台湾を中国の一部とする地図を公表したグリーンピースが謝罪し訂正

台湾は中国(中華人民共和国)の一部だろうか。中国は台湾を自国領だと主張している。しか
し、台湾の人々は中国のパスポートで海外へ出かけているわけではない。台湾が中国の領土の一部
でないことは、この一事が端的に示している。中国は台湾を統治していない。中華人民共和国が成
立して以来、この国が台湾を統治したことはない。単にそうあるべきだと主張しているに過ぎない。

 昨日の中央通信社のニュースは、国際環境NGO「グリーンピース」が公表したレポートで「台湾
を中国大陸の一部分とする地図表記があったことに対し批判の声が上がったのを受け、同団体は7
日、謝罪の意を示す声明を発表した」(下記)と報じている。当然のことだ。

 2005年10月、グーグルが地図サービスの中で、台湾の説明を「台湾、中国の省」と表記していた
ところ、台湾政府の抗議で「台湾」という表記に修正したことがあった。これもまた当然の修正
だった。

 しかし、実はいまでも日本の教科書では台湾を中国の一部と表記している。例えば、中学校社会
科地図帳では中華人民共和国の都市名として「タイペイ(台北)(台湾)(1999年)」(東京書
籍)と表記しているのだ。

 国土面積の表記も同様だ。面積の表記には注釈がないので、非常に分かりづらい。そこで、帝国
書院の中学校地図帳における中華人民共和国の面積表記の変遷を調べたことがある。

 昭和38年(1963年)版では中華人民共和国と中華民国をともに国名とした上で、中華人民共和国
の面積を9561(千平方km)、中華民国の面積を36(千平方km)と表記していた。昭和47年(1952
年)版も同じ表記だった。

 ところが、昭和52年(1977年)版では中華人民共和国の面積を9597(千平方km)に修正してい
る。注釈はないが、中華人民共和国の「おもな島の面積」として「島名 台湾 所在地 台湾」と
あり、台湾を中国の一部とし、台湾の面積を加えた表記に修正していた。

 その4年後の昭和56年(1981年)版もやはり中華人民共和国の面積を9597(千平方km)と表記し
ていて、注釈として「中華人民共和国の人口・面積・人口密度には台湾を含む」と付していた。

 なぜ中華人民共和国の面積などに台湾を含ませたのか、その説明はない。それ以降、中華人民共
和国の国土面積は960(万平方km)という表記になる。

 以上の表記の変遷を見れば、この960万平方kmに台湾の面積が含まれていることは明らかであ
り、台湾を中国の領土の一部と表記しているのだ。

 本会では2005年から、中学校社会科地図帳の誤記問題として、何度も教科書会社や文部科学省な
どに訂正を求め、文科省記者クラブで会見を開いたりしてきたがいっこうに改まらない。これが日
本の現状の一端なのだ。

 中学校社会科地図帳の誤記問題よりさらに根が深いのが戸籍問題だ。法務省はこれまで、台湾出
身者が日本人と結婚したり帰化した場合、戸籍の国籍や出生地を「中国」と表記してきた。これも
また、台湾を中国の一部とする悪しき事例だ。

 本会が戸籍問題に取り組んだのは6年前のこと。法務大臣に提出した要望書は、去る7月7日に提
出したもので14回目となる。詳しくは、渡辺利夫会長が金田勝年法務大臣に呈した要望書を参照い
ただきたい。

 以上のように、日本における教科書記述は誤記ではすまされないほど根深く、戸籍問題に至って
は台湾出身者の人権を侵害しかねない深刻な事態となっている。早急に解決されなければならない
ゆえんだ。

◆渡辺利夫会長が金田勝年法務大臣に「台湾出身者の戸籍表記是正を求める要望書」
 http://melma.com/backnumber_100557_6552787/


地図で台湾を中国大陸の一部として表記 環境保護団体が謝罪
【中央通信社:2017年7月9日】

 (台北 9日 中央社)国際環境NGO「グリーンピース」が公表した中国大陸の石炭火力発電の生産
過剰と水資源問題に関するレポートの中で、台湾を中国大陸の一部分とする地図表記があったこと
に対し批判の声が上がったのを受け、同団体は7日、謝罪の意を示す声明を発表した。だが、同団
体に対する批判は収まらず、9日には、寄付の取り消しも受け付けるとした。

 公表されたレポートに対し、「台湾から多くの寄付を受けているにもかかわらず、台湾を中国の
領土と見なすなんて」「台湾本土の環境問題に対して関心が向けられていない」とする批判や寄付
の使い道に対する疑念の声がインターネット上に多く寄せられた。

 同団体は声明の中で、レポートは中国大陸で発表されたものであり、研究範囲に台湾は含まれて
おらず、地図上の表記のみに誤植があったと釈明。誤りは既に訂正されたとしている。さらに、台
湾事務所で集められた寄付は全て台湾での環境保護活動に使われていると説明し、2016年度の財務
報告を公開した。

 だが、同団体の北京事務所で過去に出版されたレポートでも台湾を中国大陸の一部とする地図表
記があると一部から指摘が寄せられた。同団体は8日、北京での出版物は中国大陸の「地図管理条
例」による制限を受けるとの説明をインターネット上に投稿し、波紋を広げている。

                                (?欣紜/編集:楊千慧)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,