反併呑! 2・28台湾の防衛と正名アピール行進に300人が参加

反併呑! 2・28台湾の防衛と正名アピール行進に300人が参加
日台のより強い結束をめざして
 
 昨日、東京・新宿で行われた「反併呑! 2・28台湾の防衛と正名アピール行
進」は、月末で平日にもかかわらず、風もなく気温も高いという天候に恵まれた
こともあり約300人が参加しました。
 集合場所の新宿・大久保公園には午後2時過ぎからぞくぞくと参加者が集まり
はじめ、遠く九州・福岡や京都、名古屋から駆けつけられた方々や、留日台湾同
郷会や留日東京華僑総会などの方々も見えていました。報道陣も、やはり台湾メ
ディアの関心が高かったようで、中央通訊社、自由時報、中国時報、台湾新聞、
東風TV,広観TVなど、日本のメディアは読売新聞やTVチャンネル桜などが
取材に来ていました。
 各自手に手に日の丸や台湾旗の小旗を持ち、「台湾併呑反対」などと書いたプ
ラカードを胸に掛け、在日台湾同郷会、台湾独立建国聯盟日本本部、台湾研究フ
ォーラム、本会の会旗、チベットの雪山獅子旗などの幟が林立する中、午後3時
、出陣式がはじまりました。
 実行委員の三澤浩一氏の司会進行の下、まず陳明裕・実行委員長が挨拶、また
、李登輝前総統からの「激励メッセージ」(下記:1)を本会の松下眞啓・青年
部長が代読して紹介し、留学生の薛格芳さんが実行委員会の「2・28 台湾防
衛アピール」(下記:2)を読み上げて採択しました。
 さらに、元「台湾青年」編集長の宗像隆幸氏と台湾独立建国聯盟日本本部の黄
文雄委員長が、それぞれに反国家分裂法の不当性や228事件の横暴について話
されました。
 いよいよ台湾時間で2時28分(日本時間:3時28分)となり、実行委員の永山
英樹・台湾研究フォーラム会長の先導により、今回のスローガンで、台湾はじめ
世界各国で同時に叫ぶ「台湾併呑反対、台湾を護るぞ」のシュプレヒコールをす
るや、雰囲気は一気に高まりました。
 その後、「中国の台湾侵略反対!『反国家分裂法』阻止!」と書かれた横断幕
を先頭に、100人くらいずつ3つの隊列に分かれて、伊勢丹前や新宿駅南口などで
大勢の人々が見守る中を行進しました。行進中は、実行委員の永山氏、多田恵氏
(メールマガジン「台湾の声」編集部)、鈴木信行氏(維新政党・新風東京本部
代表)が代わる代わるアピール行進の趣旨や228事件、反国家分裂法の不当性
について説明し、「台湾:イエス」「中国:ノー」「中国の台湾侵略・反対:反
対」「日本は台湾と連帯するぞ:連帯するぞ」などのスローガンをシュプレヒコ
ール。
 台湾の女子留学生たちは、行進しながらアピール文や李登輝前総統の激励メッ
セージが印刷されたチラシを沿道の人々に手渡すと「頑張って」「台湾ガンバレ」
と声援も飛んでいました。小旗を受け取って自転車の前かごにくくりつけて翻す
方などもいて、ビルの窓から沿道から声援を受けました。
 約3キロの道のりを行進して午後5時近く、終点の新宿中央公園児童遊園に到
着し、解散式が行われました。
 冒頭、本会の柚原正敬・事務局長がアピール行進の総括と展望を述べ、最後に
鈴木信行委員が「台湾万歳」を三唱し終わるや、薛格芳さんが「日本万歳」の三
唱という予期せぬお返しがあり、さらに陳明裕実行委員長が「日台共栄・万歳」
、その上「チベット万歳」「台湾国ガンバレ」の三唱と打ち続き、参加者の思い
がよくよくあらわれた解散式となりました。
 ここに、李登輝前総統からの激励のメッセージ、採択された実行委員会アピー
ル、それと、本日付の台湾紙「自由時報」の記事をご紹介します。
 なお、柚原事務局長はこの後、ジャーナリストの井上和彦氏がキャスターをつ
とめるスカイパーフェクTVチャンネル桜「防人の道・今日の自衛隊」に出演し
、228事件や台湾の安全保障問題について話してきました。この番組は昨夜11
時から放映されています。                   (編集部)


1、「李登輝前総統からの激励メッセージ」

 本日2月28日は、台湾人にとってはけっして忘れることのできない日です。そ
れは1947年のこの日、二二八事件が勃発したからです。
 台湾人はこの事件で、中国人政権の残虐性を初めて体験しました。当時、国家
の将来を担うべき優秀なエリートを中心に、3万人もが虐殺されたのです。その
惨たらしさは、おそらく日本の皆様には想像も及ばないものでしょう。
 そして中国人は現在、再び台湾に不幸をもたらそうとしているのです。台湾の
武力併呑の動きがそれです。中国が台湾併呑を正当化するため、今まさに制定し
ようとしている「反国家分裂法」などは、ならず者が他人の財産を奪うため、自
分で勝手に作り出すような法律であり、これほど不条理なものはありません。
 今後もこのような行為を許しつづけては、台湾のみならず、東アジア全体の法
秩序は維持できなくなることでしょう。
 これは日本にとってもまったく他人事ではないのです。台湾も日本も真に平和
を念願するなら、中国の侵略の野心を座視してはなりません。
 私たちは本日、台湾において、中国の侵略と併呑に反対し、台湾を護るという
運動を展開中ですが、東京でも在日台湾人や日本人がこれに呼応してデモを行わ
れると聞き、とても感動しております。ことに台湾を応援してくださる日本の皆
様の義侠心は、誠にありがたいことです。ここに台湾人民を代表して厚く御礼申
し上げます。
 お互いがんばりましょう。皆様の御健闘をお祈りいたします。

 2005年2月28日
                               李 登輝


2、「2・28 台湾防衛アピール」

 1947年の今日、台湾では二・二八事件が発生した。その結果、無辜の台湾人は
、戦後この島を占領した中国人政権によって3万人以上が虐殺されたのみならず
、その後約40年間にもわたり、恐怖政治に苦しめられた。そして中国人は現在、
再び台湾を併呑し、人民の生命と財産を蹂躙しようとしている。
 そこで本日、これを座視することのできない内外の台湾人は一斉に、「反併呑
・護台湾」を叫ぶこととなった。我々在日台湾人及び台湾を支持する日本人もま
たここ東京に結集し、以下のアピールを行う。

 台湾は事実的にも国際法的にも、中華人民共和国に隷属しない一つの国家であ
り、このことは何人たりとも否定することはできない。
 しかし中華人民共和国は建国以来、この現実を無視して「台湾は中国の一部で
ある」と国際社会に宣伝し、台湾の封じ込め外交を強行するとともに、目下700基
を超えるミサイルを台湾に向けて配備するなど、台湾侵攻のため、軍備拡張に余
念がない。そして現在は「反国家分裂法」なるものを制定し、台湾問題は中国の
内政問題であることを世界に印象付けるとともに、台湾への武力行使に法的根拠
を持たせ、台湾併呑の意志をさらに明確にしようとしている。
 このような不条理な行為を、どうして許すことができるだろうか。ここで我々
が訴えなければならないのは、中華人民共和国が国是として掲げる「中国統一」
が、実際には2300万人の台湾人の意思を一切無視した危険極まりない「台湾侵略」
であり、日本を含むアジアの平和と安全に対する甚だしき挑戦であり、人類の共
存共栄という21世紀の潮流に明らかに逆行するものであるということだ。
 台湾はあくまでも台湾人の国家であり、自らの尊厳と権益を守りつつ、アジア
、そして世界の平和に貢献する決意を抱いている。台湾が中国に呑み込まれなけ
ればならない理由が、一体どこにあるというのであろうか。
 中華人民共和国は、台湾への侵略の目論みを即刻放棄しなければならない。
 日本政府も、この国の「反国家分裂法」の制定を断固阻止しなければならない。

 以上を我々の訴えとする。

 2005年2月28日

          反併呑!二・二八台湾の防衛と正名アピール行進
                          実行委員長 陳明裕
                          参 加 者 一 同


3、世界の台湾人 「反併呑」叫ぶ【3月1日付「自由時報」】

【駐日特派員張茂森/東京28日】三百人以上の在日台湾人と台湾を支持する日本
の友人は28日、「反併呑!228台湾の防衛と正名アピール行進」を挙行した。
午後3時28分(台湾時間2時28分)、東京新宿歌舞伎町の大久保公園を出発し、
チベット人グループも旗を掲げて応援に駆けつけた。
 行進は職安通り、明治通り、甲州街道を通過し、新宿駅南口を経て新宿中央公
園で解散した。約3キロをおよそ1時間かけて歩いた。コースは新宿でももっと
も通行人の多いところ。「中国の台湾併呑反対」「中国の反国家分裂法阻止」と
いったスローガンに、大勢の人々が足を止めて行進を眺めていた。赤、青、黄三
色のチベット旗も特に注目された。
 出発式では李登輝前総統がメッセージを送り、在日台湾人と日本の友人たちに
対して「お互いがんばり、最後まで奮闘しよう」とアピールした。そのなかで李
氏は、「台湾人は228事件で始めて中国人政権の残虐性を知った。今中国は台
湾を武力併呑するため、あろうことか反国家分裂法まで制定し、自らの行為を正
当化しようとしている。台湾人の日本の友人は、絶対に中国の侵略の野心を座視
してはならない」と述べるとともに、特に台湾に声援を送る日本人の「義侠心」
に感謝の意を表した。(翻訳=日本李登輝友の会事務局)

「自由時報」(2005.3.1)<反併呑特別報道>
http://www.libertytimes.com.tw/

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,