名古屋で「自衛隊秘密諜報機関」著者、阿尾博政先生を囲む勉強会

名古屋で「自衛隊秘密諜報機関」著者、阿尾博政先生を囲む勉強会
今年も残り少なくなりました。 愛知李登輝友の会は、本年度の締めくくりとして、
日台関係、殊、防衛に関し重要な役割を果たした、台湾在住、阿尾博政先生を
お招きし、勉強会を行なうことになりました。
 平素より、私共の運動にご参加くださる皆様には、大変興味深いお話しをお聞

きできることと思います。是非、ご参加下さい。

なお、当初、勉強会と忘年会の参加者募集をしていましたが、こちらは、会場
席に限りがあり、定員となりましたので、今回は勉強会のみの参加募集とさせ
ていただきます。

             記
【勉強会】
日時:平成21年12月4日(金)18:30〜20:00
場所:金山神社  名古屋市熱田区金山町1丁目16-19
            金山総合駅から南へ徒歩4分。
※基本的に畳での座学です。椅子の必要な方はご用意します。
参加費:1.000円

【お問い合わせ・お申し込み】
日本李登輝友の会愛知県支部事務局:渡辺裕一
TEL 052−760−1556  FAX 052−760−1557 
メールでのお申し込みinfo@ritouki-aichi.com
メールおよびFAXでのお申し込みは、お名前、連絡先をお書き下さい。

阿尾博政氏略歴
1930年、富山県に生まれる。中央大学卒業後、国旗掲揚協賛会や
東南アジア親善協会の運動に携わる。1955年、久留米の陸上自衛
隊幹部候補生学校に入学。富士学校レンジャー研究課程を修了後、
習志野の第一空挺団に勤務、その間、陸上自衛隊調査学校「対心
理情報課程」に参加する。1963年、陸上自衛隊幕僚監部第2部(諜
報部門)に異動したあと、日米合同の諜報機関、通称「ムサシ機関」
に勤務、後に「阿尾機関」として独立し、国内外のさまざまな工作活
動に従事する。1972年、日本と台湾の国交断絶を機に台湾に派遣
され、日台の空路再開問題の解決などに尽力。1982年、台湾国民
党大陸工作会のメンバーとして中国での情報工作を開始する。
1991年、非公式に、防衛庁を定年退職。2000年、NPO法人「日台
経済人の会」の理事長に就任(本データはこの書籍が刊行された当
時に掲載されていたものです)

http://www.ritouki-aichi.com/


タグ: , , , , , , , ,