開花しはじ
 め、約1ヶ月を経て満開になります。ここ数年で全国に浸透し、2月中旬から開かれる
 「河津桜まつり」には150〜200万人が訪れています。


■『日台共栄』定期購読制度を新設
・購読料 年間3,600円(送料込み)
・振込先 郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」に、「定期購読希望」と書き添え、下記口
 座にお振り込みください。
 口座番号 00110−4−609117
 加入者名 日本李登輝友の会 
■『日台共栄』の定価を改訂
 第9号(10月号)より、定価を600円(税込)とさせていただきました。


■日本李登輝友の会の会員募集中!(詳しくはホームページに掲載)
 機関誌『日台共栄』を進呈。李登輝前総統が校長の李登輝学校へも参加可。
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
http://www.ritouki.jp/
●ご意見・ご感想はこちらに
ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,